2013.05.26 岐阜奥美濃 神又谷支流/沢登り
5/25(土)
21:00茨木駅集合 ⇒名神⇒北陸道⇒木之本下車⇒R303⇒23:20バイクラ
ンド着(泊)1:15就寝

5/26(日)晴
6:00起床⇒坂内川の神又谷出合いに駐車(520m)
7:10出発、神又谷の堰堤を左岸から越えて少し進んだあとに沢を右岸に渡って
500m程沢沿いを進みCa560m付近で右岸の枝沢に入る。
7:30、二俣(Ca580m)。左からの支流の先に大きな滝20mが見えた。
 
7:50(Ca650m)1本目の滝約20m。ハーケン3本を使い、滝の左から登攀。
9:16(Ca740m)休憩
9:45(Ca860m)二俣(水量3:1)、右の本流を進む。
10:20、稜線(Ca1040m)。 藪を漕ぎ、北北東に約380m進む。所々に仕事道み
たくハッキリとした獣道が付いている。
10:50進路を西へ取り下降開始。狭いルンゼを下って11:30に二俣に出た。しか
し、ここは9:45に通過した二俣であり、尾根を1本間違えて下っていた。ここ
は、尾根と谷が尾根が判別しにくい。930m付近まで、北へ巻き気味に登り返す。
11:50(ca920m)尾根通過し、 12:00、800m付近から下降。
12:30、650m付近から580m付近まで、滝(10~20m)が連続で5本出て来て
懸垂で下降。
2本は灌木に捨て縄を付けて下降。1本は適当な支点がなく、滝の落ち口に横た
わった枯れ木のわずかな枝にロープ掛けて下降。(最後の滝は、7:30通過時
に見た滝で、登れそうになかった)
13:30二俣で昼食
14:25駐車場所着
標高差500m 水平移動距離約6km
ここは、600m付近にそこそこ大きな滝が集中してあり。どの滝も残置物がない
ので、あまり人が入っていない感じであった。雪渓は、所々わずかに残骸が残
っている程度。夜叉が池の山開きが6月2日との事なので、今年は雪が少なか
ったのか。帰路、道端の温度計は28℃を表示していた。
s-edtP5260585.jpg


s-edtP5260590.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2013.06.09 オオミネコザラクを求め釈迦ヶ岳/ボッカハイキング | メイン | 2013.06.02 初級沢登り講習会 白滝谷/比良>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/212-4834fb57
| メイン |