2013.10.14 男山ダイレクトルート
- 2013/10/21(Mon) -
前日、阿弥陀岳南陵で行動時間が12時間近くなってしまい、疲れが出ていないかと心配したが全員が元気だった。

<報告書 記載>
美しの森の駐車場に着くとほかに車が10台程度あり、寒い中でも望遠鏡を持参して天体観測している人が
いました。 テントを設営し、スーパーで購入した焼肉と、Tさん手作りのきのこスパゲティー、サラダと持ち寄りのお酒で空腹を満たし22:00就寝。

10/14(祝)5:00起床。 6時に出発し、信濃川上駅でSさんと合流し男山登山口へ。 
一時間ほど一般登山道を登ったところで、ダイレクトルートの分岐と思われる地点に到着しました。
Sさんを先頭に分岐路を進みましたが、沢を渡ったとたんに踏み跡がまったく見当たらなくなりました。
どこを進むのか?と考えているのをよそに、Sさん、Tさんはまるで既に行き先が分かっている様子で
倒木や石ころで散乱している急な斜面を進んで行かれました。 昨日の登りも大変でしたが、今度は何の
目印も無い、人が通るとも思われにくいカラマツ林の急登をよじ登らなければならなく、アルパインクライミングとは、とても体力を要するものだなぁと実感しました。
約2時間で取り付きに到着し登攀準備を終えると、Tさんから「今日はTUさんとHさんで登ってください」と指示がありました。 TUさんは前日のTさん同様に、岩がモロイところや見た目以上に難しいところを登るときには声を掛けてくださり、不安なく登ることができました。 
3ピッチの登攀を終え振り返ると、昨日登った八ヶ岳が綺麗に見え、標高が2000mもない山とは思えないほど
高度感のある眺望にとても感動しました。
頂上までの100mほどの岩稜帯を全員コンテで歩きましたが、今回特別にOさんに貸していただいた、
グリグリを使ったので両手が自由になりとてもスムーズに歩くことができました。

山頂では昨日より日差しが暖かく無風だったので、皆でゆっくりと昼食をとり、思い思いに風景写真を撮りながら過ごしました。 
帰りは一般登山道を通り14:00下山。 Sさんの素敵な新築を見学し、りんごのお土産までいただいて帰路につきましたが、途中事故渋滞に巻き込まれ大阪で解散したのは23:20となりました。

会に入会し、初めて蓬莱峡で岩トレを経験してから5ヶ月。 まだまだ十分な技術が無いにも関わらず、
今回無事に山行を終えることができたのは、ベテランの先輩Tさん、TUさん、Sさんの同行があったからに他なりません。 今後もコツコツ練習していきたいと思います。
また、今回ご一緒はできなかったものの、岩トレで色んなことを教えてくださった、Oさん、Kさん、
また毎月の山行でご一緒して下さったすべての先輩方にこの場をお借りしてお礼申し上げます。
みなさんありがとうございました。

昨日の阿弥陀岳南陵チーム4名から更に本日は助っ人の1名が増え5名となる。
3Pの登攀を終え両側の切れ落ちたリッジに立つ
s-画像 190


はて?男山・・・大阪からだとあまり聞いた事の山の名である。
場所は奥秩父 以前行った事のあるクライミングの聖地 小川山の近くである。近年、クライミングルートが開かれたそうで記録はまだ少なめ。取り付きまでのアプローチが難しいだとか・・・
男山ダイレクトルート ネーミングもいいし半日で終わりそうなのでとにかく行って見ることにした。
6時30分 車で男橋を渡り左折するとすぐに男山登山口がある。駐車場はないので100mほど進んだ車道の凹みに車を停める。
猪避けのフェンスを開け林道を入っていく
s-画像 136


林道に取り付けられた男山の看板に従い歩いていく。
s-画像 139


約1時間ほどあるくと右手に「山火事注意」が出てくる。
すぐの二俣を右に行くと一般登山道である。左入るとすぐに林道は終わる。
s-画像 140


踏み跡を追うとすぐに小沢が現れ渡渉する。
s-画像 141


小沢を渡ると道は不鮮明になる。左45度方向に分かりにくいが尾根が派生している。落ち葉が深く歩きにくいが左、左に歩き、尾根に入る。尾根に入るとかすかなテープの跡があり踏み跡も多少はしっかりしてき、作業用のワイヤーが出てくる。
s-画像 143



獣道が何本も入るが尾根を忠実に登っていく。
30分ほど歩くとワイヤーの張られた平坦地に着く。平坦地から左の尾根までトラバースをしていく。
s-画像 144


左の尾根に乗り5分歩くと大岩が出てくる。
s-画像 147


大岩を右から巻いたらすぐに第一岩稜に着く。
40m Ⅲ級 岩はかなり脆い ピンはない 上部に松の木が2本ある。
s-画像 154


第一岩稜 上からの写真
s-画像 158


第二岩稜
45m Ⅲ級 ここも岩はかなり脆く浮石が多い。 クラックも少なくライニングはかなり取りにくい。
上部に松の木があり そこで支点を取る
s-画像 162


第二岩稜 上からの写真
s-画像 168


第三岩稜
20m Ⅳ級 最初の5mが核心である。ピンが1本打たれてある。
上部 浮石多い。 松の木で支点。
s-画像 174


第三岩稜 上からの写真
s-画像 178


ここから山頂までもうすぐだ
s-画像 186


両側が切れ落ちたリッジ Ⅱ級~Ⅲ級 200mをコンテで進む。
景観最高、高感度最高、岩登りも快適だったが リッジを歩いている時が最高に気分が良かった。
全員のテンションMAX
s-画像 189


12時 山頂にて
s-画像 200


下りは一般道を1時間少しくだり車に戻る。
男山ダイレクトルートは大展望が広がり気持ちがいいが 岩が脆いのが難点であった。
終わり


この記事のURL | クライミング(岩登り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2013.10.20 救助訓練 | メイン | 2013.10.13-14 阿弥陀岳南稜~中央稜>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/243-e36e1f10
| メイン |