2014.03.02 武奈ヶ岳西尾根
3月1日22時JR茨木、雨中の出発。現地到着後軽く宴会をし深夜2時前に車中にて就寝。

2日6時過ぎ起床。雨が上がるり葛川貫井の集落に移動。村の小道脇に駐車し準備、7時45分出発。集落の林道(参道)を進み小さな神社の祠脇の杉の植林地を登高する。雪解け後のぬかるんだ林間の急登、いきなりの登りに喘ぎながら進む。積雪は全く無し。一時間程で自然林となり残雪が出てくる。積雪地と獣の踏み跡を追って登高。霧が出ていたが徐々に視界が広がる。右に御殿山への稜線が見える。途中一本取りラッセル交代しながらの登高。尾根の右側に雪庇が出てくると一気に視界が広がる。西南稜が見えるが積雪が疎ら。10時30分西南稜着。
御殿山からの踏み跡を追って武奈ヶ岳登頂。山頂は積雪無し。記念撮影後下山に掛かる。登路の西南稜を下降。この辺りの方が積雪豊富。ワサビ峠に下り御殿山に登り返す。11時30分、御殿山到着。お昼には早いが昼食とする。
温かい日差しを受けながらくつろぐ。しばらくして知り合いの岳連パーティーに会い昼食後一緒に下山。
少ない積雪を追って下降。吹き溜まりの雪は、中国のPM2,5のせいか?茶色に染まって汚い。急な下降に入るとグチャグチャの泥雪の下り。ジグザグの登山道をショートカットで一気に下り一時間弱で御殿山登山口の地主神社に下山する。
岳連仲間のパーティーを待っていると、神社前の民家の伯母さんが一人で雪掻きに奮闘中。携行のスコップも使い二人で除雪の手伝い。お礼のお茶をいただき談笑する。
小一時間後、岳連仲間のパーティーが下山。貫井の駐車地点まで車で送ってもらい帰阪した。
今回、雑誌岳人の二月号に掲載していた報告を基に計画したが、予想以上に融雪が進んでいて目的のラッセルとはいかなかった。
s-14.3.2 0122


s-14.3.2 0099


s-14.3.2 0133
この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.03.08-09 阿弥陀岳北稜/八ヶ岳 | メイン | 2014.02.23 蛇谷ヶ峰>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/267-e303271d
| メイン |