2017.01.22 例会岩トレ/仁川
- 2017/01/28(Sat) -
【参加者】4名
【ルート】①ムーンライト へそルート、②三段岩  右あぶみルート

8:30に仁川駅集合
天候は朝から雨模様で、時々晴れ間が覗くはっきりしない天気でした。
岩登り初体験なのに先行き不安・・・
地滑り記念館の横を通り岩場へ、資料を頂き初歩からの講習を頂きました。
トップロープを張って貰い初挑戦、足が滑る・手が冷たい・掴みどころが判らない
ずいぶんと時間がかかり、途中ロープを掴んだりして何とか登ったというか引っ張り上げられた、一回でずいぶん疲れました。
下りは、懸垂下降を体験。
これも初めて、まずエイト環の使い方とスピードがコントロールできる理由(ロープの摩擦)の講習を頂き いざ実践へ、ロープに体を預ける感覚がなかなか分からず足をズルズル滑らせていました、何度も声を掛けてもらい後半はなんとかスムーズに下りれたような。(主観では)
その後、何度かトライさせてもらったが、ぜんぜん登れず悔しかったが今後の課題という事で。
先輩方は、別の難しそうなルートを登っていました。唯々下から眺めスゴイナ~と口を開けて見上げるだけでした。
三段岩に移動し、昼食 雨が降ったりやんだりで底冷えがし動かないでいると寒い。
そんな中、「アブミをします」との声が、アブミ?と思っていると、
吊り梯子のような物を、支点に掛けながら登っていく方法の様です。見た直後の感想は
「無理!」「落ちそう」でした。
ですが、これも体験させて貰える事に、バランスを維持するのが大変、恐怖心もあり
手にすごい力をいれて、必死に登るが途中、上がれず下れずになってしまい身動きが取れず、「ギブアップ」をしたつもりでしたが・・・なんと認めて貰えず、内心「どうしよう~」と。このままでは仕方ないので意を決し、イチかバチかで手を伸ばすとラッキーな事に何とか上に登れて終了。降ろしてもらえました(よかった~)。
14時過ぎに終了、仁川駅に帰りました。
初体験づくし、できない事=課題 が沢山みつかり奥深さと楽しさの一端を体験できました。めちゃめちゃ面白くハマっていきそうです。

s-006(三段岩右壁アブミルート)
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.12.18 ロックガーデン登攀練習
- 2016/12/23(Fri) -
六甲ロックガーデン周辺でアイゼンの登攀練習を行いました。
ゲートロック 2ピッチ&懸垂下降
キャスルウォール 2ピッチ
ブラックフェース 2ピッチ
12月と思えない暑い一日でした。天気快晴

キャスルウォールにて
s12-2016.12.18 六甲アイゼン登攀 007
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.10.23 百丈岩/例会岩トレ
- 2016/10/25(Tue) -
百丈岩 中央ルンゼと西壁にて例会岩トレ 女子2名の方が初リードをしました。

b-06西壁

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.09.22 ホワイトフェース/六甲ロックガーデン岩トレ
- 2016/09/28(Wed) -
岩トレ 六甲/芦屋ロックガーデン
日にち:平成28年9月22日(木)曇りのち小雨
参加者:5名
報告
 阪急芦屋川駅8:30集合。高座の滝を経由し地獄谷に到着した。装備を装着し、支点構築、流動分散、固定分散それぞれの長所・短所、荷重分散の角度などの説明を受け、岩場で練習を行った。
 ホワイトフェースへ移動し、アブミのルーフ越え練習を行った。アブミの練習は今回が3回目だった。前回までの2回はプレートアブミを使用した。今回はテープアブミを初めて使用した。テープアブミの方が足を入れるのがちょっと難しく感じた。相変わらずバランスを取るのが下手で体勢が変になったり、ぐるーんと回ってしまったり、腕の力に頼ってしまったりした。特にルーフ越えはバランスが取り辛く難しかった。しかしアブミの使用は3回目のためか前回よりは上手く使用することができた。これは練習を重ねていくしかない。
アブミを一人2~3回練習し場所を移動しようとしたところで雨が降ってきたため14時で終了し下山した。

a-01a.jpg
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.09.17 拇岳 赤いクラック/小豆島
- 2016/09/19(Mon) -
シルバーウイーク、チンネ登攀に向けトレーニングを積んできましたが生憎の天気の為中止となる。
3日間の内、天気が持ちそうなのは1日のみ。リーダーが機転を利かせてメンバーに師匠を増やして小豆島に向かいます。
目指すは拇岳(おやゆびだけ)、アルパインのマルチピッチが出来るとこ事、その中でも有名な赤いクラックルートを全員で登りました。
とは言うものの後半に出てくる5.10bクラスのルート、私5名がぎりぎり登れる手ごわいルートでした。

9/16 神戸港より深夜のフェリーで小豆島に向かう
9/17 赤いクラック登攀 夜、オートキャンプ場でテント泊
9/18 雨天の為、各岩場を見学し帰阪

s-小豆島・拇岳_221

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ