Entries

2020.01.25 北小松クライミング/比良

1泊2日の予定だったが天候が悪そうなので比良/北小松の岩場へクライミング。琵琶湖が一望出来るロケーションが気持ちいい。小さな岩場だがキャスルウォール、ピラーロック、バードロック、ツリーロックと4か所回り8本トライ。...

2019.01.19 烏帽子岩奥壁 駒形岩クライミング

前々日、クライミング仲間からの誘いで道場烏帽子岩へ行ってきました。 9時 道場駅に集合。放射冷却現象で気温計は1℃と肌寒い、 前日に雪山登山に行っていたので疲労感なのか?自律神経が狂ってたのか? 駅から岩場迄の歩きもいつもとは違いなかなか体が温まらず妙に寒かったです・・・ そんなこんなで岩場に到着するも、もうすでにかなりの人が来ていました。 体が冷えていたので、「東方見聞録5.9」でウォーミングアップ ガバ...

2019.11.24 不動岩クライミング

他会合同山行不動岩シアターと東壁参加者3名午前中は不動岩シアターエリア岩トレーニングの目的はAさんのリードクライミングの練習です登ったルートはせんどじゅうらい5.6マイちゃん5.6夕焼けぽんぽん5.9風薫る五月5.7午後からは不動岩東壁へ移動してリレー方式でマルチの練習Yさんは東壁中央2ピッチ(3級)を登ってもらいました。連続懸垂下降も考えましたが安全を考慮して巻道から取り付きまで降り 残りの時間で砂かぶり4級を登...

2019.11.23 金比羅山クライミング

他会合同山行参加者2名岩トレ目的はリードクライミングを目指す事です。Y懸尾根を全て初見の岩場であったHさんにお願いしてピッチを切るタイミングや支点の取り方とそのリスク判断、ルートファインディングなどコンテにするかの判断などをしてもらい自由に登ってもらいました。その後、北尾根末端まで降り、3ピッチでマルチピッチクライミングを楽しむ。尾根のジャンクションよりフリークライミングゲレンデのカルピス、ホワイト...

2019.11.16 烏帽子岩クライミング

参加者 7名他会交流山行...

2019.11.2-04 三倉岳クライミング 広島

他会合同山行 三倉岳令和元年11月2~4の三連休で広島県にある三倉岳へクライミングに行ってきました。三倉岳は広島県西部に位置しており標高は702m、上ノ岳・中ノ岳・下ノ岳と連なる花崗岩の岩峰である。ルートは昔グランドアップによる開拓でボルト等は無くジャミングで耐えながらヘキセントリックやナッツ・カムなどを駆使しての登攀が主流であった。現在はその意志を受け継ぎ開拓が進み、僅かではあるがボルトによるスラブ...

2019.10.27 大台ケ原 ブッシュマン 蒸篭嵓(せいろぐら) クライミング

参加者 5名奈良県に位置する大台ケ原。日本一の多雨地帯で雨の世界。年間降雨量はおよそ5000ミリ。日本百景や日本の秘境100選にも選ばれており美しい景色が堪能できる場所。そんな大台ケ原にもクライミングルートは存在します。 ブッシュマンは6/29に訪れましたが雨で撤退。再来となりました。岩場は濡れており緊張したが、ハングあり、スラブありと変化に富んだとてもいいルートでした。観光地として有名な大蛇嵓より眺望でき、...

2019.9.14-16 赤石沢奥壁ダイヤモンドAフランケ 赤蜘蛛ルート

今年最大の目標であった南アルプス甲斐駒岳の東面に位置する、日本慣れした巨大な花崗岩の大岩壁。その中でもダイヤモンドAフランケは節理の発達した固い花崗岩で傾斜も強くアルパインとしてはエイドクライミングが主体として登攀されています。その中の一つ、赤蜘蛛ルートに登ってきました。9/14 北沢峠~甲斐駒岳山頂~8合目岩小屋~赤蜘蛛取り付き~4ピッチ登攀~大テラスビバーグ9/15 大テラス~5ピッチ登攀~8合目岩小屋~...

2019.09.07 烏帽子岩 岩トレ

例会 岩トレーニング参加者4名天候=晴れ  気温=31℃前後2019年9月の岩トレーニングは JR福知山線 道場駅より北へ約500mに位置する 「烏帽子岩」へ行ってきました。岩質は凝灰岩でルート数は、隣のエリアの駒形岩も含めると70近くルートがあるクライミングゲレンデである。傾斜は概ね80度前後が多く、腕力よりもデリケートな足の使い方が要求される岩場である。また、グレードも狭いエリア内で5.7~5.11aが多くて初級~...

2019.08.31 友人登路/雪彦山三峰南東壁

前回の御在所岳中尾根のフリークライミングルートを登り、今回は雪彦山。甲斐駒ヶ岳ダイヤモンドAフランケの練習の一環として、厳しいフリーと鐙のミックスの要素が含まれる当ルートを計画した。三峰南東壁に位置する友人登路を登りました。友人登路は5ピッチ 5.11b~5.9と難易度は高い。前傾壁から殆どが垂壁とかぶった傾斜、一部アブミを使って登攀しました。...

2019.08.24-25 北岳バットレス第4尾根主稜登攀

アルパインクライミングの入門ルートとして人気あるクラッシックルートであるバットレス第4尾根主稜に挑みました。北岳バットレスは、建設用語で「控壁」の意味との事。また2010年10月の上部城塞ハング右側周辺が崩壊、犠牲者が出たようで最終ピッチがⅢ級からⅣ級+になったようです。参加者 4名行程 8月23日21:30大阪~韮崎IC~芦安駐車場8月24日4時起床乗合タクシーにて6:10広河原着~6:25広河原...

2019.08.18 御在所 中尾根 クライミング

御在所北面に広がる美しい花崗岩の岩場中尾根にてマルチピッチのトレーニングを行いました。参加者3名中尾根はP4~P1まで伸びる尾根 Ⅳ+~Ⅴ+までとグレードは高くピンは殆どなくナチュラルプロテクショで登っていきます。...

2019.08.10-13 滝谷ドーム中央稜・北壁・クラック尾根

標高3170m北穂高岳、平地より気温は20度近く下がり酸素濃度は2/3。その山頂より西に鋭く切れ落ちた岩場が滝谷。「飛ぶ鳥もかよわぬ・・・」と言われ荒々しさ、険しさ、厳しさを持ち傾斜の強いダイナミックなクライミングが出来る場所。高山病と戦いながら3000m級のアルパインクライミングを楽しんできました。参加者6名8/10 上高地~北穂高 南稜テント場8/11 滝谷ドーム中央稜(5ピッチ)・北壁(1ピッチ)8/12 クラック尾根(10...

2019.08.04 堡塁岩 クライミング

真夏のクライミングはいつもここ。堡塁岩なら暑さもかなりましです。参加者7名中央稜南面 電光クラック・凹角ルートなど4~5本中央稜東面 ダッコちゃん・チビックフェイスなど4~5本...

2019.07.21 百丈岩 ロソーク岩ダイレクトルート

百丈岩のシンボルでもあるローソク岩。左横のチムニー、正面右の屈曲ルートはⅢ~Ⅳ級で何度か登っています。しかし正面壁はあまりにも垂直で岩はボロボロ、ここ何年も誰も登っていません。それが昨年3本のルートが開拓、リボルトされ登れるようになりました。そのローソク岩の正面壁から真っ直ぐに伸びるダイレクトルートに登ってきました。今まで登る事はないだろうと思っていた正面壁、ようやく足を踏み入れました。ルートは全て...

2019.07.13 明神岳東稜 アルパインクライミング

北アルプス アルパインクライミング参加者4名海の日の三連休を利用し山行計画を立てたが生憎の雨模様。日帰りで行ける所は無いかと考えた。少し強行だが日帰りで明神岳東稜に向かう事にした。5:25上高地バスターミナル 6:23明神 6:47下宮川谷出合 8:59ひょうたん池 9:54第一階段 12:02ラクダのコル~バットレス(3ピッチの登攀) 13:39明神岳主峰 14:46明神岳2峰(2ピッチの登攀)14:59明神岳3峰 15:11明神岳4...

2019.06.22 鬼ヶ牙 クライミング

参加者6名予定していた明神岳東稜が天候不順の為中止となり、代わりに鬼ヶ牙に行ってきました。石水渓キャンプ場を過ぎ登山口近くに車を止め、5分ほど登ると、すぐにとりつきに着く。左のスラブと右のスラブがあり時間があるので傾斜の強い左スラブで練習をする。ウォーミングアップとしては厳しいスラブが続くがまだ登った事がないのでチャレンジする。3パーティーに分かれホールドの少ないスラブを緊張しながら2ピッチ登ると懸...

2019.06.16 岩トレ 六甲キャスルウォール・ブラックフェース

六甲荒地山周辺で岩登りのトレーニングを行いました。参加者8名4パーティーに分かれツルベ登攀キャスルウォール 2ピッチ各自3~4本ブラックフェース 2ピッチ...

2019.06.02 百丈岩 岩トレ

参加者 5名下部岸壁、東稜、ろうそく岩右の計4本...

2019.05.11 不動岩 岩トレ

参加者 8名3パーティーに分かれ、午前中は東稜中央2ピッチを各2本ずつ午後からは東壁、菱型ハングⅣ+ 東稜、砂かぶりⅣ+等々を各3本ずつ登りました。懸垂下降3回...

2018.11.04 雪彦山東稜/クライミング

本来の計画は鬼ヶ牙へクライミングでしたが、あいにく天気が悪く小雨が降る予定だったので急遽場所を変更し雪彦山に行きました。参加者9名3人3パーティーに分かれ岩登り 6ピッチ最終ピッチ...

2018.09.22-24 屏風岩東壁 雲稜ルート

北アルプス、涸沢に行く道中に否でも応でも眼に飛び込んでくる屏風岩、日本国内最大、高さ 600m、幅 1,500mの、垂直の1枚岩壁で日本を代表するビックウォールの一つである。急俊で手がかりに乏しい花崗岩が長い間、登攀不可能とされ、その歴史は意外に浅い。その東壁 初登ルートを狙います。...

2018.09.17 蓬莱峡岩トレ&荷歩トレーニング

参加者 4名次週末の連休に立山龍王岳東稜の岩登りを控えて、岩トレを計画する。女性4名、多くのルートは登れないだろうと考えて岩トレは午前中で終了、午後からは歩荷トレをと考える。蓬莱峡にナガモッコク尾根末端が伸びている。尾根を詰めると岩原山(573m)のピークがある。地図からは登山道は無い...

2018.08.25-26 小川山 報告書編

明神岳東稜を予定していましたが、天候不良で中止になるところを、まだ天候が良い方面に変更を検討いただき小川山のクライミングに変更になりました。かつ、小川山のルートをよく知るOさんにも急遽参加・ご案内いただけることになりました。入門バリエーションルートを積み重ねていきたく、Tリーダーにお願いした今回の山行が行けなくなったのは残念でしたが、クライミングも未熟なため、中止にならず別の経験が出来たことに感謝し...

2018.08.25-26 小川山マルチピッチクライミング

北アルプスに行く予定でしたが天候が良くないために、小川山に変更し実施しました。小川山は「日本のヨセミテ」と呼ばれ、花崗岩の奇岩群に数多のクライミングルートが切り開かれています。 そんな小川山のマルチピッチルートを楽しみました。小川山ではグレードだけでは判断できないクライミングの難しさが内包されています。8/25 ガマスラブ~ガマルート8ピッチ5.9 春のもどり雪3ピッチ5.78/26 セレクション 7ピッチ5.8ガマ...

2018.08.19 仁川渓谷 アブミルート

三段壁右鐙ルート・シャドウルート・パール右・左・左上ハングルート 5本前々回、トップロープで登攀中、ピンが2本抜けた如何わしいルートだ。傾斜は前傾し110度の被りルートで中々手強い。整備したのは三段のシャドウで、足したハーケンは4本です。(元々あった場所に打ち込みました)下から順に、根元まで打ちこめていないハーケン、その1メートル上にもう一本(いずれもクロモリのナイフブレード型)レッジの左隅に一本、レッジ...

2018.08.11-13 剱岳/源次郎尾根

参加 8名天候:11日(雨・時々曇り)  12日(晴れ) 13日(雨・時々曇り)10日 21:30 茨木出発ー4:00 立山駅駐車場到着ーテント設営ー4:30 就寝就寝すぐに雨が降り始める。      11日 5:20 起床 (雨)ー共同装備の振り分け、パッキングー 6:30 立山駅よりケーブルカーに乗車ー6:44 美女平より室堂へ バスに乗車し向かうーガスがかかって風景は見えず。ー 8:00 室堂より出発ー登山道を多くの登山者に混ざって進むー9:00...

2018.08.11-13 剱岳チンネ左稜線 登攀

お盆を利用し、3泊4日でチンネ登攀と、Ⅵ峰Dフェースの岩登りを計画しましたが生憎の雨で全工程は実施出来ませんでしたが雨の隙間のワンチャンスを利用し、チンネ左稜線のクライミングは成果を得る事が出来ました。参加者3名剱岳懐奥、最高のロケーションの熊の岩、そこをベースに繰り広げられる登攀、期待と不安の中 登山が始まった。8/11 室堂(7:30)―別山乗越(9:40)―長次郎谷出合(12:10)―熊の岩(14:30) 7時間8/12 熊の岩(3:50...

2018.07.28 地蔵岳東稜・正面壁右カンテ 継続登攀

台風襲来の為、1泊2日の山行計画を中止に急遽、雪彦山へ岩登りに行ってきました。地蔵岳東稜 下部強傾斜スラブ(Ⅳ)~ノーマルルート~東稜正面頂上フェース(Ⅳ+) 計6P地蔵岳正面壁右ルート(Ⅳ+)3P頂上フェース...

2018.07.22 堡塁岩/六甲

早朝5時から11時半まで 参加者6名中央稜南面 電光クラック 凹角ルート ルンゼルート 右クラック だっこちゃん ちびっこフェースハング サラマンを登りました。...

2018.07.14-16 槍ヶ岳北鎌尾根

参加者6名3日間晴天の中、伝説のクラッシクルート 北鎌尾根を歩いてきました。2日目は14時間におよぶ行動時間でしたが目的が達成され感無量でした。7/13 22:00大阪発-26:00ほうのき平駐車場(仮眠)7/14 4:00起床-あかんだな駐車場-上高地5:25-6:20明神-7:20徳澤-8:25横尾-10:00槍沢ロッヂ-11:00ババ平-11:30大曲-13:10水俣乗越-15:25北鎌沢出合(テント泊)7/15 3:00起床-4:15北鎌沢右俣-7:00北鎌沢の...

2018.07.01 御在所岳前尾根登攀

参加者 8名天気予報では雨天ではありませんでしたが、深夜の豪雨と、当日の霧雨でいい条件とは言えませんでしたが前尾根を登攀してきました。7P~3Pまで、コンデションが悪くヤグラの登攀はしませんでした。最初の核心部、濡れた岩場のP7を登攀...

2018.06.17 雪彦山 三峰東稜~不行岳南東壁弓状クラック 継続登攀

参加者 3名三峰東稜は2015年に宝剣岳中央稜の練習と2016年の夏に二度リードしているが、初めて行った時の印象がとても怖かったと言うイメージだけが残っている。師匠より三峰より更に奥にある不行岳(ゆかずだけ)に弓状クラックルートの存在を聞き、その時に見た岩峰はあまりにも威圧感が大きすぎ、このルートは私には縁のないルートだと思っていた。あれから三年、まさか自分が弓状クラックにトライする日が来るとは思わなかった...

2018.06.09 仁川渓谷 岩登り

仁川渓谷の岩場は資料によると1950年代から登られてきたようだが最近は様子が変わり登る人は殆どいない。各所で長いアブミのルートが点在しているのと、バットレスと呼ばれるⅣ級~Ⅴ級の岩登りが出来る場所です。バットレスはフリクションのよく効く花崗岩で岩質は安定しています。三段岩 右ルート シャドウルートパール 中央フェーエ直上ルート 中央右ルートバットレス 南面左クラック 南面右クラック 西面フェースルート ...

2018.06.03 岩登り体験会・例会岩トレーニング

参加者 13名朝の集合時点より、気温が暑く予想最高気温は、30℃ 暑さが大変そうだ本日は、百丈岩での登攀練習です。登山講習(岩登り)も合同開催です。参加人数が多いので、3グループに分かれて練習開始体験会メンバーはロープワーク、セルフビレイ、懸垂下降を練習、下部岸壁を3ピッチ登攀A班は、ローソク岩 中央稜のルンゼルート B班は西壁にて登攀練習です。西壁は、短いのでトップロープにて練習です。午後からは、中央稜東...

2018.05.26-27 谷川岳 烏帽子沢奥壁南稜 アルパインクライミング

谷川岳 烏帽子沢奥壁南稜 アルパインクライミング参加者5名谷川岳は群馬県に位置し遠く、「遭難死者が世界一多い山」と知られ800名近くの人が命を落としてきた山であります。気象条件が厳しく天気がコロコロ変わり、切り立った山肌に絶えず雪崩が発生し雪崩で磨かれたスラブが存在する山で、怖くて手が出せない山域ではありましたがアルパインクライミングを目指すものは一度は登っておきたい山でもありました。5月の末は雪渓が...

2018.05.20 仁川 岩トレーニング

参加者3名三段岩の右鐙ルートを空荷及び荷を担いで各一本ずつ、左シャドウルートを同じく空荷及び荷を担いで各一本ずつ。左ルートは鐙で乗った残置のシュリンゲが切れたり、ピンが抜けたりで、トップロープで臨んで正解。昼食後、バットレスに移動。南面の右クラック、左クラック、西面のフェースを各一本登り終了。三時半より甲山経由で甲陽園駅に下山しました。右鐙...

2018.04.17 堡塁岩/六甲岩登り

1泊2日の八ヶ岳山行が雨天で中止になったので急遽、岩登りトレーニングを行いました。東稜 3ピッチ中央稜 右クラックルートⅣ ・カンテ横フェイスⅤ+ ・右カンテⅢ ・チビッコフェースハングⅤ- ・ダッコちゃんⅣ+...

2018.01.14 ロックガーデン岩トレ

参加者 6名朝の気温は低めで、集合時 「寒いな~」 と言う感じです。本日は、荒地山でのボルダリングをメインの予定で出発しました。ロックガーデンよりキャッスルウォールに向かう途中、所々雪が薄っすら残っていました。10時過ぎより登攀を開始しました。...

2018.01.07 阿弥陀岳北稜登攀

もう何年越しだろうか?幾度となく赤岳主稜の計画をしては悪天で中止。晴天率の高い、八ヶ岳を裏目に今回も悪天の為中止にした。今回の為に3回もトレーニングを重ねてきたので中止はもったいない、幸いにも一日目だけ好天予報なので再度、参加者にアナウンスし一日で阿弥陀岳北稜を登る計画をした。冬期の八ヶ岳で12時間行動をすると言う前提なので多少辛いが、新人2名に経験を積むためにいいチャンスだと思い弾丸登山を決行した。...

2017.11.25 地蔵岳東稜

久しぶりに雪彦山の地蔵岳東稜に行ってきました。参加者3名 6ピッチ土曜日なのか?空いていたのであっさりと終了しました。6ピッチ目の頂上フェースにて...

2017.11.19 鬼ヶ牙 アルパインクライミング

鬼ヶ牙は亀山市の西に位置し、標高は488mと低いが9ピッチのアルパイクライミングが楽しめる場所である。しかしながら記録も乏しく、あまり登られていないのが現状である。下部の4ピッチがⅡ~Ⅳ級のすっきりとしたスラブ状フェース、上部はブッシュ、ネット、スラブ、ナイフリッジと変化に富みルートファインティングも重要な課題となる。8:45駐車場~9:05取り付き~9:20登攀開始~13:00P2基部~14:00終了~15:00全員終了~15:20南...

2017.11.03 妙号岩&菊水ルンゼ

秋晴れ晴天の中、午前中は妙号岩にて3本のトップロープを構築して難しい課題をこなしました。午後からは、菊水ルンゼにてロープワークを練習しながら山頂を目指しました。参加者10名 ...

2017.10.08-09 前穂高岳北尾根登攀 (報告書編)

前穂高岳 北尾根全縦走[日程] 2017年10月8日(日)~9日(祝)前夜発 [参加] 4名[行程]   10月7日(土) 20:30大阪 → 北陸道 → 翌1:00 立山駅(仮眠)10月8日(日) アカンダナ5:30 → 上高地(1500m) 6:15 → 7:20 徳澤園7:50 →12:15屏風のコル(2515m)12:45 → 14:15 北尾根8峰(2631m) 14:30 → 15:30 北尾根7峰(泊)10月9日(祝) 北尾根7峰 04:00 → 5.6ノコル06:30 → 11:00前穂高岳(3090.4m)11:45 →13:30岳沢小屋14:15 →...

2017.10.08-09 前穂高岳北尾根 8峰から1峰 登攀

黄金に輝く、錦繍の涸沢を眼下に見ながら 北アルプスのクライミングを楽しみました。 前穂高岳北尾根、その美しいスカイラインは日本三大岩稜の一つです。夏にもう一つの日本三大岩稜 剱岳八ツ峰に挑みましたが あえなく途中で撤退、今回は二日間の好天に恵まれ、最高の登攀になりました。 剱岳八ツ峰もそうでしたが、私達はあえて困難な末端から取り付く事に意味があると思い実行に移しました。 通常北尾根は5・6のコルから取り...

2017.09.03 例会岩トレ/六甲山

参加者9名天気は晴れ。秋を感じさせる爽やかな風が吹く中の岩トレとなりました。本日のゲレンデはゲートロックとホワイトフェイス阪急芦屋川駅に8時半集合し、地獄谷からゲートロックへ。2人パーティに分かれ登攀した後、フィックスロープを2本張り、プルージックでのクライムダウン、アップを各々2回ずつ行う。 その後ホワイトフェースに移動し、昼食後、同壁に3ルートのトップロープを設置。左ルートのフリー(クラック)、...

2017.08.11-14 剱岳八ツ峰縦走

劔岳 八ツ峰下半縦走[日程] 2017年8月11日(金)~14日(月)前夜発 [参加] 2名※当初の計画は八ツ峰をⅠ峰から八峰まで縦走し、途中でⅥ峰Cフェースも登攀する予定だったがアクシデントが多々あり八ツ峰は下半縦走のみになりました。8月10日(木) 20:30大阪 → 北陸道 → 翌1:00 立山駅(仮眠)   8月11日(金) 曇りのち雨 6:50 立山ケーブル、高原バス→8::10室堂(2420m) →10:50劔御前 (2780m)→11:30劔沢キャンプ場 12...

2017.07.30 仁川バットレス 岩トレ

岩トレ/仁川バットレス参加者:7名...

2017.06.24 小川山クライミング

奥秩父・小川山 岩トレ[日程] 2017年6月24日(土)前夜発 [参加] 4名[行程] 6月23日(金)20:40 四ツ橋 → 中央道某所(仮眠)     6月24日(土)8:30廻り平キャンプ場 → ガマルート → 春の戻り雪ルート → 16:30キャンプ場(泊)      6月25日(日)8:30 廻り平キャンプ場 → 帰阪[報告]小川山は東端の雲取山から続く奥秩父山塊の主脈の西端に位置する標高2418mの山。秩父古生層、小仏層、これらに貫入し...

2017.06.18 百丈岩/例会岩トレ

【天候】  晴れ【参加者】 10名本日の百丈岩は混雑していました。ベテラン6名に新人4名 しっかりとトレーニングができそうです。09:30 下部岩壁の取り付きに到着するが、多人数が集合し大混雑なので、東稜基部に移動 東稜を つるべ式でトップの練習を交互に行う事となった。先輩に前後についてもらい、果敢に挑戦 私は、東稜初挑戦の為、セカンドで登る。           11:40 東稜登攀終了、中央ルンゼルートに移...