12/11 サカサマ谷アイゼントレーニング/比良
比良山系 サカサマ谷にてアイゼントレーニングが行われました。
参加者9名 思いがけない積雪にびっくりする。登山口より積雪あり

平集落の国道沿いから入渓、(入渓地点から積雪あり)一端右岸の林道に上がり採石場跡地を過ぎ再度入渓。しばらくは沢実を遡行するが、倒木が多く行く手を阻む。右岸の植林地帯に上がり沢に沿って登る。積雪15センチ程、意外に圧雪されブッシュ倒木も容易に避けられ歩ける。倒木の切れ間に再々入渓右岸左岸に巻きながら遡行。二俣を左に取り5メートル滝をザイルを出し登攀。沢実はブッシュに覆われだし右岸の斜面を沢に沿ってラッセル登高。涸れ沢になると沢に降り最終の詰めまで左俣を登る。いつもなら最後は藪漕ぎだが、容易にラッセルで小女郎池に着く。12時過ぎ池の標識横でお昼の一本。沢の途中では、日差しがあったが、曇って雪がちらつく。13時過ぎ縦走に出て南下する。ホッケ山、権現山と小さなアップダウンの後、アラキ峠経由で下山。車止めに15時過ぎ到着終了。
s-画像 033


入渓場所から既に雪
s-画像 007


アイゼンを付け小滝を乗り越えていく 安全の為 ザイルで確保
s-画像 008


s-画像 010


トレーニングをするのに丁度いい場所でした。
s-画像 022


景色も抜群
s-画像 049


森のモンスター達
s-画像 054


滝での登攀練習を終え 稜線へ
12月の比良とは思えない積雪の量だ
s-画像 064


小女郎池に突き上げた 池は凍っていて神秘的だった
s-画像 070


集合写真
s-画像 076


下山は権現山への縦走路 時折天気が回復 眼下に琵琶湖を望む快適な下山だった。
s-画像 081

あとがき
この時期のアイゼントレはガレ場をアイゼンを付けて歩き回る練習だが 思わぬ積雪で実際に近い練習も出来
周りの景観もよく 快適な練習となりました。
この記事のURL | アイゼントレ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<12/29-01 冬山合宿in八ヶ岳 | メイン | 12/04 岩トレ(槙尾山)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/127-b400f79a
| メイン |