2015.05.17 第二回初級登山講習会/六甲

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



2015年度 第二回初級登山講習会     場所/六甲ロックガーデン周辺

★剱岳や北アルプスに代表されるように一般登山道であっても危険な岩稜帯を歩くケースが沢山あります。また、そういった場所では滑落や転落事故も少なくありません。また低山であってもそのような場所が沢山あります。岩稜帯をより安全に越えるための基本的な知識と技術を身につけてもらいます。また沢登りやバリエーションルートを目指すメンバーは岩トレは必携となります。岩トレをすることによって岩稜帯での体の動かし方に慣れ、峻険な登山ルートでもゆとりを持って歩けるようになります。★
そのために私達はお助けをします。

■座学 観天望気 行動食 高山病 アイソトニック ハイポトニック エイトノット結び

■実技 ハーネスの付け方 エイトノット結び 装備点検
-岩稜帯を歩くための基本的な技術習得-
クライミング体験(岩場でのホールド・スタンスの取り方や姿勢、三点確保などの基本的な動作からはじめます。)
沢筋の歩き方(スタンスの取り方、足の運び方を学びます。) 
トップロープにて登攀練習(トップロープで確保されながら岩場を登ったり、降りたりし岩場での行動を学びます。)
軽アイゼンの付け方(卒業山行 白馬大雪渓を見据えての練習) 
マルチピッチ練習(ザイルを使う意味、高感度に慣れる練習、足で岩場を捉える練習)
 
中級以上 確保の練習 懸垂下降 ザイルの束ね方 ヒトココでの捜索訓練 等々

芦屋川駅~地獄谷~A懸垂岩~ロックガーデン~ブラックフェース~ボルダー群~高座滝~芦屋川駅

15名の参加がありました
s-qwdjiojia 030

地獄谷入渓点にてハーネス、ザイルのつけ方を体験、練習。ロープの一番基本となるエイトノット結びを反復練習。
s-qwdjiojia 001


s-qwdjiojia 003


地獄谷(初級バリエーションルート)にて確保する人、確保される方に分かれ練習
s-qwdjiojia 006


積極的にロープを出して確保の練習
s-qwdjiojia 007


s-qwdjiojia 009


s-qwdjiojia 015


s-qwdjiojia 018


A懸垂岩ではトップロープを3本設置、トップロープで確保されながら岩場を登ったり、降りたりし岩場での行動学びます。
岩場でのホールド・スタンスの取り方や姿勢、三点確保などの基本的な動作からはじめます
中級以上の方は確保練習・懸垂下降
s-qwdjiojia 023


s-qwdjiojia 027


昼食をはさみ 軽アイゼンの付け方、ヒトココの操作方法 テント内で使う台敷きの作成を行いました。
午後からは場所をブラックフェースに移す為に移動
s-qwdjiojia 032


ブラックフェースでは、マルチピッチの練習。
ザイルを使う意味、高感度に慣れる、セルフビレイの取り方、急峻な壁での足、手の置き方など体験
s-qwdjiojia 034


s-qwdjiojia 037


ブラックフェースを1ピッチ登り 中間テラスにて 最終ピッチを見上げ緊張する生徒達
s-qwdjiojia 038


少し危なげな生徒も多少見かけましたが 全員が完登出来ました。終了点では歓声があがる声も
s-qwdjiojia 039


s-qwdjiojia 045


★初級登山講習の第三回目からは歩き、担ぎ、テント生活術が主になってきますが、今回の練習を忘れずに
定期的に行われる岩トレに参加され技術の向上を目指してくださるようお願いします。
また、沢登りやバリエーション、岩登りに参加を希望するものは、さらに急斜面の岩トレ及び確保の練習を行います。★


Category: 初級講習会
Published on: Mon,  18 2015 22:21
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment