2017.08.27 神崎川支流赤坂谷
- 2017/08/30(Wed) -
鈴鹿山系 神崎川支流赤坂谷
参加者 5名

関西には珍しく赤坂谷は明るく白い岩が映えるやさしい谷であった。川幅も広く解放感あふれる優しい容易な場所、沢登り講習にはウッテツケかも知れない。今回の下降路は読図力を試される格好のルートだった。でも久しぶりの鈴鹿の山も六甲の様な赤布に踏み跡、蜘蛛の巣も張っていない尾根、人臭さがあり沢の面白み少し欠けたところだった。

コースタイム
7:50車止め~8:00林道入川口~8;20仙古谷出合~10:00赤坂谷~11:20ナメ~11:50遡行終了660m地点~13:00尾根上で昼食~14:00カラト谷~15:00林道~16:00車止め

s-0155.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.08.20 台高/三之公川 明神谷沢登り
- 2017/08/27(Sun) -
行程:林道終点→登山道→明神滝手前より入渓→二ノ滝→カクシ平谷出合二股を右→馬ノ鞍谷→馬ノ鞍峰(1177.8m)→P1073→カクシ平谷→行宮跡→林道終点

s-zz1.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.08.11-13 東黒沢からナル水沢/谷川岳
- 2017/08/19(Sat) -

群馬県谷川岳 東側 東黒沢からナル水沢より朝日岳、笠ケ岳、白髪門縦走
参加者:5名

天候 二日間とも霧雨が続く状態 時より晴れ間も見えるがすぐに 曇り空になる。ここは利根川上流で湯檜曽川になる。湯檜曽川の支流、東黒沢より入渓。沢の形状 関西ではあまり見られない 東黒沢下部より川幅の広いナメ滝が連続して続く。丸山を乗越して宝川上部 ナル水沢も川幅の狭いナメ滝が続く。明るく開けた沢で 大滝は無く、5m~10mくらいの中滝が多く ほとんど直登できる。2、3回高巻きをするが大きく高巻くことは無くザイル不要、踏み跡明瞭、滝のすぐそばを巻く。魚影は見られず、藪漕ぎは腰位の熊笹登り。しかし、稜線に出ても登山道無し 踏み跡も不明瞭で北の大烏帽子山はほとんど誰も登られていない様子だった。稜線の縦走や下山道も 一度だけ人に出会っただけで 入渓から下山まで ほとんど人に合わなかった。我々の独り占めの山行であった。只、余りにも大阪から遠い沢で仮眠を含め 12時間かかった。

s-z4.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.07.15-17 大武川本谷沢登り/南アルプス
- 2017/08/19(Sat) -
参加者 5名

1日目(晴れ)→大武川のそばにある篠沢大滝キャンプ場近くに駐車。大武川林道を歩く。赤薙沢出合付近から入渓(このすぐ手前で堰堤新設工事)滝ノ沢を越えてから巨石の滝4mが出てくるが、ここは左岸の岩のバンドを空荷で抜け、その上を高巻き。その滝から少し歩いた所にある河原で幕営。

2日目(晴れ)→幕営地からナメ滝をこなすとヒョングリ滝が出てくる。この滝は左を巻く。カラ沢を越えて2段10m滝は右から巻き、その先は踏み跡をトラバース。
次に出てくる横手の滝は登れないので、一旦戻り、右岸を高巻きする。前栗沢、中栗沢出合を通り、奥栗沢手前にある2条6m滝は左から登る。本谷から摩利支天前沢に入り、右岸の支流を高巻き。早く沢に降りすぎ、六町の滝の上部へ。そこにある10mの滝は少し離れた左から高巻きを始め、途中から近付き、落ち口に辿り着く。その上の4m滝は、右の大岩を巻く。この付近で幕営。

3日目(曇り一時小雨)→摩利支天沢を通過したあと、水晶沢に入る右岸にあるガレ場を過ぎてからすぐに高巻き、仙水峠へ。あとは、登山道を使い、北沢峠のバス停に辿り着く。

7月14日2120吹田IC、040テント場(飯田市内)
7月15日920篠沢大滝キャンプ場、1010朴ノ木橋、1120赤薙沢出合、1300滝ノ沢、1350テント場  
7月16日600テント場、620カラ沢、645二段10m、920前栗沢1000中栗沢、1105奥栗沢、1200摩利支天前沢、1515テント場
7月17日530テント場、555水晶沢、700仙水峠、755長衛小屋、845北沢峠


s-ee8.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.08.06 坂内川 中ツ又/奥美濃
- 2017/08/15(Tue) -
参加者:6名
天候:晴れ
ゆっくりとした台風5号の雨風の影響は奥美濃にはまだなく、蒸し暑い晴れた日となる。
今回は緩やかな沢歩きを予定していた為、朝はゆっくりの7:00起床。
「災害工事につきH29/9下旬まで通行止め、夜叉ヶ池登山口まで7km」の看板地点に駐車。
装備を身に付け歩き出すが、蒸し暑いのと、非常に緩いながらも登りの道だった為、汗が噴き出る。道沿いにイチゴを見つけ食べてみるが、残念、酸っぱ苦くて美味しくない。
2km歩いた地点で入渓。水が冷たく、はぁ~と口々に生き返る声。
今回の中ツ又は、滝がない。1~2つ目の堰提は右岸から、3~4つ目の堰提は左岸から巻き、ひたすら河原を歩く。暑いと思ったら、わざと川に足を入れ涼み、自然林の緑に目を癒す。
ゆっくり歩き、休憩の時にはまるで温泉に浸かるがごとく川の中に座って涼み、ゆっくり昼食をとる。昼食後、同じ道を引き返し終了。ほのぼのとした暑気払い沢歩きでした

s-ww2.jpg


この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ