2015.02.21-22 上谷山(うえんたにやま) スノーシュー
2015.02.21-22 福井/上谷山

<行程>
2/21 6:50 大阪 -9:20 今庄IC -10:40 広野ダム停車 -11:20 浄水場 出発 
-13:05 726M P -14:35 手倉山1,037M(テン場) -15:30 テント設営完了
2/22 5:00 起床 -7:00出発 -8:20 上谷山 1,196M -9:35 手倉山(デポ回収)
-11:55 浄水場 -12時半頃 乗車 -16:30 大阪

<参加者>4名 
 
<山行について>
2/21  2週前栃の木峠~下谷山に行ったメンバーで、今度は上谷山へ向かいます。10時過ぎに広野に到着。天候悪化の予報にそぐわないような晴天青空です。適地が無いため広野ダムで停車し、橋立寄りの取り付き点まで歩きます。途中の道路は凍っていて時折危険です。浄水場でわかんを装着して歩き出しましたが暑くてたまりません。すぐに一本を取ります。まあまあの積雪にトレースがしっかりあります。しばらくで左手に広野ダムが見下ろせます。汗だくにも慣れてきて高度を上げます。726 Pに着きお昼をしっかり取って、本日まあ手倉山まで行けそうかなあという感じです。726 P辺りでは左手(東方)に連なる白い山々が見えます。ミノマルやササガミネだそうです。726 Pから手倉山までは距離2km・300M UPほどです。気温が高く、樹々の枝上に雪はほとんどありません。ときどき雪の塊が枝上でぽたぽた雫を落として溶けています。自分の身体はずっと汗ぐっしょりです。地形図をいまひとつ読めないなりに手倉山に到着しました。Fさんが風をよけて適地を見定め、テント設営開始です。Kさんが鮮やかにさくさくとブロックを切り出す。しっかりブロック形状であることが大切なようです。雪質のせいか、別の理由か、自分はうまくブロックになりません。力任せにスコップを使い、すぐ腰がへばります。力は要らないんだよと楠元さんが言いました。今振り返ると、自分でやってみるのも良いけど、それより楠元さんのやり方何から何までじっくり見ておけばよかった。テント設営完了し、Fさんは時計を見てやっぱりこれぐらいかかってしまうもんかぁ、と言いました。
2/22  朝4時起き予定が、自分がしくじったため5時起きになってしまいました。その4時か5時の頃に風が一番激しく暴れていて、テント外の激しい音がシュラフの中で聞こえました。霊仙を思い出して、どんな悪い状況でも自力で下りなければどうしようもないと胃が縮む思いでした。起床して朝食を取りながら周りが明るくなるの待つにつれて、次第に風は暴れなくなりました。テントを撤収し荷物をデポして、稜線の風がどうかによるけれど行ってみようかとなりました。稜線上で後悔しないように目出し帽をかぶりしっかり着込んで出発しました。1,069 Pを過ぎると見事な雪尻の連なりが現れました。時折強めだけれど危険ほどではない風に煽られながら稜線を登り、1,168 P県境尾根、そこから25分で上谷山に立ちました。2度目にして山頂に立てたTさんは喜び一入のようでした。山頂はガスで周囲は真白でしたが、下り始めるとすぐガスが晴れて爽快に展望が開けました。風が強く、すごい速さで上空の雲が流れ、周囲の尾根をガスがかけ上がっていました。周囲の尾根を見渡して景色を眺め、ここまで登って来られたことを噛みしめました。テン場に戻るとすぐ小腹が空いてしまい、補給をして撤収 出発しました。しばらくしてKさんが立ち止まり、間違いやすい尾根分岐を教えてくださいました。下りの方が難しいとは聞かされていたけれど、誤りやすい尾根分岐は前もって地形図で目をつけておかないととても気付けないと思いました。726 Pを過ぎた辺りで、Kさんがスノーシューを貸してくださり履き替えました。初めて歩いてみるとわかんと全然違う歩き方で驚きました。平坦なところはとても足を前に出しやすいけれど、下りとなると自分テクニックが無く滑るので怖くて立ち止まるばかりでした。使いこなせるようになるには練習が必要です。荷が少ない時にまたチャレンジしたいです。下りの終盤から雨が降り出しました。浄水場につくと、広野のダムまで楠元さんがひとり雨のなか車をとりに行って下さいました。3人で雨宿り身づくろいしながら、天気がほんとにうまい具合にもって良かったと思いました。下山時刻も早かったので、16時半頃帰阪しました。石鎚山は来年の冬こそ行こうということになりました。

s-edtP2220140.jpg

巨木に興味しんしん
s-1テルミィ巨木に興味津々P2210112


手倉山の急登
s-2手倉山手前の急登P2210121


テント設営中
s-3テント設営中P2210127


s-4テント設営完了P2210131


張り出した雪屁
s-5手倉山から上谷山方面に張り出した雪庇P2220133


上谷山の急登
s-7上谷山手前の急登P2220145


山頂視界なし
s-8上谷山山頂視界なしP2220148


遥か先に見えた双耳峰を確認中
s-9遥か先に見えた双耳峰を地形図で特定中P2220152


Kさんの報告書
名神から北陸道に入り今庄ICを出ても道路に雪はなく、面倒なチェーン装着をしなくてすみ助かった。FさんのスリムなRAV-4に冬装備を詰め込んだので車内は足の踏み場もなく、助手席もスノーシューに占領さていて満足に体が動かせるのは運転席のみ。
R365から、そば道場の看板を左折してr245に入る。道路にあったソーラ式温度計は2℃を表示しており気温が高い。橋立付近では道路の両サイドに除雪された雪の壁がガチガチに固まっていて駐車できるスペースは見つからなかった。広野浄水場への入り口は除雪がしてあったが、雪が残っていたので敬遠して広野ダムまで進んで駐車した。
ダムから浄水場まで距離があるので、手前の尾根から取り付けないものかと地形図を見てみたが傾斜がきつく、かえって時間がかかるように思えたのでおとなしく浄水場まで引き返す。浄水場でスノーシューとワカンをそれぞれ装着し、先行者のものと思われるMSRとワカンの跡を追う。踏み跡は新しかった。
杉の植林を越えブナ林の急登を登ると左手に広野ダムのダム湖が見えた。
出発時間が遅かったので、手倉山までたどり着けるか時間が気になったが2時間ほどでP726に着き、地図を確認してこのペースなら何とかたどり着けるだろうと先を急ぐ。P726からはなだらかな雪面となり天気も良いので、ブナ林を眺めながらお茶でもしたい気分である。
時折強い風が吹くが、天気も概ね問題なし。
雪は一旦融雪してから再度固まった感じで、出発時にはクラストしていた雪も気温の上昇で緩んでやや重になった。しかし、先行者の付けたトレースがしっかり付いており速度は上がる。
14:35、すんなりと手倉山到着。先行者のテントは無く、トレースが先に続いていた。上谷山へ目をやると、急登を行く先行者の姿が三人小さく確認できた。
西側の緩い斜面を削って整地して風除けのブロックを東面を中心に積みテントを張る。スコップで切り出したブロックは境界がはっきりと確認出来、少しの衝撃で二つに分かれた。先日の下谷山への山行でOさんが弱層雪崩と言っていたのを思い出す。この時期にしては暖かく雪も緩く重たい。
稜線に当たる風はさらに勢いを増して吹いているが風でトレースが消えることはないだろうと思いながらテントに入った。日が落ちても風は止まなかったが、夜空には星が広がり下界の町の灯が見えていた。
明日は天気が悪い、雪が降ればトレースは消える。朝起きてから判断しましょうと話し合い就寝。

翌朝、風のすさまじい音は相変わらず外から聞こえる。
薄明かりのなかでテントをたたみデポして軽荷で出発。ここからは、稜線を吹く風が強いので、突風に注意して進む。
上谷山に続く尾根を追うと細尾根の南側に見事な雪庇が連なって見える。雪面には強風で落とされた霧氷が粉々になって積み重なり、木にはひとかけらも残っていない。
雪庇を慎重に避けて進み、P1168を過ぎてからガスで視界が阻まれ、上谷山手前の急登を登りきると視界は効かないが雪原になっているようだった。ややこんもりとした所を見つけてGPSを確認すると上谷山のピークを踏んでいた。記念撮影だけすませて、さっさと下山。
手倉山でデポした荷物をパッキングして強風下の主稜線から広野へ伸びる支尾根に移ると風はなくなり時折青空が見えた。雪はさらにぐじゃぐじゃになり、ツボ足で歩くと足は真っ直ぐに刺さらず右に左にずらされた。
P726で右手下方に見えた広畑ダムの人造湖を見て「ノルウェーの森みたいですよ」とYさんが教えてくれる。
2、3年前に訪ねたようなので本当に似ているのだろう。登りの時に言ってくれていたら、ゴージャスな気分でNORGEの森を満喫できたのにな。残念。
11時過ぎから降り始めた、みぞれまじりの小雨のなか12時に広野浄水場に到着。天気が持ってくれて感謝。

この記事のURL | スノーシュー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.03.15 例会ハイキング 一徳坊山 | メイン | 南八ヶ岳/石尊稜 山行報告>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/355-2c88c56a
| メイン |