2017.08.11-14 剱岳八ツ峰縦走
- 2017/08/19(Sat) -
劔岳 八ツ峰下半縦走
[日程] 2017年8月11日(金)~14日(月)前夜発 
[参加] 2名

※当初の計画は八ツ峰をⅠ峰から八峰まで縦走し、途中でⅥ峰Cフェースも登攀する予定だったがアクシデントが多々あり八ツ峰は下半縦走のみになりました。

8月10日(木) 20:30大阪 → 北陸道 → 翌1:00 立山駅(仮眠)
 
8月11日(金) 曇りのち雨
6:50 立山ケーブル、高原バス→8::10室堂(2420m) →10:50劔御前 (2780m)→11:30劔沢キャンプ場 12:10 →13:10平蔵谷出合 → 14:00 真砂沢キャンプ場(1749m)(泊)

8月12日(土) 雨
5:00 真砂沢キャンプ場→6:00長次郎谷出合→7:00.間違いルンゼ取付 →13:00ルンゼ2250m地点→ルート修正 →1700 Ⅰ峰直下台地(2600m)(泊)

8月13日(日) 曇り時々晴後雨
5:00 Ⅰ峰→8:50Ⅱ峰→9:50 Ⅲ峰→10:40 Ⅳ峰→12:00 Ⅴ峰→13:30 Ⅴ,Ⅵノコル13:45→長次郎谷、劔沢雪渓→18:00劔沢キャンプ場(泊)

8月14日(月) 曇り一時雨
7:30劔沢キャンプ場→10:50室堂 帰阪

s-2017.08.11-14 八ツ峰 109
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.08.11-13 東黒沢からナル水沢/谷川岳
- 2017/08/19(Sat) -

群馬県谷川岳 東側 東黒沢からナル水沢より朝日岳、笠ケ岳、白髪門縦走
参加者:5名

天候 二日間とも霧雨が続く状態 時より晴れ間も見えるがすぐに 曇り空になる。ここは利根川上流で湯檜曽川になる。湯檜曽川の支流、東黒沢より入渓。沢の形状 関西ではあまり見られない 東黒沢下部より川幅の広いナメ滝が連続して続く。丸山を乗越して宝川上部 ナル水沢も川幅の狭いナメ滝が続く。明るく開けた沢で 大滝は無く、5m~10mくらいの中滝が多く ほとんど直登できる。2、3回高巻きをするが大きく高巻くことは無くザイル不要、踏み跡明瞭、滝のすぐそばを巻く。魚影は見られず、藪漕ぎは腰位の熊笹登り。しかし、稜線に出ても登山道無し 踏み跡も不明瞭で北の大烏帽子山はほとんど誰も登られていない様子だった。稜線の縦走や下山道も 一度だけ人に出会っただけで 入渓から下山まで ほとんど人に合わなかった。我々の独り占めの山行であった。只、余りにも大阪から遠い沢で仮眠を含め 12時間かかった。

s-z4.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.15-17 大武川本谷沢登り/南アルプス
- 2017/08/19(Sat) -
参加者 5名

1日目(晴れ)→大武川のそばにある篠沢大滝キャンプ場近くに駐車。大武川林道を歩く。赤薙沢出合付近から入渓(このすぐ手前で堰堤新設工事)滝ノ沢を越えてから巨石の滝4mが出てくるが、ここは左岸の岩のバンドを空荷で抜け、その上を高巻き。その滝から少し歩いた所にある河原で幕営。

2日目(晴れ)→幕営地からナメ滝をこなすとヒョングリ滝が出てくる。この滝は左を巻く。カラ沢を越えて2段10m滝は右から巻き、その先は踏み跡をトラバース。
次に出てくる横手の滝は登れないので、一旦戻り、右岸を高巻きする。前栗沢、中栗沢出合を通り、奥栗沢手前にある2条6m滝は左から登る。本谷から摩利支天前沢に入り、右岸の支流を高巻き。早く沢に降りすぎ、六町の滝の上部へ。そこにある10mの滝は少し離れた左から高巻きを始め、途中から近付き、落ち口に辿り着く。その上の4m滝は、右の大岩を巻く。この付近で幕営。

3日目(曇り一時小雨)→摩利支天沢を通過したあと、水晶沢に入る右岸にあるガレ場を過ぎてからすぐに高巻き、仙水峠へ。あとは、登山道を使い、北沢峠のバス停に辿り着く。

7月14日2120吹田IC、040テント場(飯田市内)
7月15日920篠沢大滝キャンプ場、1010朴ノ木橋、1120赤薙沢出合、1300滝ノ沢、1350テント場  
7月16日600テント場、620カラ沢、645二段10m、920前栗沢1000中栗沢、1105奥栗沢、1200摩利支天前沢、1515テント場
7月17日530テント場、555水晶沢、700仙水峠、755長衛小屋、845北沢峠


s-ee8.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.08.06 坂内川 中ツ又/奥美濃
- 2017/08/15(Tue) -
参加者:6名
天候:晴れ
ゆっくりとした台風5号の雨風の影響は奥美濃にはまだなく、蒸し暑い晴れた日となる。
今回は緩やかな沢歩きを予定していた為、朝はゆっくりの7:00起床。
「災害工事につきH29/9下旬まで通行止め、夜叉ヶ池登山口まで7km」の看板地点に駐車。
装備を身に付け歩き出すが、蒸し暑いのと、非常に緩いながらも登りの道だった為、汗が噴き出る。道沿いにイチゴを見つけ食べてみるが、残念、酸っぱ苦くて美味しくない。
2km歩いた地点で入渓。水が冷たく、はぁ~と口々に生き返る声。
今回の中ツ又は、滝がない。1~2つ目の堰提は右岸から、3~4つ目の堰提は左岸から巻き、ひたすら河原を歩く。暑いと思ったら、わざと川に足を入れ涼み、自然林の緑に目を癒す。
ゆっくり歩き、休憩の時にはまるで温泉に浸かるがごとく川の中に座って涼み、ゆっくり昼食をとる。昼食後、同じ道を引き返し終了。ほのぼのとした暑気払い沢歩きでした

s-ww2.jpg


この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.30 仁川バットレス 岩トレ
- 2017/08/15(Tue) -
岩トレ/仁川バットレス
参加者:7名

s-w2.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.06.24 荒島岳地獄谷(真名川支流鬼谷地獄谷)
- 2017/08/15(Tue) -
平成29年6月24日(土)前夜発 真名川支流鬼谷地獄谷沢登り
参加者 2名

越前大野の西にある佐開(さびらき)の集落からの林道途中にある養鱒場付近に駐車。入渓。3つの堰堤があるが、2番目の堰堤は右側に梯子と残置のロープがあり、それを使う以外方法はない(高巻きはかなりの時間がかかる)大小いくつかの滝とゴルジュが続く。トチノホラ手前で巻き、懸垂下降で沢に戻る。チョックストーン滝4mは、右を空荷で抜ける。ツノ滝谷付近から右岸を高巻きする。藪こぎに足場が悪い所をトラバース。ゴルジュに入り、10m滝は、左側を登る。このあと高巻きするが、大曲滝は、飛ばしてしまう。この後は困難な所はないが、本来なら、ヒメマチ稜に突き上げる予定が、かなり南の方向に行き、荒島岳から南に続く稜線に出る。この稜線は、以前なら登山道があったが、廃道となっていたため、かなり強烈な藪こぎを強いられる。約6時間格闘し山頂に到着した。行動時間は約14時間の厳しい山行となった。

6月23日2000吹田IC、2310テント場(福井市内)
6月24日615佐開養鱒場、735トチノホラ、915ツノ滝谷、1100  920m地点、
1215稜線、1800荒島岳、2025佐開養鱒場

s-qq1.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★★ 体験ハイキングのお知らせ ★★
- 2017/08/02(Wed) -

      山遊楽会では

      毎月、体験ハイキングを実施しております。


      御気軽に ご相談、連絡ください!


s-s-doxcxcc 026


この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.22 焼岳
- 2017/07/23(Sun) -
参加者4名

岩登りを始めたら、穂高連峰でも屈指の岩稜帯歩きが出来るジャンダルム周辺を歩きたいと思うはずだ、まだ行っていないメンバーに是非とも西穂高岳から奥穂高岳を体験して欲しいと思い、天気が安定するであろう、梅雨明け十日を狙いこの日に設定した。梅雨が明けて五日目、何故か梅雨前線は日本海側に停滞していた。
ヤマテンの情報では土曜日、午後から小雨。日曜日、午後から崩れるとの情報であったが天気が好転してくれる事を祈り現地入りする。

ロープウェイ乗り場、鍋平高原駐車場は閑散としていた、3時間ほど仮眠。
6時45分起床、天気は晴れている。念の為に天気予報を確認すると、日曜日の天気予報が更に悪化していた。雨の中、無理に岩稜帯通過は危険と判断し、日帰りで焼岳に登る事に決める。

s-2017.07.22 焼岳 058
この記事のURL | アルプス登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.04 元越谷/沢登り
- 2017/07/23(Sun) -
鈴鹿/元越谷
日程:平成29年7月4日(火)前夜発    天候:曇りのち雨
参加者:3名
大河原橋林道車止め出発→元越谷入渓→元越大滝→水沢峠南稜線(900)→水沢峠(860)→林道→駐車場所

s-2a1.jpg


この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.01 ヌタハラ谷沢登り
- 2017/07/23(Sun) -
2017年 7月1日(土)
天候:曇り後晴れ
参加者:3名

林道→入渓(7:20)→夫婦滝50m(9:30)→不動滝(13:00)→林道(14:30)→駐車場所(15:30)

計画は中央アルプス幸の川の予定であったが天気予報が悪く、行先を台高北部、蓮川のヌタハラ谷
に変更する。台高きっての名渓と本に書いてある通り、迫力ある滝に癒されました。

s-6a.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.08-09 空木岳/初級登山講習会
- 2017/07/12(Wed) -
第四回の初級登山講習会が中央アルプス 空木岳(うつぎだけ)で1泊2日で実施しました。

空木岳は標高2863m 百名山です。

【講習内容】
パッキング、読図、共同生活、夜間歩行、雪渓の歩き方

【日程】2017年7月8日(土)~9日(日) 前夜発
【行程】21:00森ノ宮駅集合→中央道駒ヶ根IC→1:00光前寺周辺の適所にて仮眠
 
7/8(土)5:20車両移動→池山林道終点駐車場⇒6:40池山尾根登山口⇒7:45鷹打場⇒8:40池山小屋水場9:00⇒9:40マセナギ10:20⇒12:00ヨナ沢の頭近く12:30⇒13:10分岐⇒13:40空木平避難小屋→15:00宴会→19:00就寝

 7/9(日)3:00起床→3:30避難小屋発⇒4:30空木岳(2864m)5:20⇒5:55避難小屋着7:00⇒8:10
迷い尾根分岐⇒9:00マセナギ⇒9:35池山小屋水場⇒10:50池山尾根登山口→入浴・食事・帰阪
【参加者】8名

【記録】今年の初級登山講習の最後は、空木岳(うつぎだけ)は中央アルプス(木曽山脈)のほぼ中央に位置する秀峰で、日本百名山にも選定されている標高2,864mの山の池山尾根ルートの登山。
 旧林道終点までは林道の崩落によって車が入らないため、進入禁止前の駐車場に車を停めようと向かうと、なんと満車。空木岳は実はかなり人気がある山?天気が雨予報から良くなったから?日帰りの人が多いのかな?など想像し、林道の脇の空きを見つけて停める。
500mほど林道を戻った所にある登山口から出発。初級講習として新人(4人)が交代で1番前を歩くように指示がある。
登り始めると旧林道終点に合流した。次の分岐タカウチ場で野生動物観察棟にも寄ってみる。分岐を左に進むと池山小屋近くの水場へ。水量が多くとても冷たい水だったので、飲んだり、顔を洗ったり、頭からかぶったり。
ここで上部で最終的には合流する分岐があり、どちらも同距離・同時間と書かれているが左を選ぶ。緩い登りに新緑が美しい。花もたくさん咲いている。花の名前をたくさん教えてもらうが、なかなか私の脳には留まらないのが残念。
池山尾根には滑落・転倒事故が多発している難所がある。その名も大地獄。その辺りのみ階段や鎖が現れる。高度感もなく特に難しさはないが、緩やかな歩きやすい道から突然急な階段を連続で登るのは地獄のようだと思えてしまうのかも?
大地獄や小地獄の区切りは明確には分からなかったが、迷い尾根との分岐に到着。「迷い尾根」なので気づいたらその尾根に乗ってしまっているのでは!?と細心の注意を払っていたのに、明確な分岐に立入禁止のロープが張ってあり、分かりやすすぎる!
また道はなだらかに戻り、尾根道と空木平避難小屋への分岐を経て、避難小屋に到着。
本日の天候は午前中は晴れていたが、午後から予報通り霧に覆われ始めたので、登頂は明日にすることにして、少しゆっくりしてから宴会に入る。本日の小屋泊は私たち以外に4人いた。避難小屋の泊まりはテントより空間が広いので快適だけど、テントの方が温かい。

翌朝3:00起床で暗い中、頂上を目指す。夜間歩行は回数を重ねててきて怖さも減り、少しは慣れてきたけど、空木平避難小屋からのルートは雪渓があるせいか少し分かりにくく、注意をしないと外れてしまう。前日の明るいうちの偵察は必須だと思った。
頂上で日の出を見る。太陽と反対の雲に山の影も見えた。日の出前後の景色の移り変わりをのんびりと頂上で見て過ごすのは、とても有意義な時間だった。
アイゼンは持参していたが、雪渓では結果的に使用しなかった。
空木平避難小屋に戻り、朝食を取って帰り支度をする。
下りは特に難所もないが、単調な緩い下りが長くて気持ちがダレてしまったけど、みな無事に下山。

今年も夏山が始まりました。
今回はこの夏始めての登山になる人が多かったので、暑さや、長時間の歩行に、体が慣れるまでしんどいので、ゆっくりめ山行となる。何年続けても毎年同じ段階を踏んでいくのだろう。
今年の初回講習は全て受講しました。ご指導ありがとうございました。

s-2017.07.08-09 空木岳 002

この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.02 荷歩トレーニング/奈良
- 2017/07/12(Wed) -
【日程】2017年7月2日
【行程】近鉄石切駅9:15発⇒(辻小谷コース)⇒11:10生駒山(642m)⇒(生駒縦走コース)
⇒(十三峠)⇒15:00水呑地蔵尊⇒15:50近鉄服部川駅
【参加者】2名

夏の縦走に向けて、歩荷トレに参加しました。
 始めは六甲の麻耶山で予定が出ていたのですが、参加者がどちらも大阪の東に住んでいたので、近いのに一度も行ったことのない生駒山の希望を出してみたら、変更していただけました。
電車の移動時間も短く、9時に駅で集合して朝もゆっくり出来ました。
 辻小谷(ずしだに)コースの始めはアスファルトの町並を上がっていくのですが、爪切地蔵・石切神社上の宮・復元水車などがあり、見物はしませんが、少し観光気分に。
 でも久しぶりの歩荷と暑さで始めの1時間がとても疲れました。
 生駒山脈の生駒山はどこにあるのだろう?と向かってみたら生駒山上遊園地の中に三角点があります。(見つけれられず、後で調べました。)遊園地内は入場券なしで通らせてもらえました。
 生駒チャレンジ登山のコースでもある生駒縦走コースを歩きました。
 なるかわ園地の休憩所近くで昼食を取り、鐘の鳴る丘展望台で鐘も鳴らしました。
十三峠から下り、水呑地蔵尊で大阪の東を上から見渡して、駅に向かいました。
 全行程14.9km

 とても歩きやすいコースでした。急な登りもほとんどなく、登山と言うよりハイキング向けでした。足の調子を確認するには失敗だったかなとも思いましたが、少し養生している間に体力も筋力も落ちていたようで、夏の縦走に向けての準備としては良かったと思います。歩荷トレーニングは重いし疲れるので、好きではありませんが、本当に大切なトレーニングだと痛感しました。

s-ik15.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ