2013.05.03-06 剱岳北方稜線/僧ヶ岳からサンナビキ山

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



本来なら僧ヶ岳よりサンナビキを超え毛勝三山縦走の予定でしたが、難路に苦しみ、稜線のアップダウンにも苦しみ、急な雪壁、軟雪の踏み抜き、おまけにアイゼンの裏に雪が団子に付着して歩きにくく、時間的な問題、天候の問題、次工程の問題、危険回避によりサンナビキ山手前で撤退となる。
s-画像 157


県道三箇吉島線の通行止め手前より7.4キロの長い林道歩きが始まる
s-画像 013


s-画像 017


僧ヶ岳登山口
s-画像 020


いきなり急登が始まる
s-画像 022


途中から見える景色が幻想的だった。
s-画像 027


標高1200mから新雪が現れる
s-画像 031


本日の標高差1500mはキツイ。景色を堪能しながらゆっくり登る。
s-画像 036


日本海が見えてきた
s-画像 039


新雪の稜線は綺麗だ。
s-画像 041


僧ヶ岳手前で幕営する。
s-画像 048


二日目
今から行く稜線上に日が昇る
s-画像 049


s-画像 052


駒ヶ岳にて 360度の大パノラマ
s-画像 071


雪庇に注意
s-画像 078


なんだ?動物のトレース
s-画像 081


大きな足跡、熊だった。
s-画像 083


まだまだ続く左の矢印がサンナビキ山、右が毛勝山。まだまだ果てしなく遠い。
s-画像 097


悪路が続く
s-画像 098


s-画像 099


s-画像 101


s-画像 104


サンナビキ山、手前まで来た所で天候が悪くなる。このまま突っ込むか悩む。
恐らくこれを超えるのは2時間ほどかかりそうだった、天候と時間的な問題で危険を回避をして撤退となる。
矢印が予定されるルート。
s-画像 107


少し下り、本日の幕営地。
s-画像 112


三日目 快晴 皮肉にも晴天である。
後方に毛勝三山が綺麗。
s-画像 116


奥に剱岳
s-画像 117


駒ヶ岳に向けて帰る。
s-画像 128


大パノラマ
s-画像 132


s-画像 138


s-画像 143


s-画像 149


来た道を振り返る
s-画像 155


再び僧ヶ岳を超え、標高1300mで最後の幕営、気温が高く 雪のテーブルで宴会。
s-画像 180


夕日が沈む
s-画像 192


s-画像 204

四日目
あとは駐車地点に戻るだけ
イワウチワ
s-画像 212


キクザキイチゲ
s-画像 228


カタクリ
s-画像 230

目標は完成出来なかったが気持ちのいい春山山行でした。
Category: 雪山
Published on: Mon,  06 2013 21:23
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment