2014.10.26 三重嶽~大日岳~大御影山 ミニ縦走
日時  : 2014年10月26日(前夜発日帰り)
メンバー: 5名
行程  : 25日20:00近鉄久宝寺口 = 吹田IC=名神=京都東IC=湖西道R161=R203=R534 =22:30函館山スキー場の駐車場にてテン泊

      26日 テンバ6:30~河内谷林道ゲート7:15/7:50 ~三重嶽登山口(470m) 8:15~本谷橋分岐9:30 ~三重嶽頂上(974.1m)9:50~大日岳/大御影山分岐11:25~大日岳頂上(750.9m) 12:00/12:25~大日岳/大御影山分岐13:00 ~大御影山頂上(950.1m) 14:20/14/30 ~本谷橋(548m)15:22~車止16:00

山行時間:約8時間
山行距離:約17㎞


春の新緑、夏は癒しの木陰、秋は黄葉、雪中の冬枯れと四季折々の橅の姿を楽しめる高島トレイルにここ2,3年嵌まっています。山腹の紅葉より一足はやい稜線の黄葉を求めて行ってきました。

参加メンバーは久宝寺を起点にピックアップされ、一路今回の入山口である河内谷に向けて出発。名神から湖西道R161と函館山スキー場方面にまっしぐら、スキー場リフト乗り場の手前駐車場でテントを設営し、小宴会後12時過ぎ就寝。

26日朝6時起床。天気薄曇り、テントを撤収し出発6:30.。 途中石田川ダム方面へ行く林道と別れ河内谷林道を進む。この分岐より舗装路が地道となり、夜間はちょっと通りたくない道。30分程で車止めに到着。数台のスペースの狭いゲート前には1台の先行車有。山側は落石が怖いので谷側に駐車する。すぐに出発したいところが、Hさん起きてすぐより体調すぐれず、胃の痛みで車に残ると言うのを、7,8時間も置いていくわけにもいかず、だましだまし谷沿いの林道を進む。20分程で登山口の標識に出会う。三重嶽への道は登山口すぐからの急登で、針葉樹の多い山腹、群落をなすシャクナゲにつかまり、掻き分けながら登る。花の時期はきっと奇麗だろう。標高670mで一本。胃薬を飲んで我慢のHさん、胃の痛みは間遠になり、真っ白だった顔に赤みが差して何とか行けそうな雰囲気。 9:30 右から本谷橋からの道が合流する。この分岐を左へ、この辺りより橅が多くなる。黄葉も丁度良い時期のような。9:50 三重嶽(974.1m)頂上着。それぞれ単独の登山者2名が向かい側から来てもと来た道を戻って行った。どこから来てどこへ行ったのかわからない。

三重嶽山頂からの縦走路は低木の紅葉とシダ類の緑が綺麗なコントラストで、道もよく踏まれていて歩きやすい。大日岳/大御影山の分岐近くになると大きな橅が林立する中を歩くのも気持ちが良い。11:25分岐着。大日岳は進行時間が遅ければカットするつもりだったが、 大日岳12時到着可能と判断して左の稜線を進む。続く橅林は更に心地よいが踏み跡は不明瞭で赤テープを頼りに歩く。 大日岳頂上手前に「電波塔跡→」の標識あり。着いてみると電波塔跡ではなくて電線を架けた現役の電波塔だった。12:00丁度大日岳(750.9m)到着。早速昼食を摂り12:25 もと来た道を戻り大御影山へ向かう。空腹のあまり大日岳の写真を撮り忘れた事に気付く。この稜線は三重嶽分岐からはしっかりした踏み跡になり、場所によって溝状になっている。高島トレイル道だけを歩く人が多い為のように思える。暑くもなく寒くもなく、涼やかな風を受けながら先を進む。やがて反射板が見えたその先に大御影山(950.1m)頂上があった。14:20山頂着。山頂から北東方角に見覚えのある尾根が、5,6年前スノーシューでトレースした尾根だ。2度目の大御影山頂と言うことになる。

山頂写真を撮ってすぐ下山にかかる。北から南へ走る尾根を河内谷へ降りる。この道はトレイル道から外れているので、やはり不明瞭な道。テープ頼りの下山が続く。痛めている左膝が泣きだした頃林道に到着。急下降で赤テープを外して林道に降り立つ15:20。林道法面3~4mを掴んだ枝が折れて滑り落ちるメンバーも有ったが、無事下山。林道を少し行くと本来の下山口がある。林道をあるき本谷橋(548m)を渡り谷沿いの道を駐車地点に戻る。ジャスト16:00

お目当ての橅は場所によっては既に落葉していたが、登山靴の靴底からカサカサと聞こえる踏音が耳に心地よく、天候にも恵まれて癒しの山行となった。
s-IMGP1184.jpg


s-IMGP1177.jpg


s-IMGP1180.jpg


s-IMGP1182.jpg


s-IMGP1185.jpg


s-ta7.jpg


s-ta9.jpg


s-ta12.jpg


s-ta13.jpg


s-ta126.jpg


s-ta30.jpg


s-ta35.jpg


s-ta38.jpg


s-ta39.jpg


s-ta45.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.11.03 西山谷/六甲山 | メイン | 2014.10.26 地蔵岳東稜/雪彦山 岩トレ>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/320-0ee622be
| メイン |