08/11-14 湯俣温泉からワリモ沢を経て鷲羽岳/沢登り
湯俣温泉からワリモ沢 鷲羽岳2924M 裏銀座から竹村新道湯俣温泉  

今回の沢登りは4日間のうち2日晴れ2日雨で沢登り自体は 実は初日のみで 二日目からは3段50Mの大滝の高巻きで元の沢に戻れず、藪こぎの連続で疲れ果て鷲羽岳直下の丘陵帯に出て一昼夜を明かす3日目は丘陵帯から雨とガスの中を北へ雪渓を二度横切り 岩稜帯の尾根も張り出した枝を掴みながらトラバースし 雪渓とガレ場の間をハンマーでもってステップを切り 攀じ登りガスの中ようやく登山道に出る。空荷で鷲羽岳をピストンし ザックを担ぎなおし、その足で水晶小屋まで行くが天気が悪いので水晶岳はあきらめ 裏銀座通り真砂岳分岐より竹村新道に入る。と、素晴らしいお花畑に全員が見とれ、雨のうっとおしさと疲れを吹き飛ばしてくれた。また、今夜の水を取るため、尾根から少し下り雪渓の滴る水をかき集める。30分で8L。 南真砂岳と湯俣岳の鞍部にて一張りできるスペースでテントを張るが一晩中どしゃぶりの雨であった。SE氏溝を掘りうまく雨水を逃がしてくれた。4日目は雨の中 非常に滑りやすい急勾配の下山道を木の根っこを掴み、トラロープを握り慎重に下り湯俣温泉にようやくの思いでたどり着く。
s-12.8.11 024


s-P8110008.jpg


s-P8110009.jpg


s-P8110017.jpg


s-P8110025.jpg

s-12.8.11 058



s-P8120062.jpg


s-12.8.11 063


s-12.8.11 043


s-12.8.11 078


s-12.8.11 100


s-12.8.11 116


s-P8120084.jpg


s-P8130107.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<08/26 神童子谷遡行/大峰 | メイン | 08/11-13 剣山・淡路島観光/四国>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/163-6fd39201
| メイン |