2017.05.03-04 唐松岳
- 2017/06/10(Sat) -
参加者:4名

b-22222.jpg
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.22-23 野伏ヶ岳・薙刀山
- 2017/04/30(Sun) -
両白山地 野伏ヶ岳と薙刀山に登ってきました。
参加者:3名

二日間晴天の中、基本的な雪山歩行、女性のみでテント設営、トイレ作り、テーブルを作る。
急な斜面でのトラバース、登下降、カラビナスルー、滑落停止訓練、弱層テスト、ビーコン発見訓練を実施。
積雪は山頂部で2m

s-2017.04.22-23 野伏、薙刀 081
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.02 大峯山脈 大普賢岳
- 2017/04/05(Wed) -
国道169号線からヒュッテまでの道を心配したが、大した凍結も無く何とか駐車場まで乗り付けることが出来た。 
車を降りたと同時に美しいハスキー犬が我々の周りに纏わりついてきた。 小屋の看板犬でもあり案内犬で有名な犬らしい。 
準備を済ませて季節外れの降雪によって齎された新雪の雪原にトレースを付けて進んで行く。

b-201704051145027f6.jpg

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.03.26 福井/銀杏峰~部子山周回
- 2017/04/05(Wed) -
この山行に参加する前に下調べをして、まず驚いたのは山の読み方。
げなんぽ(銀杏峰)と、へこさん(部子山)、知らないと読めない。
部子山は九頭竜川水系の部子川や真名川の支流の源流の山である。
泰澄が開山したという伝承があり、「越前五山」の一つとされる場合がある。
山頂に継体天皇の妃・目子媛をまつる祠があり、目子ノ岳とよばれたのが部子岳、さらに部子山に変わったという。

b-2017040511183132f.jpg

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.03.18~03.20 両白山地 三方崩山
- 2017/04/04(Tue) -
三方崩山は白山から北に続く主脈上の間名古ノ頭から東に派生する尾根の末端に位置している山。
天正13年の白山噴火の際に山頂部から北東・南東・南西の三方向に赤茶けた大きな崩落地があることが山名の由来である。
昔白山に住んでいた天狗の爪跡によるものであるという伝説もある。

b-20170404111911f4e.jpg

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ