2017.07.22 焼岳
- 2017/07/23(Sun) -
参加者4名

岩登りを始めたら、穂高連峰でも屈指の岩稜帯歩きが出来るジャンダルム周辺を歩きたいと思うはずだ、まだ行っていないメンバーに是非とも西穂高岳から奥穂高岳を体験して欲しいと思い、天気が安定するであろう、梅雨明け十日を狙いこの日に設定した。梅雨が明けて五日目、何故か梅雨前線は日本海側に停滞していた。
ヤマテンの情報では土曜日、午後から小雨。日曜日、午後から崩れるとの情報であったが天気が好転してくれる事を祈り現地入りする。

ロープウェイ乗り場、鍋平高原駐車場は閑散としていた、3時間ほど仮眠。
6時45分起床、天気は晴れている。念の為に天気予報を確認すると、日曜日の天気予報が更に悪化していた。雨の中、無理に岩稜帯通過は危険と判断し、日帰りで焼岳に登る事に決める。

s-2017.07.22 焼岳 058
この記事のURL | アルプス登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.04 元越谷/沢登り
- 2017/07/23(Sun) -
鈴鹿/元越谷
日程:平成29年7月4日(火)前夜発    天候:曇りのち雨
参加者:3名
大河原橋林道車止め出発→元越谷入渓→元越大滝→水沢峠南稜線(900)→水沢峠(860)→林道→駐車場所

s-2a1.jpg


この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.01 ヌタハラ谷沢登り
- 2017/07/23(Sun) -
2017年 7月1日(土)
天候:曇り後晴れ
参加者:3名

林道→入渓(7:20)→夫婦滝50m(9:30)→不動滝(13:00)→林道(14:30)→駐車場所(15:30)

計画は中央アルプス幸の川の予定であったが天気予報が悪く、行先を台高北部、蓮川のヌタハラ谷
に変更する。台高きっての名渓と本に書いてある通り、迫力ある滝に癒されました。

s-6a.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.08-09 空木岳/初級登山講習会
- 2017/07/12(Wed) -
第四回の初級登山講習会が中央アルプス 空木岳(うつぎだけ)で1泊2日で実施しました。

空木岳は標高2863m 百名山です。

【講習内容】
パッキング、読図、共同生活、夜間歩行、雪渓の歩き方

【日程】2017年7月8日(土)~9日(日) 前夜発
【行程】21:00森ノ宮駅集合→中央道駒ヶ根IC→1:00光前寺周辺の適所にて仮眠
 
7/8(土)5:20車両移動→池山林道終点駐車場⇒6:40池山尾根登山口⇒7:45鷹打場⇒8:40池山小屋水場9:00⇒9:40マセナギ10:20⇒12:00ヨナ沢の頭近く12:30⇒13:10分岐⇒13:40空木平避難小屋→15:00宴会→19:00就寝

 7/9(日)3:00起床→3:30避難小屋発⇒4:30空木岳(2864m)5:20⇒5:55避難小屋着7:00⇒8:10
迷い尾根分岐⇒9:00マセナギ⇒9:35池山小屋水場⇒10:50池山尾根登山口→入浴・食事・帰阪
【参加者】8名

【記録】今年の初級登山講習の最後は、空木岳(うつぎだけ)は中央アルプス(木曽山脈)のほぼ中央に位置する秀峰で、日本百名山にも選定されている標高2,864mの山の池山尾根ルートの登山。
 旧林道終点までは林道の崩落によって車が入らないため、進入禁止前の駐車場に車を停めようと向かうと、なんと満車。空木岳は実はかなり人気がある山?天気が雨予報から良くなったから?日帰りの人が多いのかな?など想像し、林道の脇の空きを見つけて停める。
500mほど林道を戻った所にある登山口から出発。初級講習として新人(4人)が交代で1番前を歩くように指示がある。
登り始めると旧林道終点に合流した。次の分岐タカウチ場で野生動物観察棟にも寄ってみる。分岐を左に進むと池山小屋近くの水場へ。水量が多くとても冷たい水だったので、飲んだり、顔を洗ったり、頭からかぶったり。
ここで上部で最終的には合流する分岐があり、どちらも同距離・同時間と書かれているが左を選ぶ。緩い登りに新緑が美しい。花もたくさん咲いている。花の名前をたくさん教えてもらうが、なかなか私の脳には留まらないのが残念。
池山尾根には滑落・転倒事故が多発している難所がある。その名も大地獄。その辺りのみ階段や鎖が現れる。高度感もなく特に難しさはないが、緩やかな歩きやすい道から突然急な階段を連続で登るのは地獄のようだと思えてしまうのかも?
大地獄や小地獄の区切りは明確には分からなかったが、迷い尾根との分岐に到着。「迷い尾根」なので気づいたらその尾根に乗ってしまっているのでは!?と細心の注意を払っていたのに、明確な分岐に立入禁止のロープが張ってあり、分かりやすすぎる!
また道はなだらかに戻り、尾根道と空木平避難小屋への分岐を経て、避難小屋に到着。
本日の天候は午前中は晴れていたが、午後から予報通り霧に覆われ始めたので、登頂は明日にすることにして、少しゆっくりしてから宴会に入る。本日の小屋泊は私たち以外に4人いた。避難小屋の泊まりはテントより空間が広いので快適だけど、テントの方が温かい。

翌朝3:00起床で暗い中、頂上を目指す。夜間歩行は回数を重ねててきて怖さも減り、少しは慣れてきたけど、空木平避難小屋からのルートは雪渓があるせいか少し分かりにくく、注意をしないと外れてしまう。前日の明るいうちの偵察は必須だと思った。
頂上で日の出を見る。太陽と反対の雲に山の影も見えた。日の出前後の景色の移り変わりをのんびりと頂上で見て過ごすのは、とても有意義な時間だった。
アイゼンは持参していたが、雪渓では結果的に使用しなかった。
空木平避難小屋に戻り、朝食を取って帰り支度をする。
下りは特に難所もないが、単調な緩い下りが長くて気持ちがダレてしまったけど、みな無事に下山。

今年も夏山が始まりました。
今回はこの夏始めての登山になる人が多かったので、暑さや、長時間の歩行に、体が慣れるまでしんどいので、ゆっくりめ山行となる。何年続けても毎年同じ段階を踏んでいくのだろう。
今年の初回講習は全て受講しました。ご指導ありがとうございました。

s-2017.07.08-09 空木岳 002

この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.02 荷歩トレーニング/奈良
- 2017/07/12(Wed) -
【日程】2017年7月2日
【行程】近鉄石切駅9:15発⇒(辻小谷コース)⇒11:10生駒山(642m)⇒(生駒縦走コース)
⇒(十三峠)⇒15:00水呑地蔵尊⇒15:50近鉄服部川駅
【参加者】2名

夏の縦走に向けて、歩荷トレに参加しました。
 始めは六甲の麻耶山で予定が出ていたのですが、参加者がどちらも大阪の東に住んでいたので、近いのに一度も行ったことのない生駒山の希望を出してみたら、変更していただけました。
電車の移動時間も短く、9時に駅で集合して朝もゆっくり出来ました。
 辻小谷(ずしだに)コースの始めはアスファルトの町並を上がっていくのですが、爪切地蔵・石切神社上の宮・復元水車などがあり、見物はしませんが、少し観光気分に。
 でも久しぶりの歩荷と暑さで始めの1時間がとても疲れました。
 生駒山脈の生駒山はどこにあるのだろう?と向かってみたら生駒山上遊園地の中に三角点があります。(見つけれられず、後で調べました。)遊園地内は入場券なしで通らせてもらえました。
 生駒チャレンジ登山のコースでもある生駒縦走コースを歩きました。
 なるかわ園地の休憩所近くで昼食を取り、鐘の鳴る丘展望台で鐘も鳴らしました。
十三峠から下り、水呑地蔵尊で大阪の東を上から見渡して、駅に向かいました。
 全行程14.9km

 とても歩きやすいコースでした。急な登りもほとんどなく、登山と言うよりハイキング向けでした。足の調子を確認するには失敗だったかなとも思いましたが、少し養生している間に体力も筋力も落ちていたようで、夏の縦走に向けての準備としては良かったと思います。歩荷トレーニングは重いし疲れるので、好きではありませんが、本当に大切なトレーニングだと痛感しました。

s-ik15.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.06.24 小川山クライミング
- 2017/07/05(Wed) -
奥秩父・小川山 岩トレ
[日程] 2017年6月24日(土)前夜発 
[参加] 4名

[行程] 6月23日(金)20:40 四ツ橋 → 中央道某所(仮眠)
     6月24日(土)8:30廻り平キャンプ場 → ガマルート → 春の戻り雪ルート → 16:30キャンプ場(泊)
     6月25日(日)8:30 廻り平キャンプ場 → 帰阪

[報告]
小川山は東端の雲取山から続く奥秩父山塊の主脈の西端に位置する標高2418mの山。秩父古生層、小仏層、これらに貫入した花崗岩、安山岩などで形成されており、 1980年頃よりルートが開拓され「日本のヨセミテ」と言われている。

s-20170506 小川山_170705_0047

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.06.25 武奈ヶ岳
- 2017/07/02(Sun) -
2017年 6月25日(日) 武奈ヶ岳 ハイキング
【天候】  曇り
【参加者】2名

早朝大阪出発。前日の大雨の為、天候が心配でしたが、曇りで雨は降っていなかったので、決行することにしました。
08:20 イン谷口駐車場出発 他の登山者は見当たらず、
     静かな環境で山行を楽しめそうです。
           
09:00青ガレ、基部に到着
     途中「かくれ滝」がありました。
     30m近い滝で なかなかの迫力です。
s-363636.jpg

         
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.06.18 百丈岩/例会岩トレ
- 2017/06/22(Thu) -
【天候】  晴れ
【参加者】 10名

本日の百丈岩は混雑していました。
ベテラン6名に新人4名 しっかりとトレーニングができそうです。

09:30 下部岩壁の取り付きに到着するが、多人数が集合し大混雑なので、東稜基部に移動 東稜を つるべ式でトップの練習を交互に行う事となった。先輩に前後についてもらい、果敢に挑戦 私は、東稜初挑戦の為、セカンドで登る。
           
11:40 東稜登攀終了、中央ルンゼルートに移動。懸垂下降にて取り付きに向かう。
   中央ルンゼルートは、逆層のスラブとなっていて、手がかりが掴みにくい。
   足のスタンスをしっかり決めて登る。
   私以外は、トップを果敢にチャレンジしました。
   次回は、私もトップで登れるように練習したい。

13:30中央ルンゼルートを終了して 昼食
   女性2名は、仕事の為ここで終了

14:20 グループ2つに分け、
私は、東稜ルートでトップの練習をする。
    F谷さんのグループは、中央稜(ローソク岩)ルンゼルートの登攀に向かう。

15:30  登攀終了 

本格的なトップでの初練習で、緊張感があり精神的にも疲れました。 
上からの確保の無い怖さとルートを見つけていく難しさを感じます。

トップを行う事で、セカンドとは全然違う緊張感を感じる事ができ
非常によい経験になりました。
ありがとうございました。

b-2017.06.18 百丈岩 011
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.05.20 蓮川唐谷川沢登り
- 2017/06/14(Wed) -
平成29年5月20日(土)前夜発 蓮川唐谷川沢登り
参加者 5名                

4年前に閉鎖した洞窟美術館の手前にある唐谷橋から飯盛山、迷岳に行く登山道を歩く。途中で分岐するが、直進。(右を行けば、迷岳の看板)適当なところで入渓。入渓したところは、大きなガレがあり、倒木がたくさん見られた。ここからゴルジュとなり、ナメや小滝が続く。大きな岩間2条5mと岩間4mをこなすと、一ノ滝2段60mが出てくる。左を大きく巻く。かなり上がったところでトラバースする。いやらしい所あり、フイックス使い、落ち口に辿り着く。このあとも小滝、ナメがあり、大岩が出てくる。上がりにくい滝や大岩では、お助け紐、ロープを出す。インゼルを過ぎると15m、15m、12mの連瀑帯である二ノ滝が現れる。ここは右側を巻く。最初の15m滝を過ぎると、沢に入り対岸を巻くことも出来る。二ノ滝を終えると、二俣が出てくるが、本谷である右俣を行く。ここからもナメとナメ滝が続き、周りが嵒に囲まれた三ノ滝に出てくる。この滝は左を巻き、杣道まで上がる。再びゴルジュに入り、出たところにある奥ノ二俣でタイムアップのため遡行打ち切り。帰りは沢に平行する杣道を下る。道は明瞭でしっかり。林道に出ると道幅が広がり、舗装されていて難なく駐車地に辿り着くことできた。

5月20日(土)7:00唐谷橋8:30一ノ滝10:00二ノ滝10:50三ノ滝12:00奥の二俣13:45唐谷橋

b-ちちちちち


この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.05.13 段ヶ峰・倉谷沢登り
- 2017/06/14(Wed) -
播州高原/段ヶ峰・倉谷沢登り
参加者 4名

5 月 12 日(金)22 時 吹田 IC、23 時 10 分 生野 IC
5 月 13 日(日)7 時 倉谷出合、7 時 40 分 一ノ滝、8 時 20 分二ノ滝、9 時三ノ滝、9 時 30 分林道、10 時 30 分稜線、10 時 45 分 段ヶ峰、12 時 千町峠、
13 時 20 分駐車地

今回のポイント
①残念ながら荒れている場所が多く、ナメの箇所がかなり埋まっていた。
②メインは一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝だが、いずれも大きな巻きはない。

b-ああああ

この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.05.03-04 唐松岳
- 2017/06/10(Sat) -
参加者:4名

b-22222.jpg
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.22 名倉谷川中の谷沢登り
- 2017/06/10(Sat) -
参加者:2名

中ノ谷出合、入渓(7:10)→大タイ滝15m(8:00)→第一支流出合45m滝(11:10)
→三壺ノ滝25m(12:10) →第二支流(13:00)→林道(14:30)→駐車場所(14:50)

今年初の沢登り。場所は台高山脈櫛田川水系名倉谷川中の谷。
「中の谷は迷岳から東に湯谷峠に至る稜線の水を集め、塩が瀬で名倉谷川に注いでいる。」
ナメ、滝、エメラルドグリーンの釡と飽きる事なく、早春の谷を楽しむ事が出来た。

a-666666.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ