2015.06.13-14 第三回初級登山講習会/明神平
- 2015/06/14(Sun) -
第三回の初級登山講習会が奈良県 台高山脈/薊岳~明神平~赤ゾレ山周辺で行われました。
参加者12名

6/13(土) 朝6時30分集合~大又~薊岳~明神平
6/14(日) 明神平~国見山~赤ゾレ山~伊勢辻山~大又

■講習内容 初心者の方の装備点検 パッキング 重い荷物の時の歩き方 読図
テントの設営(張り方 畳み方) ストックの使い方 テント生活術 共同食の作り方 共同生活のノウハウ
コッヘルでのお米炊き

s-jkjkj 081


s-jkjkj 101


初級の方の装備点検を行い、出来るだけ荷物を軽くするよう不要と思われる物は置いていきます。
パッキングのやり方、共同装備の振り分け、現在地の確認を行い歩き出します。

10時 車を大又集落の外れに駐車をしバス停前、笹野神社横より入山します。
s-jkjkj 003


植林の中、高度を上げていきます。もう少し暑いと思われましたが以外に快適に登れました。
まずは歩き出して30分後体調の確認し水分補給を行います。今回はテント泊が初めての方も居られますのでゆっくりしたペースで終始歩きます。
時折休憩を入れながら12時30分大鏡山に着きます。大又から標高差およそ800mです。

ここでお昼ご飯にします。
s-jkjkj 013

ギンリョウソウ
s-jkjkj 007


植林から解放されブナ林に変わっていきます。 稜線はアップダウンが少なく快適な尾根歩き。
s-jkjkj 015


木屋ノ尾頭 標高1300mまで登ってきました。結構疲れてきたと思ったら標高差900mほど登ってきてました。
初級の方の最初の目標はテント装備を担ぎ標高差1000mを歩き通すのが第一歩です。
稜線は風がそよそよと吹き気持ちが良かったです。
s-jkjkj 016


ここからは尖った薊岳が見えます。
s-jkjkj 021


展望が良くなり 南方面を見ると大台ケ原、西南には大普賢岳周辺が良く見えます。
s-jkjkj 024


薊岳直下は痩せ尾根と少しの岩稜帯があります。 先日の岩登りトレーニングが成果が出るかと思います。
s-jkjkj 027


14時30分 全員元気よく 薊岳に到着
s-jkjkj 031


ここから先は癒しの森が続きます。
s-jkjkj 035


薊岳から1時間 ようやく本日の幕営地の明神平に着きました。
s-jkjkj 045


草原で気持ちのいい場所です。
s-jkjkj 050


休憩する間もなく すぐに初級の方にテントを設営してもらいます。
s-jkjkj 054


今回は12名の為 10人用テントと4人用テントを用意しました。
s-jkjkj 055


次は水場に向かいます。
s-jkjkj 057


後は東屋の下で大宴会です。(笑) 色々なおかず、酒のアテが出てきて ゆっくり時間が過ぎていきます。
とても至福のひと時です。お酒が回り、お腹が満たされてきた所で、お米5合をコッヘルで炊く練習。
その横では食事担当のHさんが具沢山のカレーを作ってくれてます。お米の炊き具合も完璧、カレーも最高。
宴は20時すぎまで続きました。
s-jkjkj 069


21時就寝
6/14 5時30分起床 天気予報を見ると雨の予報です、が、深夜に降ったきりで今は降っていません。
薄曇りですが日が上がってきました。
s-jkjkj 075


テント場をスケッチ
s-jkjkj 127

s-jkjkj 128


朝露
s-jkjkj 138


朝食も豪華なメニューです。
s-jkjkj 078


s-jkjkj 079


お腹一杯食べて出発です。 7時30分
s-jkjkj 081


分からないままで観天望気、暫くは雨は降りそうにない感じ。
明神平を振り返ります。
s-jkjkj 084



昨日歩いて来た薊岳周辺の稜線が良く見えます。
s-jkjkj 090


ウシロ嵓(ぐら)にて ちなみに嵓とは「切り立った崖」を意味します。
すぐ後ろは断崖絶壁です。
s-jkjkj 092


ブナ林、カエデの森が続きます バイケイソウも沢山あります。
s-jkjkj 095


今回、読図はかかせません。何度も地図を取り出し確認します。行く方向、現在地を全員で確認しました。
s-jkjkj 096


9時 赤ゾレ山に着きました。この周辺はまるで手入れされた様な庭園が広がり趣のある場所です。
s-jkjkj 097


雨は降りませんでした。山頂から展望が広がります。
s-jkjkj 101


豊かな森、自然林が延々続きます。
s-jkjkj 103


この辺りで一人の男性と出会いました。話を聞けば道が分からず1時間30分ほど迷った様子で引き返しているとの事。
本来行きたい所は私達の一緒と言う事で一緒に歩く事となりました。更に読図に熱が入ります。
伊勢辻山を超え
s-jkjkj 107


どうやらこの先の分岐点を見落としたらしい・・・・事無きを得て分岐点で別れをしました。
ここから先は沢筋の植林が続きます、時折出てくるコアジサイやフタリシズカの写真を撮りながら下りました。
s-jkjkj 113


和佐羅(わさら)の滝を見学。落差35m+8m+5mの連瀑ですが奥の大きな滝は遠くからしか見えませんでした。
s-jkjkj 115


s-jkjkj 118


s-jkjkj 119


一人も脱落者もなく13時に無事下山。やはた温泉で汗を流し 道の駅 宇陀郡大宇陀でエビフライ定食を食べ17時大阪で解散となりました。
s-jkjkj 124

女子が増えすぎました! ただ今、男性会員 大、大、大募集中です!!


この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.06.05-06 沢登り 椀戸谷~中ツ谷/奥美濃 | メイン | 2015.06.07 泉南飯森山ハイキング>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/382-195d4fa7
| メイン |