2012.09.08-09 北岳バットレス 第四尾根登攀

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



前回7月に下部岩壁の取り付きまで行きましたが悪天候の為、撤退となり今回はそのリベンジです。

09/08 曇り 5:00芦安~6:00広河原~8:00二俣~10:00下部岩壁~13:40四尾根取り付き~ビバーグ地

09/09 快晴 6:00四尾根取り付き~10:00登攀終了~11:00北岳山頂~13:50広河原~15:00芦安

バットレス四尾根自体はそんなに難しいルートではありませんが 全体を通し高感度のある場所が多いためにプラス1級のグレードになりそうな感じでした。この日は天気晴天で雲海と富士山の大パノラマを見ながらのクライミングは格別のものとなりました。

崩落後の新ルート2ピッチ、枯れ木のテラスからトラバースルートはピンが2本打ってあり両側がスパート切れており難しくはないのですが登りだしは根性はいります。1ピン目を取るまでが核心と思われます。
城塞ハングはザックが多少引っかかりますが思い切って登るとホールドもしっかりしておりピンも連打されているのでA0を使えば登れます、終了点はハイマツの木で取りました。
s-画像 078



二俣付近の雪渓
s-画像 012


バットレスへの取り付きの目印の岩
s-画像 016


C沢とバットレス沢の尾根を行くと、bガリー大滝が見えてきます。
s-画像 019


bガリー大滝 明確なクラックを登る
s-画像 021


手返しを早くするためにシングルロープで登る
s-画像 022


ガレガレの横断バンド
s-画像 023


Cガリー下部リッジルートを登攀せずに岩溝からルンゼに入り四尾根取付に取り付く
s-画像 028


取り付きから歩いて来た道を振り返る
s-画像 031



明日の方が天気がいい、一旦100mクライムダウンをしてビバーグした。
s-画像 035


09/09 快晴
朝日が上がる
s-画像 039


雲海と裾野まで見える富士山が圧巻であった。
s-画像 042


富士山拡大
s-画像 044


6時、登攀開始
s-画像 053


2p目の左リッジルートを登じるHさん 正面にピラミッドピークが見える
s-画像 056


岩壁から富士山
s-画像 059


出だし5m垂壁に取り付く ここから先マッチ箱ピークまで切り立ったリッジが続く
s-画像 062


マッチ箱のピークより懸垂下降
s-画像 067


懸垂下降場より1P登り振り返る
s-画像 068


マッチ箱のピーク この上から懸垂下降する
s-画像 071


綺麗な雲海が我々を後押しする
s-画像 072


枯れ木のテラスまでザイルを伸ばす
s-画像 073


トラバースルート
s-画像 076


最後は城塞ハングルートを乗り越し 11時北岳山頂で記念撮影
s-画像 084


八本歯ルートで下山する 途中北岳山荘が綺麗見えた
s-画像 093


山頂から一気に広河原まで下る、15時芦安まで戻り帰阪となる。 以上



Category: クライミング(岩登り)
Published on: Wed,  12 2012 01:44
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment