2013.03.21-22 赤岳/八ヶ岳
- 2014/03/23(Sun) -
参加者6名

冬の西穂高岳に行ってみよう~そう言ったのは4か月ほど前だった。厳冬期を避け冬の寒さが少し緩む3月末をこの日に設定した。決行日3/21朝集合、西穂高岳の天候は微妙な感じだった。大阪を6時に出発し車を走らせる。3連休の初日なので車の台数も多い。9時になったので新穂高ロープウェイに電話をかける、天候は悪いがロープウェイは運行していると言う。次いで西穂山荘にも電話をかける、昨日20~30cmの積雪があったようでワカンも必要だと言う。新雪の中、西穂高岳まで行けるのだろうか?一抹の不安を感じる。そうこうしている内に名神高速道路、一宮JCTにさしかかる。あと2キロの看板、この数秒で決断を迫られた。不安定な西穂高岳よりも確実に山頂に立てる赤岳へと急遽変更した。

12時15分 美濃戸口に到着。2週間前に来た時は車を赤岳山荘まで入れたが今回はアイスバーンになっており車は入れなかった。天気は曇り、美濃戸口から歩き赤岳山荘で登山届を出し、北沢に入り赤岳鉱泉に16時15分に着いた。気温はマイナス10度まだまだ寒い。TUさんが用意してくれた沢山の食事、会話とお腹が満たされた。21時就寝。

3/22 4時起床、天気は晴天。文三郎尾根を目指し6時に歩き出す。途中、中山展望台に寄ってみる。先日登った阿弥陀岳がどっしりと見え感動する。行者小屋を通り過ぎ高度を上げる。横岳、赤岳の西壁の眺めが素晴らしい。急登な雪稜、アイゼンがよくきく。雲一つない快晴 真っ青な青空、木々の樹氷が素晴らしい。中岳との分岐に差し掛かると風が強くなる。道は雪稜から岩稜帯に入る。安全の為ロープを付けて登る。10時赤岳登頂、富士山が綺麗。風も穏やか、北、中央、南アルプスがくっきりと見える。軽く食事を取り、地蔵の頭まで下降する、途中、赤岳天望荘の風力発電に巨大なエビの尻尾が付く。雪が多く登山道が隠れ、いやらしいトラバースが出来ておりロープを出して登ってくるのが見えた。我々も慎重に下る。まだまだ景観が素晴らしく帰るのがもったいなく感じた。12時10分赤岳鉱泉に戻りテントを撤収、15時15分美濃戸口まで帰り無事下山。入浴をして22時30分解散となる。

西穂高岳の天候はどうだったか分からないが 真っ青な青空、木々の白さのコントラストが鮮やかだった赤岳へ変更したのは間違いではなかったようだった。次回次のステップとして再度西穂高岳にチャレンジしたい。
s-dsdijss 113
  

赤岳山荘までの道はアイスバーンで車は美濃戸口に置く
s-dsdijss 002


赤岳鉱泉のアイスキャンディー 今回は天気がいいので人はまばら
s-dsdijss 013


3/22 大同心・小同心稜が素晴らしい
s-dsdijss 030


中山展望台に寄ってみる
s-dsdijss 037


展望台から赤岳西壁・行者小屋周辺が一望
s-dsdijss 043


文三郎尾根を登る
s-dsdijss 060


s-dsdijss 063


分岐から見る 阿弥陀岳
s-dsdijss 065


岩稜帯に入っていく
s-dsdijss 072


赤岳山頂を見上げる
s-dsdijss 074


この辺りで念の為 ロープを付ける
s-dsdijss 082


山頂直下 富士山が綺麗
s-dsdijss 086


赤岳登頂 
s-dsdijss 089


s-dsdijss 091


s-dsdijss 095


地蔵の頭へ下る
s-dsdijss 098


巨大、エビの尻尾
s-dsdijss 107


赤岳を振り返る
s-dsdijss 111


地蔵尾根を下る まだまだ気を許させれない
s-dsdijss 115


霧氷が綺麗
s-dsdijss 119


そして下山した。
s-dsdijss 122

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.03.22 金糞岳/スノーシューハイク | メイン | 2014.03.08-09 阿弥陀岳北稜/八ヶ岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/269-84cdafb3
| メイン |