12/29-01 冬山合宿in八ヶ岳
こんにちは~ブログ担当の新之助です!
今年も冬山合宿に参加させて頂きました 生憎仕事の都合で皆さんとは一日遅れの入山になりましたが
とても素晴らしい景色に出会え感動いたしました。
先発隊は 29日入山、30日阿弥陀岳北稜登攀。
31日は全員で赤岳周辺を縦走しました。 今年の年末年始は終始天候に恵まれ風も穏やか 初めて冬山合宿に参加された新人さんも含め安全登山が出来ました。
s-画像 121
先発隊からの映像です。
阿弥陀北稜の登り
s-画像 011


北稜取付きから富士を望む
s-画像 012


北稜2ピッチ目ナイフリッジ
s-画像 014

s-画像 015


阿弥陀岳山頂
s-画像 020


では、後発隊から・・・
30日美濃戸口から入山、赤岳山荘から南沢を経て行者小屋に至る 今回は雪もかなり少なく途中アイゼンも装着する事なく正午に到着、カラフルなテントに混じり晴天の中、阿弥陀岳、赤岳が眩しく見えた。
s-画像 028


行者小屋から大同心、小同心
s-画像 031


主峰 赤岳のアップ
s-画像 032


少し早く着いたので小屋前でまったりコーヒーを飲んだりして 先発隊、阿弥陀北稜登攀組の帰りを待ってからテント設営に入った。本日のメインディシュはクリームシチュー。全員でテント内で食べる夕食&酒盛りもまた 登山の楽しみだ!

31日大晦日。
登攀の予定もあったのだが 初心者も居る事だしリーダーの判断で縦走となりました。
行者小屋~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~赤岳展望荘~行者小屋。
赤岳鉱泉から樹林帯を抜け 赤岩の頭から展望が広がる。
s-画像 055


硫黄岳はもうすぐ
s-画像 083


山頂は風も少なくとても穏やか 曝裂火口壁を望む
s-画像 088


ここから縦走路だ、一旦 硫黄岳山荘まで下る。
s-画像 091


太陽がキラキラしていた
s-画像 105


富士山が顔を出す、すそ野まで見えたりして感動♪
s-画像 112


横岳周辺、岩峰が続く 通称カニの横ばい? 慎重に歩く
s-画像 118


随分、赤岳が近くなってきた、縦走はまだまだ続く
s-画像 125


風が少ないので 風裏に入ればごらんの通り 稜線上でもゆっくりと昼食が取れた。
s-画像 129


歩いていて ほんと気持ちがいい。
s-画像 135


リーダーが道をわざと外して・・・ こんな練習も時には必要だ!
s-画像 138


この辺りは梯子も多い。
s-画像 147


そんなこんなで ゆっくり歩いてたらタイムオーバーになってしまいました。予定では赤岳までは登るつもりでしたが夜になってしまいそうなので 地蔵尾根を早々に下りました、なんといっても今晩は大晦日♪
チゲ鍋で乾杯!


元旦。
全員で南沢を下る
s-画像 156


途中、沢が凍っていたので ここでも練習。アイスクライミング
s-画像 164


と・・・言う事で無事 下山となりました。
皆様ありがとう御座いました。

合宿の写真こちらで見れます! 
写真集のボタンをプチッと押してみてね
冬山合宿 写真集

この記事のURL | 雪山 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<01/08-09 芦生/小野村割岳スノーシュー | メイン | 12/11 サカサマ谷アイゼントレーニング/比良>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/07 13:04  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/128-4572f103
| メイン |