2014.02.23 蛇谷ヶ峰
- 2014/02/25(Tue) -
温泉にも入れる初級の雪山という事で比良の蛇谷ヶ峰に登る事にする。大阪を出発、湖西道路を降りセブンイレブンは潰れたのでローソンで買い物をして、てんくうに到着。広い駐車スペースがあるが、停めてある車は少ない。出発して数分歩くとそこそこ積雪が出てきたのでスノーシューを装着する。てんくう側から登る人は少ないのかトレースも余りない。一時間ほど歩くと413mの分岐点に差し掛かるがここからはトレースがはっきり付いており、他の登山者も見られるようになる。天気も良く、気持ち良く高度を上げていく。もう春はそこまで来ている感じ。稜線に出て、少し歩くと琵琶湖が見え出す。ちょうど12時に山頂到着。広々していて大変展望が良い。記念撮影して少しだけ下る。人の歩いていない、ふかふかの新雪を少し楽しむ。今シーズン最後のスノーシューか?
昼食後一時間弱、簡単に雪上訓練をする。肩絡み確保、スタンディングアックスビレイ、コンテを一応練習する。下山時、二人はアイゼンを装着。私は邪魔くさいので無し。15時に下山するが、朝はガラガラだった広い駐車場が満車状態になっており驚く。みんなお風呂に入りに来たのだろうか? やはりお風呂は15分待ちで、入ったとしても大混雑だろうとの事で、てんくうは諦める。しかし、お姉さん方はどうしても温泉に入りたいようで、必死に検索している。比良トピアというのを見つけて、少し遠回りになるが行くことにする。朝、帰りに朽木の道の駅に寄ってね、と言われてたのを忘れて通り過ぎる。しかし安曇川の道の駅に寄れて事なきを得る。比良トピアで入浴。さっぱりして帰阪。近づく春を感じられた、楽しい雪山登山でした。
s-ja17.jpg
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ