2012.10.07-08 小同心クラック登攀/八ヶ岳

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



心地よい秋風吹く中、八ヶ岳の小同心クラックへ岩登りに行ってきました。
天気は快晴、紅葉の中の岩登りは快適そのものでした。
s-画像 161

10/07 早朝、大阪を出発、お昼に美濃戸口に着く。既に駐車場は満杯、路肩まで車が溢れていた、
赤岳山荘への林道は満車の為にゲートが締められている。ダメ元で美濃戸口から赤岳山荘に電話を入れる。
「今から行って車は止めれますか?」の質問に「大丈夫です」と返事が帰ってくる。これはラッキー!すぐに車を赤岳山荘まで回した。(これで林道歩き1時間が回避できた)
赤岳山荘から2時間歩いて赤岳鉱泉に着いた、見上げれば紅葉の中、大同心と明日登る小同心が鮮やかに見え感動する。
s-画像 022


いいローケーションの中テントを設営。
s-画像 024


日が落ちてくると寒くなってきた、テントの中でご馳走を頂く。
具沢山のペペロンチーノ
s-画像 041


サラダにトマト、オニオンスープ、焼きおにぎり・・・・最大のメインは焼肉と、とても豪勢な夕食となりました。
s-画像 043


10/08 3時30分起床、4時30分行動開始、大同心稜を登っていきます。
後方を見れば北アルプスが一望 雲海の中、日が上がって行きます。
s-画像 059


登りだして1時間半、大同心の基部まで来る。
s-画像 074


赤岳、阿弥陀岳と紅葉が素晴らしい。
s-画像 088


大同心の基部から一旦ルンゼへ下りトラバースしていく。
s-画像 092


小同心の取り付き。
s-画像 100


登攀中はあまり写真は取れない・・・
ルンゼルートを登るKさん
s-画像 143


小同心の頭 このテッペンへ登る、とても爽快なルートである。
通常ならここまで3ピッチで登れるのだが、我々は少し細かくピッチを切り、5ピッチで頭に突き上げた。
s-画像 158


小同心の頭からコンテで進み、最終ピッチは横岳の山頂に突き上げる感動的なルートである。
最終ピッチは姫に任せ、リードしてもらう。
s-画像 157


山頂
s-画像 103



そして横岳山頂、ここで記念撮影をし硫黄岳経由で下山した。
美濃戸山荘でカモシカに出会い気持ちのいい下山となった。
s-画像 124

Category: クライミング(岩登り)
Published on: Tue,  09 2012 23:28
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment