2015.02.15 御在所アイスクライミング

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



御在所へアイスクライミングに行ってきました。参加者4名
予定ではロープウェイを利用し山頂よりクライムダウンし αルンゼに取り付き3ピッチを登攀、時間が余れば第三ルンゼを更に3ピッチ登攀の予定でしたが・・・

8時にロープウェイの駐車場に入ります。そのまますぐにチケット売り場に向かい売り場前にて準備を進める。
トイレに行ったり、ハーネスを付けたりで・・・小1時間。9時前になり、関係者から説明がありました。
「本日、15m~20mを強風の為ロープウェイの運行を見合わせております」と・・・いつ動くか分からないとの説明。
折角、楽々アイスクライミングのつもりが1合目からの登山になりました。

600大阪発~800ロープウェイ駐車場~900ロープウェイ発車時刻~915歩き出し~1020藤内小屋~1200取り付き
~1245登攀開始~1330 1ピッチ終了~1400懸垂開始~1445裏道(登山道)~1540藤内小屋~1630下山
s-bihuihui 026

待っていても仕方がないのでロープウェイ横より歩き出す。
天気はそこそこいいんだが
s-bihuihui 003


まずは藤内小屋に向かいます、上に上がるにつれて時折雨まじりの雪が降ったりで状況はよくありませんでした。
それでも山頂に向かう登山者はそこそこ居ました。
小屋で少し休憩をし、先を進めます、1ルンゼの中又が見えてきました。よく見ると2パーティーが登っていました。
s-bihuihui 012


中又を見送り、いつも岩登りでいく藤内沢出合も通り過ぎ、裏道登山道をひたすら登ります。
すると、前壁ルンゼの滝が見えてきました。
滝もしっかり凍っています。
s-bihuihui 015


ここかな?と思いましたが、師匠が「ここちゃうで~」と言いまた先を進めます。
よく見るとここも2パーティーほどが登っています。 私達から以外に近いですが悪天の為 視界がとても悪いです。
s-bihuihui 017


ようやくαルンゼが見えてきました。直前に1パーティーが入ったようで しっかりしたトレースがあり私達もそこを歩きます。
s-bihuihui 019


この辺りから更に風は強くなり 視界も悪く 上部を見ると目が開けれない状況です。
師匠が前のパーティーが登りきるまで暫く休憩しておくようにと言われ寒い中、待ちます。
前パーティーの様子
s-bihuihui 021


12時45分 ようやく登攀開始。
s-bihuihui 026


滝はしっかり凍り、そこそこの厚みもありアイスパイルがよく効きます。
s-bihuihui 028


1P目 35m
A班 アイススクリュー2本、灌木1本でランニング 支点はアイススクリュー3本
B班 アイススクリュー3本でランニング 支点は灌木にて

B班トップ  
s-01 アルファルンゼ第1ピッチ


A班セカンドのHさん(初アイスクライミング)
s-02 アルファルンゼ第1ピッチ


s-03 アルファルンゼ第1ピッチ


目の前に2Pが見えていますが ここでタイムアウト
s-bihuihui 032

14時 1P目終了点より懸垂下降を始める
s-bihuihui 036


25mの懸垂下降を2回
s-05 アルファルンゼ第1ピッチ終了点より懸垂


懸垂下降後も傾斜がキツク 念のためにダブルアックスを使い後ろ向きに降りて行きました。
s-bihuihui 039


14時45分 裏道登山道に戻り 安全地帯に入ったので水分と食糧補給。
そこから見た前壁ルンゼの氷瀑は ガスが消え綺麗に見えていました。
s-bihuihui 044

機会があれば再度チャンレジしたいものです。以上終わり
Category: アイスクライミング
Published on: Mon,  16 2015 22:48
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment