2014.0406 燈明岳ハイキング
参加5名(内体験見学者1名) 
平成26年4月6日 (日)
9:10 光滝寺(駐車場)  →  10:10 登山口  → 12:20 頂上到着
    → 13:00 頂上出発  →  14:30 駐車場

予定では京都北山の桟敷ヶ岳に登るはずであったが、天気予報によると近畿北部は
雨の確立が高かったので、南の方の山に急遽変更。朝の集合地で河内長野の燈明岳に
登ることになりました。

駐車場はお寺とキャンプ客兼用のものになっており、桜がとてもきれいでしたが、空からはあられが激しく降ってきており不思議な光景でした。登山口までは和歌山方面へ舗装道路をだらだらと一時間歩きます。この道路だけで高度を300MS近く上げてしまいます。あられは雨へと変わりました。ガイドブックにある登山口の黄色いテープをみつけ、やっと山道を登ることに。ところが30分もしないうちに、ガードレールにぶちあたりました。この道路は最近できたものらしく上がっていくとすぐつきあたりになります。引き返し登山道を探しながら下りていくとテープ標があり山道がついていたのでそこを登ると 地図にある遊歩道に出ました。よかった~
 すぐに分岐があり 左の尾根道側を進もうとすると、間合い悪く雷が鳴りだしたので樹林帯側の道を選択。視界の悪い道を進んでいくと あられがまた降ってきて顔にあたって冷たいし痛いし。皆さんは「雨よりマシ」と言っておられましたが、痛いもんは痛いし・・
分岐していた尾根道との合流点を過ごし展望台にたどり着くと、この時期にしてはまさかの10cm積雪。景色はもちろん何も見えません。すぐそこの頂上で、写真をとってから展望台にもどり昼食。帰るときには紀ノ川が見えるほどの展望がかろうじてありました。雪は止み 曇天となっていました。

展望台から駐車場に戻る道はずっと舗装道路でしたので、足が疲れました。下山したらお日様が照ってきて、いやになります。見学者の方にはこれに懲りずに また参加してほしいですぅ。
s-to8.jpg


s-to1.jpg


s-to7.jpg


s-to12.jpg


s-to14.jpg


s-to21.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014 春 初級登山講習会生徒募集 | メイン | 2014.03.22 金糞岳/スノーシューハイク>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/271-34e31afe
| メイン |