2015.07.11-12 第4回初級登山講習会/八ヶ岳
- 2015/07/19(Sun) -
2015.07.11-12 第4回 初級登山講習会 報告書
行先  八ヶ岳連峰 天狗岳周辺

新メンバーからの報告です!

行程  7.10 21:30 JR森ノ宮駅集合にて出発~2:30駒ヶ根SAにテントを張り就寝
7.11 5:30起床~6:00駒ケ根SA出発~7:10唐沢鉱泉登山口より登山開始~9:10渋の湯  ~12:30高見小屋(昼食)~13:30高見小屋出発~15:56中山峠~16:00黒百合ヒュッテ着(テント泊)
    7.12 3:00起床~5:50東天狗~6:33根石岳山荘着(朝食)~7:41根石岳山荘~8:31東天狗~9:08西天狗~10:08第2展望台~10:50第1展望台~12:40唐沢鉱泉 入浴後帰阪20:50

参加者 12名
内容
JR森ノ宮駅に全員集合、2台に分乗し駒ケ根SAを目指しました。到着後すばやくテントを設営し
小宴会の後2:30就寝。3時間の仮眠の後、翌朝6:00駒ケ根SAを出発。登山口に向かいます。
車窓越しに雄大な山々とキャベツ畑、別荘地を見ながら、唐沢鉱泉に到着。共同装備を振り分けて登山口を探します。地図では唐沢鉱泉からは3本の登山道があり、コンパスを使い慎重に登山道を選びます。唐沢鉱泉のおかみさんからの熱い見送りを受けて、小屋裏にあるヒカリゴケを観察後、ゆっくりと登り始めます。渋の湯までの道は苔むす樹林帯で、とても神秘的です。渋の湯にて小休憩の後9:30高見石小屋に向けて歩きだした所で、ほぼ完璧なままの蛇の皮を発見。数人は少しの夢を見て、そっとポケットにしまいます。蒸し厚く感じるシャクナゲ樹林帯の岩階段を抜けて、賽の河原に出ます。風が吹いて、爽快な気分になります。なるべく無駄な体力を使わないように、岩と岩を渡るルートを探しながら登ります。時折いい匂いがするシラビソ樹林帯を抜けて高見石小屋に到着です。ここで、昼休憩。昼食後は小屋横の展望岩に登ります。岩から見える白駒池をバックに、各自モデル並みの記念撮影。13:30高見石小屋を後にします。樹林帯を歩き中山展望台で休憩、シラビソ樹林の縞枯れから冬季の厳しい環境を想像します。15:56中山峠、16:00黒百合ヒェッテに到着です。テン場はかなりの混雑でしたが、上手く場所を確保し、夕食の準備に取り掛かりました。今回も前菜から締めのカレーまで、本当に美味しく頂きました。翌日に備え20:00に就寝します。

2日目は予定を変更し、3:00に起床、テントを終い東天狗に向かいます。4:28途中の稜線で日の出を迎えます。他のパーティからも歓声が上がり、しばらく立ち止まり鑑賞しました。5:50東天狗に到着、山頂からは北アルプスから南アルプスまでが見渡せます。記念撮影をし、荷物を軽くし、根石岳山荘に向かいます。根石岳までの稜線には白い砂利が続き、まぶしいくらいです。岩場の隙間にはイワベンケイ、コマクサなどたくさんの種類の高山植物が咲いています。6:30根石岳山荘入口付近にて、朝食をとり、エネルギーを充電したのち、7:40東天狗に向けて折り返します。8:30東天狗より、西天狗へ移動。登りはたくさんの登山者で混雑していました。9:08今回の山行の最高峰2645mの西天狗のピークを踏みます。皆で手をにぎり、ばんざいのポーズで記念撮影。「これがしたかった。」のつぶやきを聞きました。ここからは下りに入ります。岩階段を降り再び樹林帯へ、10:08第2展望台、10:50第1展望台にて小休憩。ここを過ぎると展望は無くなると聞き、少し寂しい気分になります。唐沢鉱泉までの下山道を黙々と歩き、12:40下山しました。そのまま信玄ゆかりの唐沢鉱泉の温泉に浸かりさっぱりし、途中ほうとう鍋やエビ天丼を食べ、全員無事に20:50帰阪。車中、達成感を味わいながら、これからの登山に思いをめぐらせました。ただ単に歩くだけでなく、安全で疲れないルートファインディングをすること。何よりも、皆で声を掛け合って、山頂を踏みしめる喜びを知った山行でした。

s-2015.07.11-12 195
この記事のURL | 初級講習会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.07.05 耳川ウツロ谷/若狭 | メイン | 2015.07.11-12 第4回初級登山講習会/八ヶ岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/390-992c3e80
| メイン |