2014.08.03 小市谷/横山岳 沢登り
3日前夜発で、高時川小市谷に行ってきました。
参加者三名。
朝8時前、余呉の菅並、小市谷に掛かる橋の袂に駐車出発。天候曇り。
集落を抜け小市谷沿いの林道を歩き入渓。水量少なく滑った岩の遡行となる。谷の両岸は草地で藪が多く、谷中を灌木が覆い腰をかがめての沢歩き。昨日の雨は影響がないのか乏しい水流を追って進む。土石流があったのか?谷は変化のないゴーロが続く。人臭さが無いのは良いが、蜘蛛の巣が永遠と続き、顔に掛かる蜘蛛の巣払いに遡行意欲も削がれる。変化がないのかと愚痴が出ると、眼前に5m滝が現れる。滑った足場を伝い滝登り、しばらく廊下が続き小さな釜に滝が掛かる。お助け紐程度の確保で続く滝もクリアーする。15m滝に出合い左岸から巻き上がり続く20m滝も続けて巻いてしまった。ゴーロから、小さな釜の7m滝を直登しショボイ水量の20m滝を左岸から巻き滝上に。いくつも小滝が現れるがどれも滑った苔むす岩肌で厄介。最後の二俣を左に取ると水涸れとなる。滑るルンゼに藪が覆い藪漕ぎナメ登りで登高。途中からルンゼを外し、右手にルートを取り藪中へ。しかし右より過ぎてしまい三高尾根の登山道に出る。
3分程で横山岳頂上に到着。(14時)山頂で一本取りお腹を満たす。14時45分余呉方面に下山。主稜線には踏み跡無く、忠実に登山道を下降。しかし下りも蜘蛛の巣の洗礼と急峻な登山道で林道に到達。入山したルートを戻り17時前に車止め戻り終了した。着替えて乗車した直後、土砂降りの大雨の中を帰路についた。
小市谷は自然林が多い割には、水量少なく滑った逆層の滝が多く巻きに終始。腰をかがめての遡行は腰高の当方には辛かったです。
s-14.8.3 0088


s-14.8.3 0100


s-14.8.3 0133


s-14.8.3 0177


s-14.8.3 0199
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.08.03 鳥見山~貝ケ平山~額井岳~戒場山 | メイン | 2004.07.20-21 別山谷/沢登り>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/298-b665be51
| メイン |