2017.11.19  蓬莱峡 アイゼントレ
蓬莱峡にて初めてのアイゼン岩トレーニング

参加者 11名
今回の岩トレは、雪の季節が近づいてきているので、アイゼン登攀の練習 冬季の登攀を目指しトレーニングに励みました。
天候もよく、練習を行うパーティーが私たち以外にも複数あり かなり賑やかなゲレンデとなっています。
登る場所が無いというほどではありません。

午前中は、大屏風の下降路にて、トップロープにてアイゼン登攀の感覚をつかむ練習でした。
私は、アイゼンでの岩登りは初めての体験です。 “できるのか?”と言う言葉がスタート時に心に浮かんでいました。
最初、アイゼンの前爪にて立ちこむ練習を岩の取り付き部で説明を受けつつ練習です。
アイゼンがしっかり掛っていると、安定して立ち上がる事が出来ます。
薄く爪の先端を掛けた際に、立ち上がるのは“勇気がいるな”と思いました。

トップロープにて各自2~3本登りました。クライミングシューズでの登攀とはだいぶ違った感覚でした。アイゼンをはいている事により、足の動きも制限され、アイゼンのかかりが薄い時は、冷や汗が出てきます。
厳しいルートを登っている方では、アイゼンを滑らせて「ギギー」と滑る音が聞こえてきます。限界点を知る為には、必要な事だそうですが見ているだけでも、“怖いな~“と思いました。

午後からは、大屏風にて、4パーティーに分かれ登攀練習をしました。
私は、初心者2人とリーダーの3人パーティーにて練習させてもらいました。
最初は短めのルートにて午前中の練習を生かしてトライです。
アイゼンをしっかりと掛けられる様に、いつもより足元を注意して行います。
アイゼンをしっかり掛けられる部分を見つけれない時は、少しビビりつつ思い切って
立ち上がります。
少し苦労しつつも登り切り、次は・・・
今までと違い、距離の長いルートを登る事になりました。
今までのルートと違い、ランニングを回収しながら、登ります、クラック部にジャミングしつつ登りますが、アイゼンを掛けるところを見つけられずかなり苦戦、時間をたっぷり使って登り切りました、時間がかかったので疲れてしまいました。
本チャンルートには、まだまだ練習が必要です。

初のアイゼン登攀でした。 新しい技術を覚えられ、学びの多い一日でした。
自分ができない部分を認識でき、自身で課題を持って練習を続けていく必要があるな、
と認識を新たにし頑張る必要があると思いました。
ありがとうございました。

s-oo2.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.08 笹ヶ峰アイゼントレ
参加者:2名

当初4月8~9日の泊まりで企画していた。天気が良くないので、8日の日帰りに変更する。
8:30高島着 少し雨が降っていたので一時間程待機する。ほとんど気にならない位になったので、9:30登山開始。

百瀬川の河原から笹ヶ峰への尾根に上がる。
沢登りの高巻き並みの急斜面である。久しぶりのNさんには、ちょっときつかったかも。
尾根に上がるとなだらかな斜面になる。天気が良ければ琵琶湖とかの展望が良いのであるが、今日は見えない。しかし雨にうたれた新緑の森は美しく、のんびり歩くのは気持ちが良い。
10:45 笹ヶ峰 到着 小休止。12時までは北に向って登る事にする。
残雪も出て来たのでアイゼンを装着して歩く。目の前に結構深い谷が出てくる。時計を見ると丁度12時なので
ここで打ち切りとする。 ほとんど雨は上がっているが、ツェルトを持って来ているので、練習で張る。

温かい昼食を取り下山開始。笹ヶ峰までは登ってきた尾根筋をそのまま戻り、笹ヶ峰からは沢筋を下山する。
14:30下山。 白谷温泉にゆっくり入り、海津大崎にちょっと桜を見に行く。ほとんど蕾だが、ちらほら
咲いている木も。満開の時期は交通規制が有り、車でここまで入って来れない。まあ、この程度で我慢しとこ。

帰路はたいした渋滞もなく19時帰阪。雨の合間に、ちょっとしたトレーニングができました。 

a-333.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.04.23 夜叉ヶ池トレーニング山行
夜叉ヶ池は、福井県南条郡南越前町にある池で龍神伝説が伝えられている。
夜叉ヶ池山と三周ヶ岳との鞍部である標高1099mの稜線直下北西側に位置する。
数十万年前に起きた地滑りによってできた窪地に雨水や周辺の山からの伏流水が溜まり、池になったと考えられている。

b-201704261423412a1.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2017.03.05 金毘羅山クライミング アイゼントレ
京都にある金毘羅山にてアイゼントレが行われました。
参加者7名
北尾根3ピッチ Y懸の頭(懸垂下降・トップロープにて各2~3本) ホワイトチムニー

s-2017.03.05 金比羅山 015
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2016.12.26 金毘羅山でアイゼントレ
参加者 3名
今日は平日月曜日!朝6時台の電車は結構なにぎわい。ザックに注ぐ視線が痛く感じるのは気のせいか?
宝塚の蓬莱峡といい、会に入らずして知る由もない場所。金毘羅山はどんな岩場なのか、アルパインクライミングの練習場として古くから登られている岩場の様だが、Mさんも私も初めてなのでワクワクしている。

8:00出町柳駅で集合。金毘羅山近くは駐車不可の為、寂光院近くの駐車場へ駐車。
R367沿いに歩き江文神社の林道を歩く。取り付き場は、江文神社の奥に位置している。
アイゼン岩トレ初の2人。まずはアイゼンでの岩の登り方(前爪をキッチリかけ踵は落とし気味に。
丁寧に一つ一つ選びながら登る)を教えて頂き、少し登っては降りるを2回周して感覚を養う。
10:00、1ルート目はY懸尾根の取り付きからの2ピッチ。Oさんが登りロープをFIX。私がプルージック、Mさんがスタカット(隔時登攀)で登る。12:00北尾根とのジャンクションに出る。北尾根取り付きまで、ピッケルを利用しながら下る。落ち葉の下に石、岩、木の根等がある為、引っかけ無い様に注意必要でどっと汗が出る。次は北尾根3ピッチをスタカット(隔時登攀)で登る。1ピッチ目、登り始めの所がちょっと大股となり力技で上がってしまう。2ピッチ目、ロープの掛け替えをするタイミングを失敗。安定した足の置き場を探りに行きつ戻りつ停滞しつつと、時間をかけてしまう。3ピッチ目、正面から登りたい気持ち優先で動くも少し被っている状態に2ピッチ目の停滞が頭に浮かび、無理は止め少し左のルートに変えるが、また右に取り戻して正面から動くので、ちょっと頑張っても良かったかもしれない。登り終えた場所からの景色、高度感があり爽快。14:00ジャンクションに戻る。既に2時間経過しているが感覚がない。最終ルート、Y懸の頭への2ピッチ。最初同様、ロープをOさんがFIX、私はプルージック、Mさんはスタカットで登り、Y懸の頭から遠く京都の町並みを見納め、ピッケルを使いながら、カルピス、ホワイトチムニー等と名付けられた岩を左目に見ながら下山。

Mさんが「今日一日で経験値が上がった」といみじくも言っておりましたが、まだまだだなぁと感じつつも
半歩ずつでも前へ進んでいる様な気持ちになり、次への糧となりました。

当会のブログ訪問ありがとう御座います。2016年も山遊楽会は安全登山に努めて参りました。
2017年も引き続き宜しくお願い致します。

s12-0002.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ