2015.07.19-20 奥美濃 沢登 三周が岳〜夜叉ケ池
- 2015/08/02(Sun) -
当初、海の日の連休は中央アルプス南越百岳アズキ沢に行く予定であったが台風が11号12号13号と3つ来ていてその動きは遅く、増水の危険ありで諦め、前夜発の京都桂川PAで計画を練り直し三周が岳〜夜叉ケ池に行くことに変更した。
北陸自動車道今庄ICより広野ダム越を越したあたりで仮眠。満点の星空。天の川が流れている。冷えたビールで乾いた喉を潤し、就寝。5:20起床 晴れ 夜叉竜神社駐車場で身支度をし6:40 出発。早朝のせいか未だ誰も来ていない。橋を渡り、渓谷沿いの道を進み「森の巨人」(樹齢400年の大きなトチの木)を過ぎて岩谷川の谷に入る。やはり、水量が多いようだが問題はない。膝下位の渡渉を繰り返す。9:00二俣に出る。休憩し、右俣に入り、詰めていくと藪漕ぎに突入し声を掛け合いながら11:00稜線着。登山道全くなし。獣道はあるかもしれない。かなり南の方向に来たので北方向へトラバースしながらの藪漕ぎ。15mほどの懸垂下降して金ケ丸谷の源流部に降り立つ。少し沢を詰めたところで適当な沢沿いの台地を見つけテント設営準備、夜の22:00まで宴会をした。翌朝、6:10起床。少し遅い7:50出発。金ケ丸谷源流部を20分ほど下り三周が岳真下の小さな沢に取り付く。やがて伏流となり沢は涸れ、シャクナゲと熊笹の藪漕ぎに突入。9:40 1292mの三周が岳頂上真横に出る。さすがS氏の読図力は大したものだ。頂上はだれもおらず背の高い熊笹に覆われている。台形の伊吹山が良く見えていた。記念撮影をし夜叉が池に向けて南に下る。途中、登山道がわからなくなるほど熊笹が絡み合っていた。何人かのハイカーとすれ違い、諦めて帰るハイカーも何人かいた。11:00夜叉ケ池着。木道にはたくさんのハイカーで一杯だ。モリアオガエルの卵も水面上の木にたくさんぶら下がっている。夜叉ゲンゴローや夜叉イモリもたくさん泳いでいるのが見える。11:20下山開始。登山道を下り、昨日、通り過ぎた「森の巨人」のところまで登り返し見学。真近で見て改めて大きさにビックリ。額アジサイがとてもきれいであった。12:45駐車場着。帰りは湖西線大渋滞。17:30茨木着。解散。

s-15.7.19 0333


s-P7190049.jpg


s-15.7.19 0088


s-15.7.19 0177


s-15.7.19 0288
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.07.20 白山 | メイン | 2015.07.25-26 第五回初級登山講習会/白馬岳>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/394-0f15e6c7
| メイン |