2017.06.18 百丈岩/例会岩トレ
- 2017/06/22(Thu) -
【天候】  晴れ
【参加者】 10名

本日の百丈岩は混雑していました。
ベテラン6名に新人4名 しっかりとトレーニングができそうです。

09:30 下部岩壁の取り付きに到着するが、多人数が集合し大混雑なので、東稜基部に移動 東稜を つるべ式でトップの練習を交互に行う事となった。先輩に前後についてもらい、果敢に挑戦 私は、東稜初挑戦の為、セカンドで登る。
           
11:40 東稜登攀終了、中央ルンゼルートに移動。懸垂下降にて取り付きに向かう。
   中央ルンゼルートは、逆層のスラブとなっていて、手がかりが掴みにくい。
   足のスタンスをしっかり決めて登る。
   私以外は、トップを果敢にチャレンジしました。
   次回は、私もトップで登れるように練習したい。

13:30中央ルンゼルートを終了して 昼食
   女性2名は、仕事の為ここで終了

14:20 グループ2つに分け、
私は、東稜ルートでトップの練習をする。
    F谷さんのグループは、中央稜(ローソク岩)ルンゼルートの登攀に向かう。

15:30  登攀終了 

本格的なトップでの初練習で、緊張感があり精神的にも疲れました。 
上からの確保の無い怖さとルートを見つけていく難しさを感じます。

トップを行う事で、セカンドとは全然違う緊張感を感じる事ができ
非常によい経験になりました。
ありがとうございました。

b-2017.06.18 百丈岩 011
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.05.14 荒地山ボルダー
- 2017/05/20(Sat) -
六甲の荒地山にて岩トレ、主にボルダーでの練習になりました。
参加者10名
ブラックフェースで各班に分かれてツルベの練習。
ボルダーでは「ハウス」 「ハンドジャムクラック」 「ビッグボルダー」と三か所を回りました。
特にビックボルダーでは、ハングの乗越にマントリングと言う技術を使い、乗りこなすが苦労しまがほとんどの方は完登。

ビックボルダーにて
s-2017.05.14 六甲ボルダー 029
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.29 合宿前の登攀訓練/六甲
- 2017/05/06(Sat) -
GWに行く春山合宿の登攀組の強化トレーニングが六甲で行われました。
本番を想定しての重荷、アイゼン登攀、歩き、ロープワークなどトレーニングしました。

ゲートロック、地獄谷、キャッスルウォール、ブラックフェースをアイゼンを装着しての登攀練習。
s-2017.04.29 ブラックフェース 012
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.03.12 仁川渓谷 岩トレ
- 2017/03/14(Tue) -
仁川渓谷の岩場は住宅街の傍にあり、駅からほど近くアクセスの良い岩場。
昭和の歌謡曲を思わせる様なノスタルジーな名称の付いたルートが特徴的だ。
今回は新人向けに基本的な登攀技術を含めたトレーニングを中心に行われた。

b-P3120200.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.01.22 例会岩トレ/仁川
- 2017/01/28(Sat) -
【参加者】4名
【ルート】①ムーンライト へそルート、②三段岩  右あぶみルート

8:30に仁川駅集合
天候は朝から雨模様で、時々晴れ間が覗くはっきりしない天気でした。
岩登り初体験なのに先行き不安・・・
地滑り記念館の横を通り岩場へ、資料を頂き初歩からの講習を頂きました。
トップロープを張って貰い初挑戦、足が滑る・手が冷たい・掴みどころが判らない
ずいぶんと時間がかかり、途中ロープを掴んだりして何とか登ったというか引っ張り上げられた、一回でずいぶん疲れました。
下りは、懸垂下降を体験。
これも初めて、まずエイト環の使い方とスピードがコントロールできる理由(ロープの摩擦)の講習を頂き いざ実践へ、ロープに体を預ける感覚がなかなか分からず足をズルズル滑らせていました、何度も声を掛けてもらい後半はなんとかスムーズに下りれたような。(主観では)
その後、何度かトライさせてもらったが、ぜんぜん登れず悔しかったが今後の課題という事で。
先輩方は、別の難しそうなルートを登っていました。唯々下から眺めスゴイナ~と口を開けて見上げるだけでした。
三段岩に移動し、昼食 雨が降ったりやんだりで底冷えがし動かないでいると寒い。
そんな中、「アブミをします」との声が、アブミ?と思っていると、
吊り梯子のような物を、支点に掛けながら登っていく方法の様です。見た直後の感想は
「無理!」「落ちそう」でした。
ですが、これも体験させて貰える事に、バランスを維持するのが大変、恐怖心もあり
手にすごい力をいれて、必死に登るが途中、上がれず下れずになってしまい身動きが取れず、「ギブアップ」をしたつもりでしたが・・・なんと認めて貰えず、内心「どうしよう~」と。このままでは仕方ないので意を決し、イチかバチかで手を伸ばすとラッキーな事に何とか上に登れて終了。降ろしてもらえました(よかった~)。
14時過ぎに終了、仁川駅に帰りました。
初体験づくし、できない事=課題 が沢山みつかり奥深さと楽しさの一端を体験できました。めちゃめちゃ面白くハマっていきそうです。

s-006(三段岩右壁アブミルート)
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ