2014.03.08-09 阿弥陀岳北稜/八ヶ岳
当日朝発、現地一泊で八ヶ岳 阿弥陀北稜へ雪稜登攀に行ってきました。
快晴、無風の最高のコンデションの中楽しい登攀が出来ました。

3/8 12時赤岳山荘~16時行者小屋
3/9 6時出発~7時30分取り付き~9時20分山頂~11時30分文三郎分岐~12時15分行者小屋~15時下山
s-djsdjpsd 085


3/8 大阪から走る事6時間、車は通常美濃戸口までだが我々は赤岳山荘まで車を入れた。身支度をし12時40分歩き出す。ゆっくり歩いて16時行者小屋前にて幕営、2日ほど前に降った雪が50㎝もありテント設営に時間がかかる、明日の下見に行く。トレースは消えてなくなっていた。明日のラッセルはキツイと予測された。
夕食はポテトサラダ・タコとしめじのアヒージョ・鶏肉と豚肉のトマト鍋で盛り上がる。


3/9 朝食は昨晩の残りのトマト鍋にパスタを入れ頂く。6時出発、気温はマイナス16度。
天気は晴天、遠くに天狗岳 手前に大同心が横たわる。
s-djsdjpsd 026


出発が予定より少し遅れた。しかしそれが幸をそうする、先行パーティーがトレースを付いてくれた。
トレースを追い登高する。
s-djsdjpsd 039


急傾斜の雪稜を300mほど登りきり高度を上げる
s-djsdjpsd 053


7時30分 第一岩峰に取り付く 右のチムニー状にピンを見つけ這い上がる。途中25mほどの所にしっかりとした終了点があったがそれを無視し50mいっぱいまでザイルを伸ばした。終了点1本綺麗なペツルあり。
s-djsdjpsd 056


1ピッチを振り返る
s-djsdjpsd 060


2ピッチ目 簡単な岩峰からナイフリッジ。ホールドが多い岩溝を進みナイフリッジを超える。ナイフリッジを超えたあたりでスタンディグアックスビレーにて確保。30m
写真は核心のナイフリッジ手前。
s-djsdjpsd 069


通常3ピッチのこのルートを2ピッチで超える。雲海に浮かぶ富士山が綺麗だ。
s-djsdjpsd 070


主峰 赤岳。
s-djsdjpsd 072


後続のKさんがナイフリッジ通過中。
s-djsdjpsd 077


山頂で記念撮影。
s-djsdjpsd 091


阿弥陀岳を下降し中岳へ向かう。
s-djsdjpsd 097


下降してきた阿弥陀岳を振り返る。
s-djsdjpsd 098


シュラカブ
s-djsdjpsd 104


11時30分 文三郎尾根分岐 登ってきた阿弥陀岳北稜を振り返り行者小屋に下った。
あとはテントを撤収し車に戻り 22時帰阪
s-djsdjpsd 107
終始、天候に恵まれ いい登攀が出来た。
この記事のURL | 雪稜登攀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2013.03.21-22 赤岳/八ヶ岳 | メイン | 2014.03.02 武奈ヶ岳西尾根>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/268-ce4a2fc1
| メイン |