2017.06.24 小川山クライミング
- 2017/07/05(Wed) -
奥秩父・小川山 岩トレ
[日程] 2017年6月24日(土)前夜発 
[参加] 4名

[行程] 6月23日(金)20:40 四ツ橋 → 中央道某所(仮眠)
     6月24日(土)8:30廻り平キャンプ場 → ガマルート → 春の戻り雪ルート → 16:30キャンプ場(泊)
     6月25日(日)8:30 廻り平キャンプ場 → 帰阪

[報告]
小川山は東端の雲取山から続く奥秩父山塊の主脈の西端に位置する標高2418mの山。秩父古生層、小仏層、これらに貫入した花崗岩、安山岩などで形成されており、 1980年頃よりルートが開拓され「日本のヨセミテ」と言われている。

s-20170506 小川山_170705_0047

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.06.18 百丈岩/例会岩トレ
- 2017/06/22(Thu) -
【天候】  晴れ
【参加者】 10名

本日の百丈岩は混雑していました。
ベテラン6名に新人4名 しっかりとトレーニングができそうです。

09:30 下部岩壁の取り付きに到着するが、多人数が集合し大混雑なので、東稜基部に移動 東稜を つるべ式でトップの練習を交互に行う事となった。先輩に前後についてもらい、果敢に挑戦 私は、東稜初挑戦の為、セカンドで登る。
           
11:40 東稜登攀終了、中央ルンゼルートに移動。懸垂下降にて取り付きに向かう。
   中央ルンゼルートは、逆層のスラブとなっていて、手がかりが掴みにくい。
   足のスタンスをしっかり決めて登る。
   私以外は、トップを果敢にチャレンジしました。
   次回は、私もトップで登れるように練習したい。

13:30中央ルンゼルートを終了して 昼食
   女性2名は、仕事の為ここで終了

14:20 グループ2つに分け、
私は、東稜ルートでトップの練習をする。
    F谷さんのグループは、中央稜(ローソク岩)ルンゼルートの登攀に向かう。

15:30  登攀終了 

本格的なトップでの初練習で、緊張感があり精神的にも疲れました。 
上からの確保の無い怖さとルートを見つけていく難しさを感じます。

トップを行う事で、セカンドとは全然違う緊張感を感じる事ができ
非常によい経験になりました。
ありがとうございました。

b-2017.06.18 百丈岩 011
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.05.14 荒地山ボルダー
- 2017/05/20(Sat) -
六甲の荒地山にて岩トレ、主にボルダーでの練習になりました。
参加者10名
ブラックフェースで各班に分かれてツルベの練習。
ボルダーでは「ハウス」 「ハンドジャムクラック」 「ビッグボルダー」と三か所を回りました。
特にビックボルダーでは、ハングの乗越にマントリングと言う技術を使い、乗りこなすが苦労しまがほとんどの方は完登。

ビックボルダーにて
s-2017.05.14 六甲ボルダー 029
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.29 合宿前の登攀訓練/六甲
- 2017/05/06(Sat) -
GWに行く春山合宿の登攀組の強化トレーニングが六甲で行われました。
本番を想定しての重荷、アイゼン登攀、歩き、ロープワークなどトレーニングしました。

ゲートロック、地獄谷、キャッスルウォール、ブラックフェースをアイゼンを装着しての登攀練習。
s-2017.04.29 ブラックフェース 012
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.03.12 仁川渓谷 岩トレ
- 2017/03/14(Tue) -
仁川渓谷の岩場は住宅街の傍にあり、駅からほど近くアクセスの良い岩場。
昭和の歌謡曲を思わせる様なノスタルジーな名称の付いたルートが特徴的だ。
今回は新人向けに基本的な登攀技術を含めたトレーニングを中心に行われた。

b-P3120200.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ