2014.12.30-01.01 燕岳/北アルプス
新年あけましておめでとう御座います。
山遊楽会は今年も安全登山をモットーに 教育、計画、トレーニングを実施し無理のない計画を遂行していきたいと思っています。
どうぞ今年も山遊楽会(サフランカイ)のブログをお楽しみください。

年末年始山行とし、2泊3日で北アルプスの燕岳に行ってきました。
しかしながらとても残念な事に私達の山行同日に道迷いにより低体温症、おひとりの女性の方がお亡くなりになりました。
下山後に改めてこのニュースを知り この場を借りてお悔やみ申し上げます。ご冥福をお祈り致します。


s-djoiddd 084

2014 12/30-1/1 2泊3日 6名

12/30深夜 道の駅安曇野にて仮眠後 9時宮城ゲートから歩き出す。ゲートに登山指導所がありここで予め用意していた登山届を提出、ここから林道をひたすら12キロを歩きます。
ゲート手前の駐車場
s-djoiddd 002


宮城ゲート
s-djoiddd 003


中房温泉までの距離が書かれた看板
s-djoiddd 004


雪が降り続き・・・
s-djoiddd 008


7キロほど歩いた所にあるトンネル 雪が降っているので休憩には最適でした。
s-djoiddd 010


つらら
s-djoiddd 011


ひたすら歩く・・・歩く・・・
s-djoiddd 016


歩き出して5時間30分 14時30分 中房温泉到着 テント装備を担いでいるのでこんなもんかな?
s-djoiddd 025


小屋でテント代一人700円を支払い テントを設営 この辺りは温泉源の地熱があるため雪かきをしなくて楽チン。
早々に宴会を始める
沢山の美味しい食事を作って頂きました。マグロ、アボガド、マーボ春雨、サラダ、豆乳のお鍋、雑炊・・・
夜は深々と雪が降り続く
s-djoiddd 032


s-djoiddd 035


12/31 大晦日 3時30分起床 5時45分登山開始
昨夜積もった新雪が15㎝~20㎝登山口より昨日のトレースがなくなりヘッドライトを灯しラッセルしていく、すぐに雪が深くなりワカンを装着し急登をひたすらラッセル、ラッセル・・・(これは時間がかかりそうだ)
先頭を歩き道を切り開いていくのはある意味優越感があります、後続パーティーが追い付いてくるまで頑張るぞー!
8時 通常なら1時間で来れる第二ベンチ 2時間15分もかかりようやく到着。完全に雪に埋もれていました。
s-djoiddd 044


掘ってみた(笑) 確かに第二ベンチ
s-djoiddd 045


約3時間のラッセル、ようやく後続のスノーシューの単独の男性が現れ先頭を譲る。(ようやくこれで楽になる)
s-djoiddd 049


途中アイゼンに履き替え5時間かかり合戦尾根で大休憩。相変わらず雪が降り続き視界は悪い このころになると大人数になり登山道もしっかり踏み固められ歩きやすくなりました。そして森林限界を超えていく。
s-djoiddd 051


12時45分 歩き出して7時間燕山荘に到着。寒いのですぐに小屋に入りコーヒータイム
s-djoiddd 054


さてさて燕岳の山頂に行くか行かないか?稜線の風と天候を考えながら行くなら今か・・・と、外に出てみる。
風は強いがなんとか行けそうだと判断参加メンバーを募る。6名中、4名が行くとの事で用意をします。
s-djoiddd 055


s-djoiddd 058


視界は悪い
s-djoiddd 062


イルカ岩
s-djoiddd 063


強風に耐えながら1時間 燕岳山頂(標高2762m) こんなに気象条件が悪いのに北アルプスの山頂に立てるのは全て燕山荘があるからです。本当に小屋の有難さを知ります。
s-djoiddd 065


山頂直下の風景
s-djoiddd 067


寒い、寒い 体感温度はマイナス20~30度か?山頂で写真を1枚だけ撮りすぐに下山。
s-djoiddd 068


めがね岩も寒そう~(小屋に戻る頃には風が更に強くなる)
s-djoiddd 069


17時から楽しい夕食です。
大晦日なので年越しそば、振る舞い酒も付いていました。
s-djoiddd 072


燕山荘の大晦日は深夜0時まで食堂が解放され大型テレビには紅白が見れます。(凄い)
私達もせっかくの大晦日 大いに楽しみました。
s-djoiddd 079

ですが眠気に負け、カウントダウンまでに寝てしまいました。

1/1 元旦 外は吹雪。小屋の中は快適。
5時45分朝食 おせちと雑煮
s-djoiddd 080


外に出てみると以外に燕岳が見えました。
s-djoiddd 082


6時30分下山開始。下山する人はまだ居ません。ワカンを付け今日も先頭を歩きます。
ふかふかの新雪、雪は膝上まで潜り足も取られ大変でした。
s-djoiddd 093


下りのラッセルは早い、1時間ちょっとで合戦小屋。
s-djoiddd 096


休憩していると人が増えてきたのでワカンを外します。
一応 初日の出。
s-djoiddd 099


10時 3時間15分かかり中房温泉まで戻ってきました。(雪は降り続く)
s-djoiddd 103


14時 初日に5時間30分かかった12キロの林道歩き、下りは3時間30分で車まで戻りました。
下山後はビレッジ安曇野で入浴をし道路状況をチェックし高速道路に乗りましたが・・・・ 大型寒波が到来 走っている間にどんどんと関西圏に被害をもたらし京都周辺の道路、名神高速 栗東~京都が通行止め。新名神も通行止め。
残すは名阪国道に頼みを託し迂回し亀山まで行きましたが直前に関~南在家までこれまた通行止めになってしまいました。もはや帰れるのは一般道のみ、満を持っして25号線で山越えを試みましたが国道にはノーマルタイヤや普慣れなドライバーが溢れかえり 事故を起こした車両や溝に落ちた車、動けなくなったトラックや普通車で こちらも中々身動きが取れなくなり 各自自宅までお送りして自宅に帰ったのは朝の6時でした。安曇野から自宅(大阪)まで結局15時間もかかってしまいました。(泣)
それでも、年明け早々 楽しい仲間と過ごすことが出来とてもいい正月になりました。
皆さん今年もいい年でありますように。

この記事のURL | 雪山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.12.29-31 冬山合宿/木曽駒が岳/中央アルプス | メイン | 2014.12.23 蓬莱峡岩トレーニング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/333-224b1d01
| メイン |