2014.01.19 地蔵峠/比良 ラッセル訓練
参加メンバー:4名
前夜0:00ごろ テン場着。
高速を降りてから、吹雪いてきて運転が大変だったと思います。どうにか、屋根付きの休憩所に到着し、テント設営。
2時ぐらいまで宴会して、就寝。

19日
6:30ごろ 起床。
昨夜、ずっと雪が降っていたため、朝も降っていたら中止しようかと話していたが、一旦止んでいたため決行。
朝食を食べて、国道沿いを南下する。横谷林道に入ると、除雪車が入っていないため雪が一層深くなり、まだ林道なのに、めげそうになりました。登山道に入ると、誰の踏み跡もない新雪。まっさらな雪に足を踏み入れるのが楽しかったのは、最初のちょっとだけ。すぐにひざぐらいまではまってしまうので体力を使いました。

天気は、雪が降ったり止んだり。肝心のラッセルはひざ下までなら、なんとか進んでいける気がするのですが、ひざ上まではまるとほとんど進んでいる気がしませんでした。「とりあえずあの木があるところまでは進むぞ」と言い聞かせながら行ったのですが、ほとんど進んでいなかったと思います・・・。
当初は地蔵峠~地蔵岳~釣瓶岳のルートを予定していたのですが、雪が深かったため、12時まで進めるところまで進もうということになりました。お昼頃に、斜面で滑落停止訓練をしようと思って4人で滑り台を作りましたが、結局新雪のためほとんど止まらず、雪が更に深いところでラッセルの訓練をしました。その後、ツエルトを被って温かいご飯をいただき、下山。
結局アイゼンは一度も履かず、今日はラッセル訓練だけだったなぁと思いながら帰っていると、林道のガードレールで「ショートカットになるから、ここから懸垂します」ガードレール下の垂直の壁。
夏以来の懸垂下降だったため、できるのか不安だったのですが、リーダーさんがしっかり確保してくれたので、どうにか降りることができました。再び登山道に戻って、国道に戻りバス停で着替えて帰阪。

今回は雪が深いと全然進まないこととツエルトの暖かさを体感しました。改めてラッセルってしんどかったです。
個人的には、軽いザックでもこれだけ進まなかったので、やっぱり体力をつけないといけないなと再認識しました。あと、今回は久しぶりに懸垂下降をしましたが、どうにかおりれてよかったです。
s-14.1.19 0011
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ