2013.09.28-29 明神岳東稜~明神主稜
この日の為に半年前から練習を始め、3ヶ月前に日程を決め計画を遂行してきた。
上高地の玄関口である明神岳。周りは人気の穂高連峰に囲まれ この山を見上げる人は多いが登山道がないためにスルーされがちであるちょっと寂しい山。クライマーのみ許されるこのピークを目指す。
無風快晴、秋空にダケカンバの黄紅葉が生え、雲海に浮かぶ富士山、穂高連邦、御嶽山、南アルプスなどなどの大パノラマが広がる中でのクライミングは爽快そのものだった。

9/28 上高地~明神館~ひょうたん池~明神岳東稜~第一階段~小ピーク~ラクダのコル(ビバーグ)
9/29 ラクダのコル~バットレス~明神岳~明神主稜~2峰~5峰~南西尾根~上高地
写真はラクダのコルから見た明神岳 3ピッチでピークに立つ
s-画像 065
前夜、大阪を20時30分に出発、途中休憩もほとんどなしで高速道路を走り続けたので 0時になる前にETC出口を出て高速料金が割高になった。0時15分、大阪から3時間45分足らずで平湯温泉手前のほおのき平駐車場に着く。
少しでも静かな場所で寝たいとの事でこの場を選んだ、空気が澄んで満点の星空が広がる、気温6度。ビールを1本だけ飲み車内泊、4時30分起床で5時にアカンダナ駐車場に乗り入れる。5時20分の始発のバスに乗り上高地へ
上高地からすぐに歩き出し明神館へ 明神館で各自水を4L確保しザックが重くなった。同時に軽量化を計り ハーネス、ガチャ類は腰に付けていく事にした。7時明神館を出発 バックに明神岳がよく見えた。
s-画像 010


養魚場をすぎ沢筋のガレ場を登高していく 特に印もなく踏み跡もほとんどなく歩いていて不安になる。
しばらく登ると赤ペンキ印が出てきて間違いでない事を確認してほっとする。7時45分下宮川本谷から枝沢に入る。
s-画像 019


時折鮮明な踏み跡が出てくる道を辿りながら暫くは浮石の多いガレ場を歩くと宮川のコルで出てくる。
ひょうたん池のある長七の頭が見える。草紅葉も多くなってきた。晴天で気持ちがいい
s-画像 023


主稜の岩峰郡がよく見えた
s-画像 027


ひょうたん池のコルに近づくにつれ上部に2名の歩く姿が見えた。踏み跡を忠実にたどるとひょうたん池に着く。
池にはオオサンショウの子供が沢山泳いでいた。9時45分まずまずのペースだ。
ここで先行の2名と出会う、男性と女性の2名 年頃は私達とおなじぐらいか?私達と同じルートを行くと言う。
向こうが準備を進めている間に早々にこちらが動き始め先行を行かせてもらった。
いよいよここからバリエーションルートとなる、東陵の下部からは三本槍が綺麗に見える。
s-画像 035


草つきの急な岩場を登っていく、10時30分 第一階段と呼ばれる岩場が現れた。
ザイルを出して登攀する、1P 45m Ⅱ級 潅木でランニングを取りながら大岩でスリングをかけピッチを切る。
高感度のある痩せ尾根である、眼下に梓川がみえた
s-画像 036


2P 40m Ⅱ級+ 出だしは立っているがそう難しくはない、草つきではバイルを使いピナクルでピッチを切る
s-画像 042


3p 40m Ⅱ級 特にザイルは必要としないが念の為にスタカットで登る ハイマツでピッチを切り 肩絡みで確保 このあたりで三本槍と高さが近づいてきた
s-画像 044


ここからコンテで進む リッジを歩き、痩せ尾根を登っていく ハイマツを掴みながらの急登をどんどん登る。
手がマツヤニだらけで真っ黒になっていく。目の前に顕著なピークが現れた あれが小ピークだ、見えているが急登の為なかなか近づかない、背後に霞沢岳、蝶ヶ岳、常念岳、大天井岳が綺麗に見えた。
s-画像 047


急登なのでコンテは長めのザイルで歩いた
s-画像 063


ひょうたん池から3時間 ようやく小ピークに着いた 360度の大パノラマが素晴らしい、
眼の前にようやく明神岳の全貌が見えた、ここからラクダのコルまで3分の歩きで終了となる。
ラクダのコルの平坦地を見つけツエルトを張る。
s-画像 070


今回の為にヘリテイジの軽量 自立ツエルトを用意した。
s-画像 072


深夜、小ピークにオリオン座と月が光る
s-画像 081


4時30分起床、雲海の上に浮かぶ富士山
s-画像 098


朝日
s-画像 114


6時登攀開始
1p 15m Ⅱ級 ピナクルでピッチを切る
2p 45m Ⅲ級 出だしのトラバースがいやらしい カムを3本有効に使い終了点でピッチを切る
s-画像 118


3P 25m Ⅲ級 東陵の一番の核心部 バットレス ピンが連打されいて少し興ざめ
フリクションがよく効く
s-画像 126


あとはコンテで明神岳山頂に立った 7時15分
山頂からは前穂高~奥穂高~西穂高 遠くは乗鞍 御嶽山などなど・・・数え切れない名峰が続く
s-画像 137


s-画像 141


登ってきた東陵を振り返る
s-画像 151


山頂で大休憩したあと 明神岳主稜を下る 7時50分
主稜の核心部の2峰 ここを2ピッチで登る 見た目より岩の弱点をついていけばそんなに難しくはない。
s-画像 134


1p 20m Ⅲ級 懸垂下降の支点で切る カムを上手く利用して岩を乗っ越した
2p 40m Ⅲ級 ここもカムが有効だった 明確な終了点あり
s-画像 155


ここで登攀は終了 あとは歩きのみになる ザイルをしまい先をすすめる
ピラミダルな3峰は岳沢側を巻いていく
s-画像 158


とはいうもののまだまだ気が抜けない
s-画像 159


3峰を進めて行くと眼下に上高地が見えてきた
s-画像 162


4峰
s-画像 170


5峰の台地 テント場に適している 10時
s-画像 173


ここから上高地へ南西尾根を一気に下る そして12時30分 上高地に着く。 終わり
s-画像 175
この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<2013.09.27-28 Sさん転居送別山行/中ツ俣(沢登り) | メイン | 2013.09.22-23 山遊楽会40周年記念山行/白山 沢登り組報告>>
コメント
- 久しぶりに見ました -

何十年振りかの明神岳の東稜を見て懐かしく思いました。長期期間NGOで海外に滞在しておりましたが、今日本に帰国し病気療養中です。
又元気に成れば行かなくてはなりません。

早く病気を治して現地に行かなくては成りません。皆様の活躍を期待しております。

小学校建設、女性のための技術指導 を検索していただくとネパールの事が見れます。

2013/10/02 02:19  | URL | 文ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/237-a8255271
| メイン |