2014.05.03-05 春山合宿/五竜岳
- 2014/05/06(Tue) -
今年の春山合宿の前半はいい天気でしたが後半から天気が崩れ 予定していた最終日の五竜岳から唐松岳の縦走は
中止になってしまいましたが、A班 雪稜登攀組は 五竜GOを登攀。B班 登頂組も無事五竜岳へ登頂を果たし
日頃のトレーニングの成果を十分に発揮できた春山合宿となりました。
参加者11名

5/2 夜発
5/3 五竜スキー場~大遠見山~台地(幕営)標高2200m辺り
5/4 幕営地~GO登攀または五竜岳登頂~幕営地
5/5 幕営地~五竜スキー場~帰阪
鹿島槍をバックに
s-ooihdsd 066


5/3 スキーヤーで賑わう駐車場、サクラが満開だった。
s-ooihdsd 001



テレキャビンとリフトを使い 一気に標高1600mへ
s-ooihdsd 004



遠見尾根を登る
s-ooihdsd 014



s-ooihdsd 019




小、中、大遠見山を越え標高2200m付近の台地にて幕営(テント場設営時は雨が降り風が強くなる)
夕刻、鹿島槍ヶ岳が綺麗だった。
s-ooihdsd 045



月明かりとテント
s-ooihdsd 052



一晩中 風が強まりテントを揺さぶり続け少々睡眠不足。
予定していた早朝3時起床は強風の為、外に出られず5時起床となった。
風が収まり鹿島槍とテント場がモルゲンロートに染まる
s-ooihdsd 060



5/4 予定より出発が遅くなったが晴天に恵まれ五竜岳に向かう。7時20分
正面、一番右 稜線へ突き上げる尾根がGOです。
登攀チームは6名 3パーティーである
s-ooihdsd 075


私達が登ったルート
s-ooihdsd 077



GO登攀はシラタケ沢まで一旦下る、朝は雪がクラストしており急斜面を慎重に下る。
s-ooihdsd 080


シラタケ沢より登り返しGO末端に取り付く
s-ooihdsd 084



暫くはノーザイルで登高していく
s-ooihdsd 090



今年は雪がかなり少ないとの事、途中ハイマツ帯の藪漕ぎが多数出てきて苦労する。
本日、G0に登っているは我々のパーティーのみであった。(ある意味有意義である)
s-ooihdsd 095



傾斜が強くなりだしたのでザイルを使う。
s-ooihdsd 102


s-ooihdsd 104



かなり傾斜が強くなる 下から斜面を仰ぐとこのような角度になる。
s-ooihdsd 105



横から見ると こんな感じ。
s-ooihdsd 106



頑張れ、紅一点のH嬢 ツルベ登攀なので譲り合いはない(笑)
s-ooihdsd 108



H嬢、最終ピッチを攻略する。(さすがである)
s-ooihdsd 114


s-ooihdsd 118



GO末端からGOの頭まで 予想以上の藪漕ぎと 途中、軟雪の踏み抜きに苦労し6時間を要し登攀終了となる。
せっかくなので有志のみ五竜岳の登頂に向かう。
大パノラマが広がる
s-ooihdsd 136



五竜岳山頂より剣岳を仰ぐ
s-ooihdsd 143



五竜岳へは一般道と言えども山頂直下に雪壁があり 下りは慎重に下る。
s-ooihdsd 148



五竜山荘まで下る
s-ooihdsd 152



17時 そしてテント場に戻る 本日の行動時間 9時間40分
s-ooihdsd 159



5/5 天気が悪い、予定より一日早く全員で下山する。
来た道 大遠見尾根を下り春山合宿が終了した。
s-ooihdsd 172


この記事のURL | 雪稜登攀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.05.03-05 三嶺/ | メイン | 2014.04.27 奥美濃高丸・中山・槇尾山>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/277-95bfb9fe
| メイン |