2015.12.27 藤内沢アイゼントレ/御在所
- 2015/12/30(Wed) -
参加者:4名

12/26 21:00大阪集合→23:30御在所駐車場着→25:00就寝
※冬用テント利用した事がない女子のために冬用で設営。形状や換気等レクチャーあり
 
12/27 
藤内沢は人気のスポットという事。4:30に起床し、5:00にテン場にした駐車場を後にし、下山する中道を降りてきてすぐの駐車場に駐車をしなおす。小雨が降ってきた中、ヘッドランプ、シェルやザックカバーを装着し裏道登山口へ歩行開始。
5:30裏道登山口に到着。小雨はみぞれ交じりに。暗がりの中、木の橋、七の渡しから、四の渡しを経て藤内小屋へ向かう。6:25藤内小屋到着。小屋前で朝食を取り、6:40に出発。
うさぎの耳、藤内壁出合を経て進んで行く中で、雨は雪に変わり、足元にちょこちょこ積り始めます。7:45、ハーネス、アイゼン、ヘルメットを装着。
アイゼンを付けたら丁寧に歯が効いているのを感じて歩くこと!とリーダーの説明があり、用意が出来たタイミングで、近くの岩にお試し登り。リーダーが皆の状態を見届けた後、歩き始めます。要所要所で山の形状に合わせて「ルンゼって分かる?急峻な岩の溝」、「インゼルって分かる?真ん中が島みたいにポコッとなってて、いったん別れてまた合流する形状」と教えて頂く。岩の危険個所や死亡事故が起きた所はザイルを利用し3ルンゼを進んで行く。
少し広くなった場所で10:00に休憩。この頃には雪が3センチ程度積りすっかり雪の風情。後から来た他のパーティ2組を見送った後、出発。途中にはつららも沢山出来始めています。雪を払ってちゃんと足の置き場を見て登る事!と指導頂きながら、11:10、もっと寒くなったら氷瀑になる鎧岩に到着。少し休憩ののち、左端から冷たく強い風が吹く中を、前尾根の姿を横に見つつ、登ってゆくと、遊歩道へ。11:45ロプウェイ山上公園駅到着。
風をよけた場所のデッキで昼食&お手洗いタイム。12:30中道での下山開始。雪も6~8センチ程度になり、完全に雪景色。途中まではアイゼンを付け、雪が少なくなる最後の大きな岩場でアイゼンを外し小休憩。雪が降っていたのが嘘の様に、晴れ間の景色が顔を覗かせ始めます。その後は下山を進み、14:10に下り終え、14:15に駐車場着。

思いいがけなく降った雪で、雪があるアイゼントレーニングが出来ました。寒くなると湿ったザイルが凍りつき結びにくくなる事なども体感でき良い経験となりました。雪景色の中の岩がそそり立つ御在所は、夏とはまた違った清廉とした雰囲気で素敵な山でした。

s-⑳集合写真
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ