2013.10.13-14 阿弥陀岳南稜~中央稜
今年入会した新人さん、クライミングに興味がありここまで十分練習を積み重ねてきた。
だが、まだ経験不足で少し早い気もしたがこれからの活躍に期待を込めながらプチ本番を提供した。
とは言うのものの標高2800mでのクライミングは簡単ではない、しかしながら秋晴れの晴天に恵まれ快適なクライミングができた。
ルートは舟十字路から阿弥陀岳南稜へ取り付き、P3とP4を直登ルートで登攀し、阿弥陀岳山頂に突き上げ、中央稜を下る。
登降ともバリエーションルートで手の抜けないルートである。
10/13 舟十字路~阿弥陀岳南稜~中央稜~舟十字路

翌日は10/14 奥秩父 男山ダイレクトルートを楽しむ。ダイレクトルートについては別途ブログを参照して頂きたい。

2日間秋晴れの中快適なクライミングが楽しめました。
s-画像 091
[日程] 2013年10月13日(日) ~ 2013年10月14日(祝) *前夜発
[参加] 4名
[行程] 10月12日(土)18 18:30 大阪発 → 23:30舟十字路着 就寝 

10月12日(日) 
5:00起床  06:10舟十字路 → 8:30立場岳 → 9:40無名峰 →10:45阿弥陀南 →
(登攀) → 13:40阿弥陀岳山頂着(休憩)14:20下山開始 → 阿弥陀岳中央稜 →
17:30舟十字路 → (入浴・食事) → 21:00 美しの森駐車場着 夕食後就寝
[報告]
10/12(土)夜、森ノ宮駅に集合し、途中名神高速のサービスエリアで夕食をとり、コンビにで酒類を購入し
船十字路駐車場へ向かいました。 出発時の大阪は蒸し暑く、ザックを背負うと軽く汗ばむほどでしたが
さすがに信州、車を降りると一気に寒さをおぼえ、皆で早々にテントを張り潜り込みました。
互いにつまみを持ち寄り、好きなアルコールで小宴会をしたあと男性陣は車中泊、女性陣はテント泊で就寝。

10/13(日)5:00起床。 朝食を済ませ、テントを撤収し6:30行動開始。
しばらくは林道のゆるやかな登りをあるき、広河原橋を渡ってほどなく右手に阿弥陀南稜への案内がありました。 一旦広い河原に出て枯れた沢を渡るとすぐに急登が始まり旭小屋への分岐を過ぎたあたりから、登りはさらにキツくなり、黙々と樹林の中を登り続けること約1時間で立場山(2248M)へ到着。
ここで約10分ほど休憩し水分補給などを済ませ、次の目標の無名峰へ向かいました。
しばらく歩くと、青ヤギに到着。 ここで視界が開け、左前方に目指す阿弥陀岳、右手に網笠山、権現岳、
そしてはるか左後方には穂高山脈が見えました。 昨晩初冠雪があったのでしょうか?、見える穂高、槍ヶ岳の
穂先が真っ白になっていました。 山の天候とは本当に急変するものだなぁと少し驚きました。
青ヤギを通過すると、急登な山道の道幅は一段と狭くなり、木の根が行く手を阻むように現れてきて、両手で
立ち木を掴んでは登り、掴んでは登り….、登りながら「果たして取り付きまで体力が続くだろうか?」と不安になりかけたところで、無名峰(2668M)に到着しました。

無名峰を過ぎると目指す阿弥陀南稜の姿がくっきりと見ることができ、少しスペースの広いところで、登攀具を装着しハエマツの登りを進みました。
登り続けること約4時間、P2の取り付きに到着。  ようやく岩登りが始まりました。
Tさんがトップで登りながら岩の様子やスタンス、ホールドの状態を説明して下さり、順次気を付けるべき
ところを確認しながら登りました。 P3はTUさんがリード。 そして最後のP4はTさんのリードで登攀終了。
頂上に着くと大勢の登山客の方がこちらを見ていたのでとても緊張しましたが、話かけてこられた人がご親切に写真のシャッターを押してくださるというのでご好意に甘えました。 ここで初めて腰をおろしての大休憩。
山頂からの眺めを十分に堪能し予定より少し遅れて下山を開始しました。
あとは下るだけだと半ばほっとして中央稜へ向かいましたが、これが予想外の急勾配。 砂と岩が混じった激下りに何度も足を滑らせて、登りよりも汗をかきました。 樹林帯に入ると踏み跡が不明瞭になり、怪しい分岐が
何箇所かありましたが、Tさんの的確な判断で何とか日没までには広河原まで戻って来ました。
17:30 駐車場へ到着。 入浴、買い物をすませると、翌日の男山に備え山梨の美しの森へ移動しました。

美しの森の駐車場に着くとほかに車が10台程度あり、寒い中でも望遠鏡を持参して天体観測している人が
いました。 テントを設営し、スーパーで購入した焼肉と、TUさん手作りのきのこスパゲティー、サラダと持ち寄りのお酒で空腹を満たし22:00就寝。


舟十字路のゲートから登山が始まる。舟十字路にトイレ、水場は無い。
テントは張れなくもないが笹の上に張るので斜めで安定は良くない。
旭小屋から迂回するルートもあるが、林道を歩くほうが距離は短い。
s-画像 002


歩き出してすぐにバリエーションルートにしては珍しく看板がある。御小屋尾根との分岐点。
南稜ルート(林道を進む)
s-画像 004


林道を30分歩いて広河原橋を渡る。
s-画像 006


橋からすぐ右手に木に書かれた南稜の看板がある。これを見逃すと中央稜の方面に行ってしまうので気を付ける。
s-画像 007


枯沢を渡り、目の前の尾根に取り付く。尾根は急登、薄い踏み跡がある。
10分ほど登ると北東に伸びる尾根に乗る。旭小屋からのルートで濃い踏み跡とテープが続く。ここから迷う事はない。ここから2時間、立場岳まで急登、樹林帯の中を歩く。時折展望は開けるが大した事はない。
権現岳から広がる裾野に見える黄葉の紅葉が綺麗。
s-画像 010


尾根の東側は私有地なのか、冊がしてあり立ち入り禁止となっている。きのこの山と記載、入山者には十万円以上いただきますと書かれた看板が至る所にある それに沿って歩くので道は間違いようがない。
s-画像 013


踏み跡が濃い尾根、シラビソが多く生える。
s-画像 014


歩き出して約2時間ちょっとで立場岳に到着、展望は無い。標高は2370m、看板には2248mと書かれてある。
s-画像 019


すぐに青ナギが現れ、展望が良くなる。眼の前に南稜の全貌が現れ気持ちが高ぶる。
青ナギのすぐ手前にテントが数張り張れそうな場所がある
s-画像 032


無名峰への登りも急登である。暫く樹林帯の中を進む。
s-画像 035


無名峰には標識のようなものがある。ここから展望のよい尾根歩きが続く。
s-画像 039


一旦コルに降り平坦地でハーネス、ヘルメットを装着する。ここもテントが張れそうだ。
これから、今から登る岩峰が一望できる。
s-画像 045


P1、P2は左から巻いていく1級程度で、特に対した事はない。
s-画像 047


無名峰から見えていた富士山だが、この辺りまで来てようやく裾野まで綺麗に見えてきた。
富士山をバックに雄大な景色が広がる。
s-画像 050


P3 草付きをトラバースし、基部へ取り付き右上へ伸びるスカイラインを登攀するのが直登ルート。
s-画像 058


トラバースをして取り付きに向かう、踏み跡ははっきりしている。
s-画像 066


P3 Ⅲ級 40m 見た目より登りやすい 但し岩は脆い
s-画像 070


ピンは無い、カムか岩角にシュリンゲをかけるかしてランニングを取る。クラックは少なく基本岩角を使う。
終了点には3本のリングピンがあるのだが、2本が抜け落ちていて こころもとないが1本で支点を構築する。
上から見たところ。
s-画像 078

2ピッチ目は易しい岩稜を5m右にあるき、5mのフェースを登ればP3の頭にでる。
距離が短かったのであっけなく終了する。


次の岩峰はP4、その奥には山頂がよく見える。
s-画像 079


右手に見える主峰赤岳がどっしとしていている。
s-画像 081


P4は、ほとんどの人は巻いていくのだが、せっかくなので登攀する事にした。
クラックを登り、右上をトラバースしていく、最初の5mが今回の核心部だった。
岩が脆く、落石を起こしてしまう。確保者には当たらなかったが、横に居たT嬢の後ろをかすめていった。
T嬢は新品のノースフェースのレインを着ており、レインの後部が大きく裂けた。
本当に申し訳ない。
35m Ⅲ級 ピン、支点は無い。
s-画像 082


P4の頭から山頂まで100mほどコンテで進む。
と・・・・阿弥陀岳山頂! 山頂では沢山の人が休んでいた。終始私達を見ていた数名の方が拍手で迎えてくれ
感動のフィナーレとなる。感無量である。
s-DSC_1833.jpg


山頂から南稜を振り返る。
s-画像 099


山頂で大休憩をした。山頂に来たと言ってもまだ喜んではいられない。
時間は14時20分 ルートファインティングの難しい中央稜を下っていく、バリエーションルートで一般道ではない。(記録を見れば何名かの方が迷っていた) 私達も迷う可能性もある、あまり大きくミスルートをすると明るい内には帰れない。
山頂から御小屋尾根方面へ下る、鋭利な岩場の梯子を通過すると摩利支天に着く。
摩利支天には看板がある、中央稜 立ち入り危険と書かれた方に下る。最初は分かりにくいがすぐに濃い踏み跡が現れる。
s-画像 105


摩利支天からすぐの場所
s-画像 107


そこから滑りやすい急なガレ場が40~50分続く、踏み跡を忠実に辿るって樹林帯に入る。
10mほどの岩稜が出てくるので左から巻いて下降していく、更に踏み跡を追うと広河原沢に下る。
沢には水はなく左右に何度か渡る。基本沢筋に歩いていくが一度だけ沢筋を少し離れ樹林帯を歩いた。
このあたりから「四区」の赤文字が増えてきた。矢印を無視して沢筋を下ると、堰堤が出てくる。
堰堤を右側から超えてすぐの「四区」を右折れし沢を渡ると林道に出る。林道を進めば最初に歩いてきた場所に出る。
そろそろ日も暮れそうだ。
s-画像 119


17時30分 舟十字路に戻る。行動時間 11時間30分 疲れたと言っている場合ではない。
まだ明日ハードな山行が待っている。 翌日、男山ダイレクトルートだ。
s-画像 126

この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2013.10.14 男山ダイレクトルート | メイン | 2013.10.11-13 鳳凰三山/ピークハント/南アルプス>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/241-edcb1139
| メイン |