2015.04.18 金剛山妙見谷アイゼントレ
2015.04.18  金剛山妙見谷アイゼントレ報告

<行程>
 10:30 駐車場 - ゲート- 妙見谷- 妙見滝- 懸垂練習-12:30昼食
  - 二俣- 15:00 金剛山山頂 -カトラ谷 -16:30 駐車場  

<参加者> 3名
 
<山行について>
土曜日なので小所帯のアイゼントレでした。朝から一日中文句無しのお天気でした。ひさびさのお天気のあまり心身が適応できず、うっかり間抜けたスタートになりました。私は変な路線で来て遅刻したし、Fさんは道を間違えて2回もUターンしたし、Mさんも水を忘れたし、極めつけに私が貴重品ぜんぶとお昼を忘れものしました。さてゲートに向かう道からMさんの花々ガイドが始まりました。紹介してくださるのは驚くほどほど小さな花々です。ゲートの先の林道は頻繁に木々が倒れていたりところどころ荒れていました。妙見滝を始まりに、高さ数メートル程の小さな滝がつづいていました。鮮やかな緑と鳥の鳴き声が気持ちよくうららかです。だんだん私でも花が目に留まるようになり、探すのが楽しくなり始めました。良いポイントが有り、行程は遅れていましたが、懸垂に不安がある私のため懸垂練習をさせてくださいました。エイト環をカラビナ2個使って落とさないようにするとか、視線は降りる側の足元をしっかり見て足を置く場所を選ぶとか、横に触れやすいところは左右に足をふんばるとか、だいたいのポイントを忘れていました。私ひとりに先生が二人見てくださり恵まれた練習でした。そこでお昼をとり、二俣を目指して進みました。だんだん水量が減って、また登るにつれ日陰でなくなり暑くなりました。本物の二俣がようやく現れ、水場を見つけました。少し藪々したあたりに源流地点があり、そこの辺りはまた花々が頻繁に見つかりました。一般道と合流して金剛山の山頂につきました。まずまず遅すぎない時間に到着できた結果だったとのことでした。金剛山には千とか万とかいう回数も登った方々がずらり掲示されていました。休憩してから、カトラ谷を降りはじめました。Mさんは、時間が有ればかたくりの花が沢山咲いている場所を見たかったと心残りの様子でした。Mさんがもうひとつ楽しみにしていた場所はニリンソウの花畑で、それはすぐに現れました。残念ながら花がまだ咲くにはもう一歩早すぎたようでした。しかしニリンソウの緑がびっしり絨毯のように広がっている光景は壮観で、三人ともども心奪われました。登りも下りも沢山いろんな花に出会えて楽しい行程でしたが、この緑の絨毯は別段の感動体験でした。16時半頃駐車場に降りました。この一日で、花を楽しむ山屋さんの目線を少し学び取ることが出来ました。

s-IMGP1492.jpg
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ