Entries

2018.03.10-11 大同心稜~硫黄岳縦走

参加者4名3月09日(金) 22:00 森ノ宮 → 翌02:00 駒ケ根SA (仮眠)3月10日(土) 09:00赤岳山荘 → 11:00 赤岳鉱泉 → 大同心稜取付偵察 → ジョウゴ沢 →15:00 赤岳鉱泉(泊)3月11日(日) 06:00赤岳鉱泉 → 06:10 大同心沢 → 09:30 大同心基部 → 11:30 台座の頭→ 13:00 赤岩の頭 → 14:00 赤岳鉱泉 → 15:45 赤岳山荘[報告]横岳は南北800mにおよぶ稜上に二十三夜峰、日ノ岳、鉾岳、石尊峰、三叉峰、無名峰、奥ノ院、台座の頭というギザ...

2018.03.17-18 赤岳主稜

参加者 4名コースタイム17日8:30赤岳山荘Ⓟ~11:30行者小屋18日4:40行者小屋~6:00トラバース地点~6:15CS取付~9:55登攀終了~10:10赤岳山頂10:55~11:50行者小屋12:20~14:10赤岳山荘Ⓟ...

2018.03.10-11 雪稜登攀 八ケ岳/大同心稜稜

雪稜登攀 八ケ岳/大同心稜~横岳 参加者4名大同心稜は風強く部分的な氷結の為大同心基部から全てザイル使用。横岳~赤岩の頭間は強風で歩行困難も天気快晴で静かな縦走...

2018.03.10 堂満岳中央稜 雪稜登攀

参加者8名毎年冬の時期は堂満岳ルンゼに行きたくなります。近場にして、急俊なルンゼ、バリエーションに富んだ雪稜登攀が楽しめる場所です。今年は各地に大雪をもたらしたので3月に入ってもまだ行けるだろうと判断し決行としましたが、イン谷にはまったく雪は無く、周辺にも積雪が見えなく、こんな状況で登攀出来るのかと不安に感じながらの山行となりました。...

2017.03.03 雪稜登攀 比良/αルンゼ

参加者4名 取付き~F3までは少々の残雪。F4~6は基部2m程の残雪有。2パーティーに分かれルンゼ出口を抜け稜線手前登攀終了。下山はルンゼを懸垂を交えて下降。...

2018.02.18 伯耆大山弥山尾根西稜登攀

参加者9名毎年2月に伯耆大山を計画するが大山は晴天率が低く、なかなか晴れてくれない。今回は曇天予報の中、新人を含む9名が集まりさてどうなるのやらと心配した。蒜山から見る伯耆大山は富士山にそっくりな山容、すそ野が広がり穏やかに見えるが、いざ元谷へ回り込むと北壁は聳え立っており威圧感さえ感じる。その北壁を攀じ弥山の山頂にダイレクトに伸びる西稜ルートは爽快そのものである。...

2017.03.25 比良中谷αルンゼ~大岩谷

比良中谷αルンゼ今後の本番の為、比良のαルンゼに練習に向かう。今年はかなり雪が多い、αルンゼでは岩稜登攀と言うよりも雪稜登攀になった。【概要】3/25 大阪発~7時30分登山口~8時50分登攀開始~10時チムニー通過~11時30分稜線~昼食~ビーコン練習~12時30分歩きだし~13時30分木戸峠~14時40分葛川越~16時50分車止め...

2016.03.20-21 中山尾根&阿弥陀岳北稜/冬季雪稜登攀

半年前から計画されていた今回の雪稜登攀。八ヶ岳西壁でも人気のルートだが中山尾根と単純なネーミングながらも難易度は高く、下部岸壁、上部岸壁と構成されておりどちらも岩壁がせせり立っており、両方共ハング帯があり、グレード的には(Ⅳ+)の難易度があるルートであります。また、二日目に登った阿弥陀岳北稜は冬季八ヶ岳のバリエーションの中では入門向きの楽しいルートであります。私達は1泊2日で2本のアルパインクライミング...

2015.05.23-24 奥穂高岳南稜/北ア 雪稜登攀

北アルプスの奥穂高岳 標高3190m。富士山、北岳に続き 日本の高峰第三位に存在しています。その奥穂高岳南稜は今から約100年ほど前に世界に日本アルプスを紹介したウォルター・ウエストンが案内人上条嘉門次と共に登った由緒あるクラシックルートであります。上高地から入山し、岳沢小屋を経て三つの岩峰トリコニーを超えナイフリッジを登り吊り尾根に出るというルートです。穂高のど真ん中を奥穂高岳山頂まで登り詰める爽快感...

2015.05.03-05 白馬岳主稜 から白馬三山縦走と鑓温泉

1997年創刊の「日本のクラッシクルート」 書籍の巻頭に大きく記事が出ていて、いつかは行ってみたいと思い続けていた白馬岳主稜。ようやくチャンスが巡ってきました。山頂へと突き上げる鋭く美しく豪快に伸びる1本のスノーリッジ。雪稜ルートとしてクライマーを魅了し続けてきた白馬岳主稜。無積雪期は藪と脆い岩質で登攀の対象にはなりませんが、天候と雪質が安定した4月中~5月上までの期間限定の雪稜ルートと聞けばワクワクし...

2015.03.14-15 横岳西壁石尊稜

参加者4名天候 3/14(土)曇り~小雪    3/15(日)快晴気温 マイナス5度~マイナス10度(体感的には寒くなかった)3/14 美濃戸口~赤岳鉱泉~取り付き偵察3/15 赤岳鉱泉~石尊稜~石尊峰~地蔵尾根~赤岳鉱泉~美濃戸口当初の予定は一日は石尊稜へ登攀をしもう一日はジョウゴ沢へアイスクライミングの予定でしたが天候と時間を見て確実に登れる方法を取ったので石尊稜登攀のみになりましたが それでも充実した山行となりました...

2015.02.08 堂満岳中央稜&チムニールート

堂満岳中央稜&チムニールート                                                    【日付】2015.02.08 当日朝発    【メンバー】 男性2名、女性2名 計4名0545大阪~0745イン谷発~0840ルンゼ堰堤~0910尾根間違い取り付き~0950中央取り付き~3ピッチ~チムニー2ピッチ~1200尾根2ピッチ~1300主稜線~ルンゼ下降~1500イン谷近場で雪稜アルパインが楽しめるこのル...

2013.05.24-25 北穂高岳東稜

1泊2日、北穂高岳東稜ルートの雪稜登攀に5名で行きました。5/24 上高地~涸沢5/25 涸沢~北穂高東稜~北穂高岳~涸沢~上高地前夜21時に大阪を出発、4時間後の深夜1時にほおのき平の駐車場で仮眠を取る。3時間の睡眠で用意を始める。天気が良さそうだ。平湯から上高地に行くにはアカンダナ駐車場に車を停めバスで上高地に入るのが通常だが、もしもの場合を考え、18時にゲートが閉まるアカンダナ駐車場を避け平湯からタクシーに乗...

2014.05.03-05 春山合宿/五竜岳

今年の春山合宿の前半はいい天気でしたが後半から天気が崩れ 予定していた最終日の五竜岳から唐松岳の縦走は中止になってしまいましたが、A班 雪稜登攀組は 五竜GOを登攀。B班 登頂組も無事五竜岳へ登頂を果たし日頃のトレーニングの成果を十分に発揮できた春山合宿となりました。参加者11名5/2 夜発5/3 五竜スキー場~大遠見山~台地(幕営)標高2200m辺り5/4 幕営地~GO登攀または五竜岳登頂~幕営地5/5 幕営地~五竜スキ...

2014.03.08-09 阿弥陀岳北稜/八ヶ岳

当日朝発、現地一泊で八ヶ岳 阿弥陀北稜へ雪稜登攀に行ってきました。快晴、無風の最高のコンデションの中楽しい登攀が出来ました。3/8 12時赤岳山荘~16時行者小屋3/9 6時出発~7時30分取り付き~9時20分山頂~11時30分文三郎分岐~12時15分行者小屋~15時下山...

2014.02.23 大山弥山尾根西稜登攀&剣ヶ峰縦走

冬の大山は日本海気候の影響で関西随一の積雪量を誇り、晴天に恵まれることも少ない。標高は1711mとそれほど高くはないが。冬になると日本海から直接流れる叩きつける風、独立峰ならではの厳しさがあり時には3000m級の冬山と変わらない厳しさを持つ山である。伯耆大山北壁、弥山にダイレクトに伸びる尾根 西稜の登攀。更には、弥山から剣ヶ峰の縦走がおまけに付いてきた。剣ヶ峰の縦走路は崩落の危険、滑落の危険が大変...

2014.02.16 堂満ルンゼ中央稜チムニールート

参加者6名 比良の堂満岳ルンゼへ雪稜登攀に行きました。今日は近郊の本番ルートである。出来るだけ早く現地に到着したいと言う事で早朝出発をし現地登山口のイン谷に7時30分に到着した。イン谷は先日の大阪府下の豪雪で雪は沢山あるのかと思っていたが予想外で雪は少なかった。気温高めなのだろうか?あまり寒くはなかった。時折晴れ間も出るいい天気だ。すぐに用意をして青ガレ方面に歩いていく。8時30分、大汗をかきながら堂満...