2013.05.26 岐阜奥美濃 神又谷支流/沢登り

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



5/25(土)
21:00茨木駅集合 ⇒名神⇒北陸道⇒木之本下車⇒R303⇒23:20バイクラ
ンド着(泊)1:15就寝

5/26(日)晴
6:00起床⇒坂内川の神又谷出合いに駐車(520m)
7:10出発、神又谷の堰堤を左岸から越えて少し進んだあとに沢を右岸に渡って
500m程沢沿いを進みCa560m付近で右岸の枝沢に入る。
7:30、二俣(Ca580m)。左からの支流の先に大きな滝20mが見えた。
 
7:50(Ca650m)1本目の滝約20m。ハーケン3本を使い、滝の左から登攀。
9:16(Ca740m)休憩
9:45(Ca860m)二俣(水量3:1)、右の本流を進む。
10:20、稜線(Ca1040m)。 藪を漕ぎ、北北東に約380m進む。所々に仕事道み
たくハッキリとした獣道が付いている。
10:50進路を西へ取り下降開始。狭いルンゼを下って11:30に二俣に出た。しか
し、ここは9:45に通過した二俣であり、尾根を1本間違えて下っていた。ここ
は、尾根と谷が尾根が判別しにくい。930m付近まで、北へ巻き気味に登り返す。
11:50(ca920m)尾根通過し、 12:00、800m付近から下降。
12:30、650m付近から580m付近まで、滝(10~20m)が連続で5本出て来て
懸垂で下降。
2本は灌木に捨て縄を付けて下降。1本は適当な支点がなく、滝の落ち口に横た
わった枯れ木のわずかな枝にロープ掛けて下降。(最後の滝は、7:30通過時
に見た滝で、登れそうになかった)
13:30二俣で昼食
14:25駐車場所着
標高差500m 水平移動距離約6km
ここは、600m付近にそこそこ大きな滝が集中してあり。どの滝も残置物がない
ので、あまり人が入っていない感じであった。雪渓は、所々わずかに残骸が残
っている程度。夜叉が池の山開きが6月2日との事なので、今年は雪が少なか
ったのか。帰路、道端の温度計は28℃を表示していた。
s-edtP5260585.jpg


s-edtP5260590.jpg
Category: 沢登り
Published on: Wed,  05 2013 22:25
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment