2014.05.03-05 三嶺/

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



山域:三嶺(徳島県三好市/高知県香美市)
参加者:4名
日時:2014年5月3日~4日
天気:晴れ
行程:
5月3日(土)
12:00森ノ宮集合=淡路島経由=20:00名頃新登山口駐車場/22:00就寝
5月4日(日)
4:30起床/5:55名頃新登山口駐車場出発(900m)~尾根道~6:40三嶺林道~7:30P1517付近~9:05三嶺山頂(1893m)/10:10下山開始~11:05ダケモミの丘分岐~11:50三嶺林道~12:15名頃新登山口駐車場【名頃新登山口―三嶺ピストン、登り3時間10分、下り2時間5分、途中の休憩を含む】=21:30谷町四丁目で解散

名頃新登山口駐車場
・無料
・駐車台数50台(山と高原地図「石鎚・四国剣山」2014年版より)
・比較的新しい小屋あり
・トイレあり

3日
 剣山に行く予定でしたが、人が多いだろうし、観光地化されているので…などの理由で隣の三嶺に行くことにしました。ゴールデンウィークで渋滞する淡路島を抜け、美馬から40kmほど細い山道を走り、名頃の駐車場に到着しました。駐車場の標高が900m、車は20台程度止まっています。駐車場中央の小屋が空いていたので中で少し宴会。外は長袖一枚では寒いです。4テンを小屋の中に張って寝ました。
4日
 朝食を済ませて出発、駐車場からすぐに尾根道に取り付きます。頂上直下までひたすら尾根道。一部モミ林、他は明るく新緑が美しい樹林帯。頂上手前から背の高い木がなくなり剣山がよく見えます。ただし、急斜面で一部ガレ場もあり、慎重に歩きます。頂上一帯はササ原です。頂上からは360度の展望。快晴ですが、南西方向から強い風が吹き、寒いです。頂上東側の三嶺小屋に入り、休憩します。非常にきれいで新しい小屋です。トイレは小屋の外にあります。小屋の手前の池の畔にはまだ雪が残っています。頂上一帯を少し散策して下山開始。再びガレ場を慎重に通り過ぎます。ダケモミの丘での谷道の旧道と尾根道の新道の分岐が分かりにくいですが、要所に標識があり、テープが点々とつけられているので安心です。下山中にまっすぐに伸びる虹を見ました。
 帰りは再び40kmほど細い山道を車で走ります。剣山の登山口付近では、駐車場から車があふれて、延々と路上に車が止めてあり、対向車とすれ違うのに苦労しました。美馬に帰る途中の「つるぎの宿 岩戸」で温泉(400円)につかり、淡路島のSAで早めの夕食を済ませ、再び渋滞の淡路島と神戸を抜けて帰りました。
s-7yuki.jpg


s-1shinryoku.jpg


s-2momi.jpg


s-3Tsurugisan_ho-men.jpg


s-4michi.jpg


s-5ike_koya.jpg


s-6sancyo.jpg


s-8niji.jpg
Category: ハイキング
Published on: Fri,  09 2014 22:07
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment