2014.02.11 綿向山/スノーハイク
- 2014/02/15(Sat) -
6時15分、大阪を出発。 8時過ぎには現地到着、駐車場も一面雪でしたので 私だけは最初からアイゼンを装着しました。林道を進み綿向山のとりつきにある小屋で小休止して、9時に出発。
道の傾斜はなだらかで初心者向き。踏み跡もはっきりわかりましたので、安心山行でした。途中に「一合目」「2合目」と標識が立っていて休憩等、時間配分もしやすくなっています。
植林の中を七合目まで進むと そこから上は自然林となります。うす暗い道から明るい道へ変わり、樹氷をまとったブナはまるで満開の桜のよう! 木々の間から見える周りの冬枯れの山もとてもきれいでした。7合目からは冬期特別ルートと称して一般登山ルートをショートカットしたルートになっており、傾斜も急になり ここにきて汗をかきましたが、頂上に至るまでの時間は短く感じました。11時20分頂上到着。
頂上は大パノラマでした。空気が澄んでいたので 雨乞山がで~んと座って見え、その遠く向こうに木曾御嶽山が雪帽子をかぶって富士山のように見えました。反対側には伊勢湾がみえて、「今回の山行に参加できて本当によかったぁ」と思いました。人気の山というのも納得できます。
頂上の樹氷は七合目あたりと違いぼってりとしていて 近くで見るとイカ天を想像しました。また、人の背くらいのかわいらしい木がポツンとあり、オブジェのようでした。
風のなるべくあたらない場所を選んで昼食をとり、11時50分発でまた樹氷を楽しみながらゆっくり下山しました。そうそう、5合目の小屋にある鐘を鳴らしても ご利益はうすい様です。
14時に駐車場へ無事到着。あとはお風呂に入って 17時帰阪となりました。
リーダーには仕事でお疲れの中、往復運転してもらい申し訳なく、また感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。
s-IMG0758.jpg




s-IMG0750.jpg


s-IMG0756.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.02.16 堂満ルンゼ中央稜チムニールート | メイン | 2014.02.09 雪上訓練/比良>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/263-e65772a1
| メイン |