2014.02.16 堂満ルンゼ中央稜チムニールート
参加者6名 比良の堂満岳ルンゼへ雪稜登攀に行きました。
今日は近郊の本番ルートである。出来るだけ早く現地に到着したいと言う事で早朝出発をし現地登山口のイン谷に7時30分に到着した。イン谷は先日の大阪府下の豪雪で雪は沢山あるのかと思っていたが予想外で雪は少なかった。
気温高めなのだろうか?あまり寒くはなかった。時折晴れ間も出るいい天気だ。
すぐに用意をして青ガレ方面に歩いていく。8時30分、大汗をかきながら堂満岳ルンゼの堰堤に到着。すぐにハーネス、アイゼンを付け用意をする。用意をしていると3人組と2人組の2パーティーが追い付いてきた。
ルンゼから中央稜の取り付きまではトーレスが消えてない。ラッセルをし中央稜の取り付きに一番乗りに取り付けた。
1P 9時30分登攀開始。出だしは岩がかぶり気味で気が抜けなかった。 25mⅢ級
2P 大岩を右から巻くトラバース トラバースをしすぎて肝心の2Pの核心部を通り越す。終了点で確保 3mのクライムダウン
3P 急壁の岩峰のキノコ雪を払いのけ ノートレースにルートにトレースをつけていくのは気持ちがいい。
3ピッチで中央稜が終了、右のチムニールートにルートを取る。
4P 5P チムニーと言うか小ルンゼ状の雪稜登攀が楽しかった。 2Pで抜け切り高感度のあるナイフリッジもスタカットで登る。
7P 8P Ⅲ級程度の岩稜を登り切り東稜道に出る 14時。1パーティーが3名だったので以外に時間がかかった。
軽く食事をし、山頂を諦め。左側のルンゼを下る。急な傾斜は承知の上だったが時折クラスト(雪面 が固く凍り付いている状態)がいやらしい。無理な下降を諦め、安全の為50m懸垂下降に切り替える。懸垂下降を5回行い。16時30分ルンゼの取り付き堰堤に戻る。アイゼン、ハーネスを外し17時イン谷に戻る。

1P出だしの岩峰
s-sdjlsjdsd 012



堂満岳ルンゼを詰めていく
s-sdjlsjdsd 009


2ピッチ目を振り返る
s-sdjlsjdsd 018


3P キノコ雪を払いのけ
s-sdjlsjdsd 026


最後はルンゼを下降
s-sdjlsjdsd 033
この記事のURL | 雪稜登攀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.02.23 大山弥山尾根西稜登攀&剣ヶ峰縦走 | メイン | 2014.02.11 綿向山/スノーハイク>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/264-ec96346b
| メイン |