2014.04.20 三谷坂天野の里山行
三谷坂・天野の里 ハイキング 山行報告

山域:和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野付近
参加者:3名
日時:2014年4月20日
天気:雨時々曇り

7:29南海電鉄天下茶屋駅~8:41JR和歌山線妙寺駅~11:10丹生都比売神社~11:35-12:00昼食~12:20二ツ鳥居~12:30古峠~13:30上古沢駅

 昼前から雨になる予定でしたが行くことにしました。妙寺駅前の道を南に行き、紀ノ川沿いの堤防を歩いて三谷橋を渡ります。東から冷たい風が吹いています。丹生酒殿神社から30mほど西に行ったところから南に向かって登り始めます。紀ノ川の南側の斜面に広がる果樹園のなかを抜けていきます。分岐がたくさんありますが、要所には標識があります。9:30に見晴らしの良い尾根の上で休憩していると、ぽつぽつと雨が降り出しました。尾根道から谷筋に変わり、植林地に入ると、道が急傾斜になります。コンクリート道にコケが生え、さらに雨で濡れているので、滑りやすく危険です。標高450m位まではコンクリート道が続きます。笠松峠は標高550mです。峠を越える車道沿いに桜が数本植わっており、散り始めくらいでした。丹生都比売神社までは車道を歩きます。丹生都比売神社は世界文化遺産に登録されており、立派な建物と大きな太鼓橋があります。この日は花盛祭で、境内には花がたくさん飾られ、人もたくさんいましたが、「雨なので時代行列は中止にします...」と放送していました。丹生都比売神社から南に歩き、「二ツ鳥居」の標識に従って東に折れます。少し行ったところでお昼にします。雨は降っているような降っていないような。雲の間から山々が見え隠れし、いい雰囲気ですが、少し寒いです。再び東へ登っていくと、二ツ鳥居に着きます。高野山町石道を北東へ200mほど行き、古峠で東へ下ります。植林地の急斜面をツヅラオリに下ります。暗い森を抜けると山の中に畑地が現れ、道が再びコンクリートになります。柿の木や高野槇が生える中をだらだらと歩いていくと、斜面にへばりついた集落に出ます。正面に上古沢の駅が見えますが、駅との間には谷があり、一度下ります。最後にこれまでで一番急な坂道を登ると駅に到着です。3分の1くらいはコンクリートかアスファルトの道で足に負担がかかりました。少し寒かったですが、新緑の山に雲がたゆたい、しとしと雨が降っている様子がきれいでした。
s-6_kamikozawa.jpg


s-1_kinokawa-yori.jpg


s-2_kajuen.jpg


s-3_kajuen2.jpg


s-4_amano-no-sato.jpg


s-5_hutatsu-tori.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.04.13 第二回初級登山講習会 | メイン | 2014.04.20 荒地山周辺でアイゼンボッカトレ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/274-51178bc7
| メイン |