2014.09.13-14 別山谷カラスノ谷/沢登り
別山谷カラスノ谷報告  参加者3名

13日前夜発で岐阜県側の別山谷カラスノ谷に行ってきました。
12日途中仮眠を取って13日天候晴れ。朝8時前、石徹白登山口から入山。400段の階段登りで石徹白大杉。樹齢1800年だが、二次植生で生き長らえている大木を過ぎ、避難小屋までの登りが続く。小屋横で一本、沢装備を付け出発。銚子ヶ峰よりに進み鞍部から下降。しばらく藪を漕ぎルンゼに入る。ショボイ流れも下降にしたがって滝が現れ、多くの支流を集め大滝の懸垂下降となる。滝横の巻きに懸垂下降に時間を費やし、何とか別山谷本流に入る。既に15時を回り早々にテン場探し。16時過ぎから焚き火の後、満天の星空で一杯。
14日天候曇り時々晴れ。朝4時起き5時40分発。別山谷は河原とゴーロが続く。カラスノウシロ谷が、右岸より入るとしばらくして二俣へ。左俣のカラスノ谷に入る。廊下の連瀑帯を過ぎると小滝と5m滝が数個、斜瀑。直登は厳しく巻きに終始。10mの滝も大きな高巻きをし懸垂下降で沢に戻る。ほとんどの滝が取付付近がハングして大きな釜をもって行く手を阻む。20m滝から長い廊下に入る。渋い草付きの高巻きと懸垂下降交え廊下に戻るも、次々に現れる滝は直登不可。巻きに神経を使い10mの滝を渋い登りで上がり、17時過ぎ左岸にテン場設営。明日は、予定を変更して三の峰に突き上げる支流を詰め下山にする。今日も焚き火と満天の星空を堪能し就寝。15日曇り時々晴れ。4時過ぎ起床し6時前出発。支流は滝が有るもののゴーロからガレと笹藪。9時前別山への登山道に上がり下山した。
予想以上に悪場が多く巻きに難渋した。滝はほとんどが逆層で滑って厄介。雪渓のある時期の方が遡行可能かもしれない。

この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.09.14-15 金ヶ丸谷/沢登り 奥美濃 | メイン | 2014.09.07 猪谷沢登り/比良>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/312-e722eac3
| メイン |