2014.09.21 武奈ヶ岳ハイキング
- 2014/09/23(Tue) -
山域:武奈ヶ岳(比良山系)
参加者:3名
日時:2014年9月21日
天気:晴れ
行程:7:00茨木出発~(車)~8:25イン谷口の駐車場8:35出発~9:00大山口~9:35カモシカ台?9:45~10:25北比良峠10:35~11:20コヤマノ分岐~11:40武奈ヶ岳山頂12:10~12:50比良スキー場跡~13:40シャカ岳~15:10駐車場

 正面谷をつめて金糞峠に突き上げる予定だったが、落石が多いので通行止めになっていた。予定を変更してダケ道を登る。ジグザグに高度を上げていく。最近の大阪の朝夕の気温からして寒いことを期待していたが、暑い。さらにジグザグに高度を上げ、平坦な尾根道に出ると、右にシャカ岳、左に堂満岳が見える。北比良峠に出ると東に琵琶湖、西にコヤマノ岳と武奈ヶ岳が見える。八雲ヶ原は人が多い。踏み跡も多いのでわかりにくい。ヤクモ池をのぞくとイモリがくねくねしていた。八雲ヒュッテ跡の少し北から、西に向かってスキー場のゲレンデ跡を登る。直射日光を遮るものがなくて暑い。ゲレンデが終わってからの道はあまり踏み跡が鮮明でないので心配になるが、無事にコヤマノ岳との分岐に着く。そこから20分ほどで武奈ヶ岳。人は多いが、特別多くもない。山頂の北側でお昼にする。寒いことを期待してテルモスに熱いお茶を入れてきたが、飲む気にならないのでスポーツドリンクでシャケ弁を食べる。お昼休憩は30分ほどにして下山する。八雲ヒュッテ跡までは来た道を戻り、ヒュッテ跡の東のゲレンデ跡を登る。午前中に登ったところよりもはるかに緩やかなのでこちらは初心者用か?スキー場跡からシャカ岳までの登りもこれまでに比べると緩やかでどんどん足が進む。シャカ岳の山頂は展望がない。山頂から標高差800mほどの急な下りを終えると駐車場に着く。
s-kitahiratouge.jpg


s-yakumoike.jpg


s-biwako.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.09.21 百丈岩/例会岩トレ | メイン | 2014.09.14-15 金ヶ丸谷/沢登り 奥美濃>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/313-4a172c6a
| メイン |