2014.08.31 権現山・蓬莱山 ハイキング

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



山域:比良山系(滋賀県)
参加者:7名、体験2名
日時:2014年8月31日
天気:曇り一時雨のち晴れ
行程:7:00JR大阪駅中央改札内側集合7:15発=(JR)=8:30JR堅田駅8:50=(江若バス)=9:15平バス停~9:35登山口~10:15アラキ峠10:25~10:55権現山~11:35ホッケ山~12:00小女郎峠~12:05小女郎ヶ池13:10~13:35蓬莱山~14:00打見山14:10~14:40クロトノハゲ~15:10天狗杉~16:15登山口~16:30琵琶湖岸~志賀駅

堅田駅からバスで裏比良に向かう。我々以外に登山に行く人が3名ほど乗っている。平のバス停で降りて車道を戻って左手の林道に入り、しばらく行くと登山口がある。ヒル除けや虫除けを塗ったりボッカの準備をしたりといろいろある。今年の8月は大阪で猛暑日がなかったらしい。今日もそれほど暑くない。そのかわり今日も少し雨が降る予報である。最初は谷底を歩き、途中で左側、正確に言えば右岸の尾根の上に出て、山腹を斜めに登るとアラキ峠である。アキラ峠ではない。道は尾根上に変わる。最近の豪雨の影響なのか、尾根上でも水が流れた跡があり、道が荒れている。傾斜が緩くなってくると、まもなく権現山の頂上に到着する。比良山系は琵琶湖岸から一気に1000m近くせりあがっているので、尾根からの眺めが非常に良い。ヒルが出たと言って盛り上がる。雲行きが怪しい。琵琶湖側から風と一緒にガスが吹き上がってきて、小女郎峠に着くころには一面真っ白になる。小女郎ヶ池に立ち寄り、ご飯を食べようとすると同時に雨がパラパラ降り始める。ツェルトで雨宿りをしながらお昼ご飯を食べる。食べ終わって出発の準備を始めると、すかさず雨が止んで太陽が出る。ちょうど休憩中だけ雨だった。小女郎峠に戻ると権現山で見た時よりもはっきりと琵琶湖が見える。しばらく小刻みにアップダウンを繰り返し、最後に100mほど登ると蓬莱山山頂に到着する。急に人がたくさんいる。びわ湖バレイでは、年々いろいろなアトラクションを増設して夏場の集客をはかっている。リフトが稼働しているが、当然我々はスキー場の斜面を歩く。そこは鹿のフンだらけで踏まずに歩くことは難しい。ゴンドラの駅がある打見山に近づくにつれてますます人の密度が高くなる。ゴンドラ駅の脇から下りに入る。クロトノハゲまでは自然林だが、その先から植林地になり、延々と続くつづら折れの道が始まる。途中の天狗杉は大きい。砂防ダムを過ぎるとようやく道がなだらかになる。湖西道路の下をくぐり、樹下神社の正面の道を下っていくと琵琶湖岸に出る。波打ち際でしばらくのんびりして志賀駅から帰り、梅田で打ち上げをして解散した。
s-go37.jpg


s-go3.jpg


s-go7.jpg


s-go10.jpg


s-s-go11.jpg


s-go15.jpg


s-go19.jpg


s-go22.jpg


s-go24.jpg


s-s-go27.jpg



s-go35.jpg


s-go38.jpg


s-go39.jpg


s-go44.jpg


s-go48.jpg


s-go49.jpg


s-go50.jpg




Category: ハイキング
Published on: Mon,  01 2014 23:41
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment