2015.02.15 御在所アイスクライミング②
御在所岳前尾根アルファルンゼ 山行報告

日時  : 2015年2月15日(日)
メンバー: 4名

午前8時、御在所ロープウェイ駐車場着。アルファルンゼの一番乗り目指して、9時始発の一時間前に乗り場に到着し、すぐに歩き出せる用意をして切符売り場に並んでいると、係員がハンドマイクを持って出てきた。風速が15mを超えるとロープウェイの営業運転ができないらしく、現在の風速は16~18mなので9時からの運転は見合わすとのこと。低気圧が発達中で、当分運転の見込みは無さそうだ。これは想定外だった。しばらく待ってみたが9時の時点でも状況は変わらず、風速は16~20mと更に悪くなっている。相談の結果、裏道登山道を登ってアルファルンゼに取り付こうということになり、とりあえず藤内沢出合まで歩いて、その先を決めることにした。

9時05分、ロープウェイ乗り場発。裏道登山道を行く。細かい雨を伴った風が強く、藤内小屋辺りで雪に変わる。10時45分藤内沢出合から見上げる中俣の氷瀑はよく発達し、登攀中のパーティーも見える。この時点でアルファルンゼの登攀を決定し、取り付き点目指してもうひと登りする。
前尾根が風雪の合間にその険しい稜線を見せ、やがて前壁ルンゼの氷瀑が見えてきた。岩壁はベルグラに覆われ、ルンゼの蒼氷に取り付くクライマーの姿も見える。これほど氷結した前壁ルンゼを見るのは初めてだ。

11時40分、アルファルンゼ出合着。運悪く二人組の先行パーティーが前に入ってしまった。ルンゼは吹き下ろす風の抜け道なり、雪混じりの強風を正面から受けることになる。氷瀑取り付きの少し手前の岩陰で風を避けながら順番を待ち、行動食をとる。しばらくして取り付きに向かうと、先行パーティーはまだ準備中だった。彼らの登攀開始まで更に20分ほど待たされた。取り付き点で待機している間、風は更に強くなり、雪が顔に打ちつけ、立っているとバランスを崩しそうになる。
「この調子では上まで抜けるのは無理なので、1ピッチ登って懸垂しましょうか」というOさんの助言があったが、私としては核心の第2ピッチを登らずに帰るのは残念で、完登への未練が少し残る。今日のアルファルンゼの結氷状態はかなり良く、第1ピッチの左側も登れるくらいに凍っている。先行パーティーのトップが終了点に近づいたのを見計らって、Hさんと私が組んで左側から取り付くことにした。Tさん-Oさんパーティーは、先行パーティーの後を右から取り付く。
12時30分、登攀開始。少し登ってスクリューを入れるが、やはり左側は氷が薄く、15cmのスクリューでは3cmほど残して先端が岩に当たってしまった。12cmに替えて支点を取り、数m上がってもう一本取る。三本目は右側の灌木から取り、終了点まで抜ける。ビレー点は通常右側の灌木帯から取るが、3パーティーも入ると混雑しそうなので、落ち口の氷床にスクリューを3本入れ、固定分散でビレー点を作り、Hさんにコールを送る。
まもなく右側のルートをTさんがトップで登ってきた。慎重で確実な登攀は安心できる。セカンドのHさんは初めてのアイスクライミングだが、バイルをしっかりと氷に打ち込み、安定した登り方で心配ない。そのまま灌木帯まで登ってもらい、第1ピッチ終了。Oさんも難なく登り終え、13時25分、全パーティー第1ピッチ終了。
風は益々激しさを増して、立っているのも困難になってきた。この状態では先に進むのは無謀と判断し、撤退を決定。先行パーティーも撤退を決め、同ルートを懸垂下降する準備を始めている。Oさんは同ルートではなく灌木帯からひとつ右側の谷へ懸垂するルートを選んだ。樹林内の雪壁を2ピッチで沢筋まで下降できた。
14時20分、裏道登山道に合流して、ようやく強風から解放され、行動食をとる。15時20分、藤内小屋着。16時25分、ロープウェイ乗り場駐車場着。

今回の山行では、雪や氷を読む目、地形をつかむ能力、進退の決断など、改めてOさんの総合的な力量を感じた。パーティー全体の力量を把握し、適切な判断を下せるよう努めたいと思う。

固定分散でビレー点を作成
s-061212.jpg




この記事のURL | アイスクライミング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2014.02.15 霊仙山スノーハイク | メイン | 2015.02.15 御在所アイスクライミング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/348-d345c3c0
| メイン |