08/11-14 湯俣温泉からワリモ沢を経て鷲羽岳/沢登り

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



湯俣温泉からワリモ沢 鷲羽岳2924M 裏銀座から竹村新道湯俣温泉  

今回の沢登りは4日間のうち2日晴れ2日雨で沢登り自体は 実は初日のみで 二日目からは3段50Mの大滝の高巻きで元の沢に戻れず、藪こぎの連続で疲れ果て鷲羽岳直下の丘陵帯に出て一昼夜を明かす3日目は丘陵帯から雨とガスの中を北へ雪渓を二度横切り 岩稜帯の尾根も張り出した枝を掴みながらトラバースし 雪渓とガレ場の間をハンマーでもってステップを切り 攀じ登りガスの中ようやく登山道に出る。空荷で鷲羽岳をピストンし ザックを担ぎなおし、その足で水晶小屋まで行くが天気が悪いので水晶岳はあきらめ 裏銀座通り真砂岳分岐より竹村新道に入る。と、素晴らしいお花畑に全員が見とれ、雨のうっとおしさと疲れを吹き飛ばしてくれた。また、今夜の水を取るため、尾根から少し下り雪渓の滴る水をかき集める。30分で8L。 南真砂岳と湯俣岳の鞍部にて一張りできるスペースでテントを張るが一晩中どしゃぶりの雨であった。SE氏溝を掘りうまく雨水を逃がしてくれた。4日目は雨の中 非常に滑りやすい急勾配の下山道を木の根っこを掴み、トラロープを握り慎重に下り湯俣温泉にようやくの思いでたどり着く。
s-12.8.11 024


s-P8110008.jpg


s-P8110009.jpg


s-P8110017.jpg


s-P8110025.jpg

s-12.8.11 058



s-P8120062.jpg


s-12.8.11 063


s-12.8.11 043


s-12.8.11 078


s-12.8.11 100


s-12.8.11 116


s-P8120084.jpg


s-P8130107.jpg
Category: ハイキング
Published on: Fri,  24 2012 01:23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment