2014.06.14 奥伊吹 矢谷~ブンゲン/沢登り
奥伊吹 矢谷~ブンゲン  

ベテランさんパーティーに無理やりねじ込ませて頂いて矢谷に沢登りに行ってまいりました。
当日の予報曇りのち晴れ、28度。なんとなく空はどんよりしています。
矢谷橋に車を止め、少し歩いて7:30入渓。
幅はあまりなく、両サイドに木が茂っているような沢で初体験のこじんまり感。広々した沢も爽快でいいですが、こういう感じの方がより山の深部にいるような気持ちになります。
入渓してすぐに小さな滝が次々出てきて、変化があって面白いです。
渓流の中をザブザブ歩く、と言うよりは次々出てくる小滝をアクロバティックにどんどん登っていきます。小滝の次は滑、中滝を巻いたら小滝、小滝、滑、藪、小滝・・・といった感じで全く飽きません。時々お助け紐を出してもらいながらも全身を使って一つ一つ滝を登ったり、倒木をくぐったり乗り越えたり、子供の頃のアスレチックフィールドを思い出して、とっても楽しい!!
以前「浮石が多い所は押さえながら登ったらいいよ」と教わりましたが、重力に反して登るのに掴まないで押さえてどうすんだ??と思っていました。実際やってみると押さえることで意外と支点がしっかりするんだな~、と実感。「だましだまし」の技習得です。
一度ずぶぬれになり結構寒かったんですが、真夏ならすごく気持ちいいだろうな。
11時ごろポツポツ雨が降り始めたのでカッパを着ましたがすぐに止み、むしろその後どんどん晴れてきました。陽が射すと水飛沫がキラキラ輝き、葉陰が緑に透けてとっても美しい~♪
あんまり開けたところがない沢でしたが、12時お昼休憩。
しっかり腹ごしらえして歩き始めると予想外にまた滝が現れました。どこまでも楽しませてくれる沢です。上部は崩壊した岩や倒木に覆われていましたが、よく見ると滑床でした。
最初の一滴地点を過ぎ、笹薮突入です。ちなみに、初藪漕ぎです。
ガサガサ、ガサガサ前を行くベテランさんに付いていきましたが、私の心中「おっ、藪漕ぎ余裕やん!」でした。後で聞くと、傾斜もほとんどない笹藪は楽チンな部類だそうで・・・。石楠花なんかだととっても大変なんだそうです。
そんな楽チン藪漕ぎ20分ぐらいで登山道に出ました。13:30ブンゲン射能山1259.7m到着。
この頃にはすっかり晴れて見晴らしもよく、カッコウが遠くでカッコカッコ鳴いていました。
奥伊吹スキー場のゲレンデ通過コースで下山し、15:00駐車場着。
変化に富む渓相で、適度に滝も登れ、楽チン藪漕ぎの大当たり!!の沢でした。
大・大・大満足!!
s-14.6.14 0355


s-14.6.14 0155


s-14.6.14 0188


s-14.6.14 0199


s-14.6.14 0233


s-14.6.14 0444


s-14.6.14 0466


s-14.6.14 0611
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.06.28 富士山 | メイン | 2014.06.15 弥山川/双門の滝 大峰山系>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/289-c6e7afcd
| メイン |