2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳東尾根登攀
春山合宿 2泊3日で鹿島槍ヶ岳で行われました。

●登攀班 6名 鹿島槍ヶ岳東尾根
●登頂班 5名 鹿島槍ヶ岳登頂


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 079


s-2017.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 121

この記事のURL | 合宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.05.03-05 春山合宿 北アルプス/北穂高岳
今年の春山合宿は涸沢をベースに北穂高岳東稜組と北穂高岳登頂組に分かれ7名の参加がありました。
しかし、生憎の天気で東稜への登攀は中止になりましたが、全員揃って北穂高岳に登頂出来た事に喜びを感じました。

s-IMGP3301.jpg
この記事のURL | 合宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2015.05.03-04 春山合宿 北アルプス餓鬼岳
春山合宿 北アルプス餓鬼岳2647M
5月3日(日)〜4日(月)晴れから曇り
参加者 7名

途中敗退撤退となりました。(雪が少なく藪漕ぎが多かった、5/4の天候不順)

5月2日前夜発 3日途中で仮眠を取り5:30起床 安曇野インターで降り県道306号有明大町線より乳川谷に入る。夏の登山道白沢登山口は閉鎖されている。(雪崩等で梯子が壊されないように取り。外されている。)南のマムシ平より入る。林道終点手前で駐車し乳川谷に沿って歩いていく。昔の地図には橋を渡って1087m地点より尾根に入る登山道が書かれてあったが今は廃道になっている。

5月3日 8:30出発 晴れ 林道を西へ詰めていき壊れた橋を渡るハシゴがかけてあった。雪解けの沢の水には勢いがあった。
9:20取り付き1087M 黄や赤テープが巻かれ尾根の取り付きが判断できた。
いきなり急傾斜の藪漕ぎで檜林〜熊笹〜シャクナゲに変わって行くSさんとKさんが帰りに迷わないように ところどころに赤テープを巻き付けていく。
檜林から熊笹に変わるとき右に大きくトラバースして熊笹の藪漕ぎに入って行く
11:45 1400m 熊笹の跳ね返りで目に入る。可憐なピンクの岩うちわの花がアチコチに咲いていた。
14:30 1680M付近で残雪が見られ丁度テントが二貼できるスペースがあったので残雪を少し整地し熊笹を敷き、6テンとツエルトを張る。周りは森林の中の尾根上で景色は全く見えない。早速、残雪で冷やしたビールで乾杯!キムチやみりん干しを戴く。Hさんが鮭雑炊を作ってくれた。贅沢な一日であった。
19:30就寝 夜中に雨がぱらつく。
5:30起床 曇り ピザパンとソーセージの朝食を作ってくれ、コーヒーを戴く。
リーダーがこれ以上登山続行は無理だと判断され全員の下山を決定する。
7:30 下山開始 顕著な尾根は間違わずに下山できたが途中、先頭に行っていたKさんがもっと、東側なのに西側の尾根を下って行く。Sさんがおかしいと気づく!登り返し、トラバースし隣の尾根に入り赤テープを見つけるとほっとする。
2〜3回ほど尾根を間違え、藪漕ぎの下山の難しさを体験する。(いつもは稜線に突き上げるだけだったので迷うことはなかった)
10:30 登山口の林道に出る。
途中、オオギヤのラーメンを食べて帰路に着く。連休半ばなのに長野道も中央道も意外と渋滞していた。
21:30 大阪着。解散  

s-ga24.jpg

この記事のURL | 合宿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |