2017.11.19 鬼ヶ牙 アルパインクライミング

鬼ヶ牙は亀山市の西に位置し、標高は488mと低いが9ピッチのアルパイクライミングが楽しめる場所である。しかしながら記録も乏しく、あまり登られていないのが現状である。
下部の4ピッチがⅡ~Ⅳ級のすっきりとしたスラブ状フェース、上部はブッシュ、ネット、スラブ、ナイフリッジと変化に富みルートファインティングも重要な課題となる。

8:45駐車場~9:05取り付き~9:20登攀開始~13:00P2基部~14:00終了~15:00全員終了~15:20南峰~16:20駐車場

参加者8名 3パーティー構成

s-2017.11.19 鬼ヶ牙 016
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.11.03 妙号岩&菊水ルンゼ
秋晴れ晴天の中、午前中は妙号岩にて3本のトップロープを構築して難しい課題をこなしました。
午後からは、菊水ルンゼにてロープワークを練習しながら山頂を目指しました。

参加者10名 

s-2017.11.03 妙号岩 003
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.08-09 前穂高岳北尾根登攀 (報告書編)
前穂高岳 北尾根全縦走
[日程] 2017年10月8日(日)~9日(祝)前夜発 
[参加] 4名

[行程]   10月7日(土) 20:30大阪 → 北陸道 → 翌1:00 立山駅(仮眠)

10月8日(日) アカンダナ5:30 → 上高地(1500m) 6:15 → 7:20 徳澤園7:50 →12:15屏風のコル(2515m)12:45 → 14:15 北尾根8峰(2631m) 14:30 → 15:30 北尾根7峰(泊)

10月9日(祝) 北尾根7峰 04:00 → 5.6ノコル06:30 → 11:00前穂高岳(3090.4m)11:45 →13:30岳沢小屋14:15 →16:00 上高地

s-2017.10 138
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.10.08-09 前穂高岳北尾根 8峰から1峰 登攀
黄金に輝く、錦繍の涸沢を眼下に見ながら 北アルプスのクライミングを楽しみました。
前穂高岳北尾根、その美しいスカイラインは日本三大岩稜の一つです。夏にもう一つの日本三大岩稜 剱岳八ツ峰に挑みましたが
あえなく途中で撤退、今回は二日間の好天に恵まれ、最高の登攀になりました。

剱岳八ツ峰もそうでしたが、私達はあえて困難な末端から取り付く事に意味があると思い実行に移しました。
通常北尾根は5・6のコルから取り付きますが、8峰から過激な藪漕ぎを経て山頂に向かうルートです。

10/08 上高地~徳沢~屏風のコル~八峰~七峰(ビバーグ)
10/09 ビバーグ地~三峰(登攀)~前穂高岳山頂~重太郎新道~岳沢小屋~上高地


s-2017.10 121


s-2017.10 130

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.09.03 例会岩トレ/六甲山
参加者9名
天気は晴れ。秋を感じさせる爽やかな風が吹く中の岩トレとなりました。
本日のゲレンデはゲートロックとホワイトフェイス
阪急芦屋川駅に8時半集合し、地獄谷からゲートロックへ。
2人パーティに分かれ登攀した後、フィックスロープを2本張り、プルージックでのクライムダウン、アップを各々2回ずつ行う。

その後ホワイトフェースに移動し、昼食後、同壁に3ルートのトップロープを設置。
左ルートのフリー(クラック)、中央ルートのアブミとフリー、右ルートのアブミによるルーフ越えをそれぞれ練習。

s-2017.09.03 ホワイトフェース 017

s-tt2.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ