2015.03.21-22 天狗岳/北八ヶ岳
- 2015/03/27(Fri) -
北八ヶ岳・天狗岳 (積雪期登頂)
[日程]2015年3月21日(土) ~ 2015年3月22日(日) 
[参加]女性3名
[行程]3月21日(土) 
大阪市内6:30 → 茅野→ 12:05 渋の湯 12:40→15:00黒百合平(黒百合ヒュッテ泊)

3月22日(日) 
5:00起床 黒百合平6:15 →(中山峠)→ 7:30 東天狗岳7:40 → 8:00 西天狗岳 8:30
    →(天狗の奥庭) → 9:35 黒百合平 10:00 → 11:00 渋の湯 11:50 → 12:30茅野 →
    (入浴・食事)→ 21:30 大阪市内・解散
      

[報告]
天狗岳は八ヶ岳主稜線のほぼ中央に位置し、東天狗岳・西天狗岳からなる双耳峰の北八ヶ岳の最高峰である。 山遊楽会に入会して初めての厳冬期テント泊で訪れた楽しい思い出のある天狗岳に、今回は少し贅沢をして山小屋泊で訪れた。

3月21日朝6時30分にて大阪を出発。茅野駅まで車で移動するが、登山口までの道路が凍結している可能性があるため、タクシーに乗り換え渋の湯へ向かう。
渋の湯の駐車場前で衣服調整、昼食代わりに行動食をとり出発。 合宿では最初からアイゼンを装着したが、今回は雪も少なめなのでナシで登ってみる。 登山口からしばらくは、踏み固まった道がところどころ凍結していてツルツル滑ったが、そのうちに雪が増えてきて歩き易くなった。 午後から登る人は少ないようで、木漏れ日の差すシラビソの美しい森を堪能して歩いた。 八方台分岐、唐沢鉱泉分岐を過ぎて傾斜が緩んだあたりで見覚えのある台地が見えた。 時計の高度を確認してみると2143m、合宿時のビバーク地である。 先輩に教えてもらいながら雪を均してテント設営、トイレの建設、飲料用の雪集めをしたことを思い出した。 前回の記録では、ここまで2時間半以上を要している。 今日より一生懸命歩いた覚えがあたったが、荷物が重かったにしても随分とスローペースだったらしい。 健脚な先輩方は何も言わず合わせて歩いて下さっていたのだと今更だが有り難く思った。
懐かしい合宿の話しをしながら小一時間ほどで黒百合平(2410m)へ到着。
山小屋泊は、受付で代金を支払ってしまうともうすることがない。 あまり運動していないのでお腹も減っていなかっが、イチゴを持参したので小屋で注文したホットワインと一緒に食べた。 小屋の宿泊客はフレンドリーな方が多いようで、隣のおじさんから持参したピスタチオとウイスキーを物々交換しようと提案があった。 ちょうどホットワインのおかわりをしようか思案していたところだったので有り難く交換させて頂く。 色んな山の話をしながら一緒にウイスキーを飲み、コップが空くと注ぎ足して下さる大変気前の良い方だった。
満腹にもかかわらず案内されるまま夕食を食べ、暖かい薪ストーブのある居間で寛いで過ごした。
食後の運動に小屋の外を散歩し、満点の星空を鑑賞。午後8時就寝。

3月22日朝5時起床。一晩中自宅にいるような暖かい室温で熟睡できたのには驚いた。
5時半に朝食を頂き、身支度をして外へ出る。気温-7℃、ガスが出ていて視界はあまり良くなかった。アイゼンを装着し6時15分東天狗岳を目指して出発。
中山峠(2415m)を過ぎ、稜線に出ると風がとても強かった。 先週の横岳縦走路の強風が風速12m程度とTさんに教えてもらっていたことから、体感で風速6~7mぐらいだろうと推測。周りの針葉樹に真新しい霧氷が付いて綺麗だった。 このあたりは左が崖で視界が開けるところだが、相変わらずのガスで高度感も眺望もない。 森林限界を過ぎて傾斜が増したあたりで前方の登山者に追いついた。1組はダブルストックで横向きに登っている2人、もう一組は若いカップルでピッケルは持っているが四つん這いで登っている。所々岩がむき出しになっているところを避けて右へ左へと不思議な登り方をしていた。
すり鉢池との分岐のあたりからはさらに急登となり、雪も少なく岩とのミックス帯となった。
天狗の鼻は岩峰を右から巻くようにトレースが付いていたが、岩好きのTuさんと一緒に少しだけ登ってみた。岩峰上部の岩の雪は氷となっており、ピッケルがよく刺さり楽しかった。 小さな達成感を得て笑顔で見守るTaさんと合流、3人揃って東天狗岳(2640m)登頂。
山頂は相変わらずガスで眺望がない。 次に目指す西天狗岳までは直線距離300m程度だが姿は見えず。 少々残念な気持ちでペンキ印を頼りながら20分ほど登り、西天狗岳(2646m)に到着。
すると突然ガスが東へ流れはじめ、南北に走る稜線と諏訪方面の景色が目前に現れた。八ヶ岳へ訪れるのは今回で6度目なので記憶力に自信の無い私でもさすがに山の形は覚えている。 南は阿弥陀岳から北は蓼科山、霧ヶ峰方面まで見渡すことができた。 特に先週登った横岳付近の鋸の歯のような稜線を見られたのは嬉しかった。
振り返ると、先ほどまで不明瞭だった東天狗岳の頂も見えている。標高では西天狗岳に劣るが、なだらかな北八ヶ岳にしては鋭く尖った山容で恰好が良い。 私は冬しか来たことがないが、東天狗岳は荒々しい赤茶の岩稜帯であることから「赤天狗」、そしてハエマツに覆われている西天狗岳を「青天狗」と呼ぶらしい。 今年は夏に初級登山講習会で山行予定があるので、確認のため是非参加したいと思う。

下山は光の差す東天狗西斜面の霧氷の林をトラバースしながら下った。東側の崖の向こうに、登りでは見えなかった稲子岳の垂壁が見えた。順調に中山峠の手前まで下ってきた。時間に余裕があったので先輩お二方のご厚意で天狗の奥庭へ立寄ることになった。 合宿参加時に地図でスリバチ池を見てからずっと気になっており、昨日からしつこくスリバチ池の話をしていた(ねばり勝ちである)。
天狗の奥庭は、奇石と背の低い針葉樹にスリバチ池を配し、雪の風紋が禅寺の枯山水の砂紋のようで大変美しかった。 昨年行った北鎌尾根にある天狗の腰掛、そして槍ヶ岳から中岳の縦走路の東斜面にある天狗原など、天狗と付く地名は観賞価値の高い場所が多いようだ。
もっと留まって眺めていたかったが、そろそろバスの時間が気になる。 後ろ髪を引かれる思いで黒百合平へと戻り、小休憩の後渋の湯へ下山。バスで茅野市へ戻り車で帰阪の途についた。
今回はゆとりある行程で、憧れの黒百合ヒュッテにも泊まることができ大満足な山旅だった。

2週続けての八ヶ岳。石尊稜に鍛えられ、天狗岳に癒され、今年の冬も大変お世話になってしまった。これからまた一年経験を積んで来年の冬もお邪魔したいと思う。
s-2015.3.21-22 天狗岳 366





            
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ