2014.04.27 奥美濃高丸・中山・槇尾山

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



4/27は3つの山行(アイゼントレ)が行われました。
①奥美濃高丸/福井県
②中山/兵庫県
③槇尾山/大阪府

s-na27.jpg

①奥美濃高丸
4月25日前夜発でアイゼントレーニングをしました。
参加者は、3名。
24日夜JR茨木集合し奥美濃夜叉が池へ。11時30分坂内バイクランド着しテン泊。(ちょっと一杯!)25日朝6時起床で林道車止め(神又谷出合まで)早速準備出発するが、夜叉が池登山口まで7キロ弱のアスファルト道歩き!1時間40分も掛る。登山口からすぐ左岸の支流に入渓。藪谷だが廊下と小滝を持つ谷。左右から雪渓やデブリが谷を埋めだす。雪渓歩きに神経を使い遡行。傾斜が増すと、か細い流れとなりルンゼから雪壁の登高。稜線直下は藪で覆われ藪コギで高丸(黒壁)1316Mに登頂。ちょうどお昼過ぎ、山頂横の積雪地で一本。熱い日差しに早々に夜叉が池に向かう。西尾根を下降し登り返すルートへ。しかし所々雪が切れて藪コギで最低鞍部に到着。この先南面の尾根は雪が消え藪コギ必死!1140mからの南西尾根を下降に変更する。上部は雪渓が残り容易に下降。1000mからは藪の急な下りとなるも左よりに下降し登山道に降り立つ。アイゼンを外し登山道を下降するも池ノ又谷の渡渉地点が二か所、橋が流され裸足などで渡り切る。15時20分登山口着。アスファルト道歩き再び1時間40分掛り車止め着。道路歩きが長いが良いトレーニングができた。いろんな花々に動物(タヌキ、キツネ、カモシカ)も出会い、奥美濃の山の深さを感じる山行であった。
s-14.4 0066


s-14.4 0133


s-14.4 0177


s-14.4 0211


s-14.4 0299



②中山 参加者6名
阪急中山観音下車9時50分出発。舗装道路が切れた辺りでアイゼン装着。多くの登山者と共に中山山頂めざし12時半到着、昼食を摂る。
昼食後、中山連山縦走路を西山へ、今日のメインの岩場を慎重に下り、アイゼンを外す。山本駅迄歩き三時半、アイトレ終了。約12㌔ 結構みっちり歩きました。
s-na2.jpg


s-na4.jpg


s-na5.jpg


s-na9.jpg


s-na12.jpg


s-na18.jpg


③槇尾山 アイゼン登攀練習 参加者6名
蔵岩、下部岸壁よりアイゼンをつけ3パーティーに分かれつるべにて練習する。昨年入会された方々も徐々に慣れてきて
簡単なルートならリードが出来るようになったのは大きな成果だった。
後半3ピッチは2パーティーに編成しなおし、チムニールートを蔵岩まで登り遅めの昼食となる。
後半は各自、自分で懸垂下降のセットを行い、懸垂下降をして終了した。
s-hoioiasd 003


s-hoioiasd 007


s-hoioiasd 015




Category: アイゼントレ
Published on: Tue,  29 2014 08:36
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment