2017.11.19  蓬莱峡 アイゼントレ
蓬莱峡にて初めてのアイゼン岩トレーニング

参加者 11名
今回の岩トレは、雪の季節が近づいてきているので、アイゼン登攀の練習 冬季の登攀を目指しトレーニングに励みました。
天候もよく、練習を行うパーティーが私たち以外にも複数あり かなり賑やかなゲレンデとなっています。
登る場所が無いというほどではありません。

午前中は、大屏風の下降路にて、トップロープにてアイゼン登攀の感覚をつかむ練習でした。
私は、アイゼンでの岩登りは初めての体験です。 “できるのか?”と言う言葉がスタート時に心に浮かんでいました。
最初、アイゼンの前爪にて立ちこむ練習を岩の取り付き部で説明を受けつつ練習です。
アイゼンがしっかり掛っていると、安定して立ち上がる事が出来ます。
薄く爪の先端を掛けた際に、立ち上がるのは“勇気がいるな”と思いました。

トップロープにて各自2~3本登りました。クライミングシューズでの登攀とはだいぶ違った感覚でした。アイゼンをはいている事により、足の動きも制限され、アイゼンのかかりが薄い時は、冷や汗が出てきます。
厳しいルートを登っている方では、アイゼンを滑らせて「ギギー」と滑る音が聞こえてきます。限界点を知る為には、必要な事だそうですが見ているだけでも、“怖いな~“と思いました。

午後からは、大屏風にて、4パーティーに分かれ登攀練習をしました。
私は、初心者2人とリーダーの3人パーティーにて練習させてもらいました。
最初は短めのルートにて午前中の練習を生かしてトライです。
アイゼンをしっかりと掛けられる様に、いつもより足元を注意して行います。
アイゼンをしっかり掛けられる部分を見つけれない時は、少しビビりつつ思い切って
立ち上がります。
少し苦労しつつも登り切り、次は・・・
今までと違い、距離の長いルートを登る事になりました。
今までのルートと違い、ランニングを回収しながら、登ります、クラック部にジャミングしつつ登りますが、アイゼンを掛けるところを見つけられずかなり苦戦、時間をたっぷり使って登り切りました、時間がかかったので疲れてしまいました。
本チャンルートには、まだまだ練習が必要です。

初のアイゼン登攀でした。 新しい技術を覚えられ、学びの多い一日でした。
自分ができない部分を認識でき、自身で課題を持って練習を続けていく必要があるな、
と認識を新たにし頑張る必要があると思いました。
ありがとうございました。

s-oo2.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.11.19 鬼ヶ牙 アルパインクライミング

鬼ヶ牙は亀山市の西に位置し、標高は488mと低いが9ピッチのアルパイクライミングが楽しめる場所である。しかしながら記録も乏しく、あまり登られていないのが現状である。
下部の4ピッチがⅡ~Ⅳ級のすっきりとしたスラブ状フェース、上部はブッシュ、ネット、スラブ、ナイフリッジと変化に富みルートファインティングも重要な課題となる。

8:45駐車場~9:05取り付き~9:20登攀開始~13:00P2基部~14:00終了~15:00全員終了~15:20南峰~16:20駐車場

参加者8名 3パーティー構成

s-2017.11.19 鬼ヶ牙 016
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.11.10 岩湧山周辺ハイキング
2017.11.10 扇山・岩湧山・南葛城山

参加者:2名
天候:晴天
行程:7:15滝畑ダム駐車場→7:35登山開始→9:45扇山→10:15岩湧山→13:00一本杉(昼食)→13:35南葛城山→14:50大滝→15:35駐車場

s-IMGP6478.jpg


この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.11.03 妙号岩&菊水ルンゼ
秋晴れ晴天の中、午前中は妙号岩にて3本のトップロープを構築して難しい課題をこなしました。
午後からは、菊水ルンゼにてロープワークを練習しながら山頂を目指しました。

参加者10名 

s-2017.11.03 妙号岩 003
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.27 へク谷沢登り
山  域 :安曇川水系 ヘク谷
山行日 :2017年10月27日(金)
メンバー:3名

 先週末は、大型台風21号が来襲。今週末には、台風22号が日本列島に上陸する可能性があると気象庁が伝えていた。運良く、金曜日は天気に恵まれて山行を潰されずに済む。坊村役場の駐車場に車が皆無なのはウイークデイの威力である。夜の坊村は気温が8度で寒い。
 翌朝、R367を坂下トンネル手前まで戻り、右手の集落へ続く道を進みR367をくぐるとすぐに駐車スペースが見つかった。目の前を安曇川が流れ対岸にヘク谷が目視できるが、水嵩もあり流れも早く渡渉点が見つけられず上流に移動した。集落に入ったすぐのところに堰が設けてあり対岸に渡る。7:30入渓。出合の標高は約380M。
安曇川の水は少し濁っていたが、 ヘク谷の流れに濁りは認められず少しホッとする。しかし、大型台風21号の影響で長雨が続いたせいか、水量が多く、滝は白い飛沫を立てて落ちて勢いも凄い。資料には積極的に水と戯れたいとあるが、とても面倒を見る気がしない。
谷は、2段8M、岩間6M、2条15M、トイ状7M、とテンポよく滝が連続するが、どれもが凄い迫力で水を落としているので濡れ鼠になる覚悟が起きずに全て巻いた。2段15M左岸の巻きが少しいやらしくピトンを打とうとしたら残置を見つけた。ピトンのアイは腐食で切れて使える状態ではなく新たにピトンを打つ。岩質のせいか、手頃なリスがたくさん見つかる。横方向に少し効きが甘いが、荷重がかかるのは鉛直方向なのでよしとする。
初沢のAさんが力で登ろうとスリップしていた所を、Fさんがテクニックで軽くこなしている様を見ると流石だなと思う。遡行中は、2〜3回お助けとロープを出した。実戦で使う結びの種類はそんなに多くはないが、状況に合わせて選択するのには慣れと経験が必要なので初級者が同行するときは経験者が2名必要だと思った。巻き道の斜面も、きつめのところは一旦下って登り返す方法をとる。Aさんを気にかけていると、笑顔と真剣な表情が交互に出入りするのが見て取れて自分の初沢の時の表情を見た気がした。
12時を過ぎて、標高850M付近。1060Mの小女郎ヶ池は諦めて、ここで時間切りすることを決めた。 ここから、サカ谷道登山道を目指して詰め上がりP964から北に派生する支尾根に乗る。そのまま西にトラバースして登山道を目指すのが距離は近いが、傾斜が滑りやすかったので支尾根をP964付近まで詰めて登山道に出て下山。

s-IMGP6353.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★★ 体験ハイキングのお知らせ(入会募集中) ★★
      
   山遊楽会(さふらんかい)は

   沢登り・アルパインクライミング・縦走登山・ハイキング・
   雪山等々 オールランドで活動する社会人山岳会です。

   初心者歓迎・初級から丁寧に指導しています。
   現在の山登りからステップアップしたい方
   岩登りをもう少しマスターしたい方
   沢登りしてみたい などなど

   私達と楽しみながら山登りをしてみませんか?

当会には日本体育協会認定 上級指導・指導員が在籍しています


      毎月、例会見学・体験ハイキングを実施しております。


   ★月に二回、森ノ宮駅近くで例会・第二例会を行っています。
     (例会 第二水曜日17時40分~21時
     第二例会 第四水曜日20時~21時)
 

       
      御気軽に ご相談、連絡ください!
   ご相談・連絡は こちらをクリック




この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.09 野谷荘司山/両白山
馬狩登山口~野谷荘司山往復 標高差1100m

赤頭山から野谷荘司山の紅葉が最盛期で楽しめました。

行程 10/8  大阪13:00出発⇒第二京阪門真IC⇒京滋バイパス⇒名神⇒東海北陸道⇒荘川IC⇒R158⇒R156 道の駅白川郷泊

10/9  ホワイトロードP13駐車場出発(7:10)~鶴平新道入口(7:30)~赤頭山(10:50)~鶴平新道分岐(11:25)~野谷荘司山頂(11:40/12:20)~鶴平新道入口(14:50)~駐車地着(15:00)


s-IMGP6297.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.14 来見野川沢登り
参加者:4名

林道→入渓500m(8:25)→二股出合の滝(9:55)→大鹿滝(10:15)→高巻き終了、沢に戻る(11:30)
→遡行打ち切り,780m(11:50)→林道(12:52)→駐車場所(13:55)

鳥取県と兵庫県の県境、来見野川に沢登りに行ってきました。
来見野川は扇の山を源とし、南流して若桜で八東川に入る川。沢も良かったのですが、山が美しいという印象。ブナ、ミズナラ、トチの木等の自然林に癒されました。

s-pp2.jpg

この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.08-09 前穂高岳北尾根登攀 (報告書編)
前穂高岳 北尾根全縦走
[日程] 2017年10月8日(日)~9日(祝)前夜発 
[参加] 4名

[行程]   10月7日(土) 20:30大阪 → 北陸道 → 翌1:00 立山駅(仮眠)

10月8日(日) アカンダナ5:30 → 上高地(1500m) 6:15 → 7:20 徳澤園7:50 →12:15屏風のコル(2515m)12:45 → 14:15 北尾根8峰(2631m) 14:30 → 15:30 北尾根7峰(泊)

10月9日(祝) 北尾根7峰 04:00 → 5.6ノコル06:30 → 11:00前穂高岳(3090.4m)11:45 →13:30岳沢小屋14:15 →16:00 上高地

s-2017.10 138
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.08-09 前穂高岳北尾根 8峰から1峰 登攀
黄金に輝く、錦繍の涸沢を眼下に見ながら 北アルプスのクライミングを楽しみました。
前穂高岳北尾根、その美しいスカイラインは日本三大岩稜の一つです。夏にもう一つの日本三大岩稜 剱岳八ツ峰に挑みましたが
あえなく途中で撤退、今回は二日間の好天に恵まれ、最高の登攀になりました。

剱岳八ツ峰もそうでしたが、私達はあえて困難な末端から取り付く事に意味があると思い実行に移しました。
通常北尾根は5・6のコルから取り付きますが、8峰から過激な藪漕ぎを経て山頂に向かうルートです。

10/08 上高地~徳沢~屏風のコル~八峰~七峰(ビバーグ)
10/09 ビバーグ地~三峰(登攀)~前穂高岳山頂~重太郎新道~岳沢小屋~上高地


s-2017.10 121


s-2017.10 130

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.08-09 白山
この連休は白山へ。一ノ瀬からは何度も登っているので、長いルートになるが、一里野温泉から楽々新道を登る事にする。
3年位前、積雪期にこのルートを登ろうとしたが、雪に阻まれ、七倉山でタイムアウトになった事が有る。

10/8 一里野温泉~岩間温泉~楽々新道~小桜平避難小屋 楽々新道は全然楽ではない。 一ノ瀬側の観光新道も観光気分で行くと大変である。 誰がこんな名前を付けたのだろうか?(笑)
小桜平避難小屋は草原の中の可愛らしい小屋。外のテーブルで美味しい料理を頂き、楽しい宴会。

10/9 3時に起床し、ヘッドランプを点けて歩き始める。途中で日の出を見ながら朝食を作ってもらって食べる。 小屋~七倉ノ辻~大汝岳~お池巡り~御前峰~小屋~岩間温泉入浴 帰阪
2日目の歩行距離は30kmで5万歩も有った。

参加  7名(1名友人)

s-ha52.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.01 麻耶山トレーニング
山行場所  六甲 摩耶山
実施日   2017年10月1日
目的    歩荷トレ
天候     晴
参加者   3名
       
10月連休の白山に備えて歩荷トレを実施しました。
9:10 阪急 六甲駅発 登山口まで市街地を歩くが、山の中より分かりにくい。女子大の前を通るが、日曜の為、人気がない。登山口で前田は適当な石を3つ程ザックに入れる。二人は既に水を入れてきている。
三人共20キロ位か?
長峰山までの登り、大汗をかく。白山大丈夫かいな---とちょっと心配になる。
11:00 長峰山到着 
11:45 穂高湖到着  家族連れがザリガニ釣りをしていて楽しそうである。
12:15 摩耶山到着  昼食後 黒岩尾根を下山する。 地図では破線になっているが、整備されていた。
明石海峡大橋や淡路島も望め、展望が楽しめるコースである。
14:40 市ヶ原到着 T氏が持って来てくれたアイスコーヒーが美味しい。
15:30 布引の滝 到着 新神戸から地下鉄にも乗れたが、三宮まで歩く事にする。
16:00 三宮駅到着  後半はペースが上がってきた。
3人だけの歩荷トレ(ハイキング)であったが、風景も綺麗で私的には楽しく、歩く事自体が気持ち良かった。
駅で缶ビールを買って、ほろ酔い気分で電車に揺られて帰るのも、また良し。            

s-e4.jpg

この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ