2015.07.25-26 沢登り 河原木場沢~オーレン小屋へ

   ★★2017年度 初級登山講習会★★

   ◎バリエーションルートの歩き方と岩登り◎

第一回 4/16 六甲山 芦屋川駅集合 道畔谷~キャスルウォール
装備・読図・三点支持・簡単な岩登り

第二回 5/7 六甲山 御影駅集合 西山谷~保塁岩
沢筋の歩き方・アルパインクライミングとは

第三回 5/21 六甲山 芦屋川駅集合 地獄谷~ブラックフェース
岩登り・マルチピッチとは 
 
第四回 6/4 行先未定
テント泊 テント設営~生活術・縦走とは

※参加条件 一般登山道を5時間以上歩ける人・一般登山用具をお持ちの方
講習会会費 無料  ヘルメット、ハーネスを持参下さい(無い方はお貸します。)

入会の有無、講習会に関係なく興味ある方は 例会にお立ち寄りください。
同時にハイキング参加も随時行っております。(体験ハイキング可能)

例会は毎月第二水曜日 19時40分より。
場所は森ノ宮のANNEX PAL法円坂  大阪市中央区法円坂1-1-35  TEL06-6943-5021
随時、縦走登山、沢登り、岩登り希望の方も募集しております。
初心者から丁寧に指導致します。まずは気軽にご相談ください。

講習会参加、入会に際しての連絡、
質問等は例会に直接お越し頂くかメールにて saffran@hotmail.co.jp 藤原、徳田までお気軽にお問い合わせ下さい。
  <会費等詳細> 入会金1000円 会費1000円/月 (入会時のみ3ヶ月前納)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



北八ヶ岳/河原木場沢/沢登り~オーレン小屋へ
日時:7/25-26(前夜発)
参加者:4名+日帰り組3名
行程:7/25河原木場沢~西天狗岳~東天狗岳~根石岳~箕冠山~オーレン小屋(小屋泊)
    7/26オーレン小屋~夏沢鉱泉~桜平ゲート~醤油樽の滝駐車場

八ヶ岳の沢登りに行ってきました。
今回は、CL、沢リーダー,OBの仙人、クライミングのプロフェッショナルのリーダー、我ら女子3人と計7人の豪華メンバーでの山行になりました。
7/24 大阪市内を20時半に出発し、適当な場所で仮眠。リーダーは車にて、女子3人はテントで小宴会をしてから2時間程仮眠する。
7/25 天気は快晴
6:40醤油樽滝駐車場、日帰り組と合流。準備してから林道を少し歩くと、醤油樽のハイキングコースの案内板があり、右側から入るが、ハイキングコースの左側が河原木場沢であり、入渓し歩く。小滝を登ったり巻いたりしながら・・・1の滝、2の滝、醤油樽の滝へ。
CL達は2の滝を直登するが、私達は高巻く。
醤油の滝までは、巻き道・立派なはしごがかけてあり容易に行けた。
醤油樽の滝は35Mあるらしい。大きな滝で癒されるー(登れるらしい、と後で聞く。)
そこから醤油樽の滝の巻き道探し。木橋の右側からの巻き道がある、との事だが、木橋がいくつかありどの木橋か分からない。木橋ごとに巻き道を探しながら、醤油樽の滝から3つ目の木橋まで戻ると、右上にはっきりとした巻き道があり、大高巻開始。
上の方は崩落しており、歩くのがいささか心もとない。歩く事1時間程・・・醤油樽の滝より少し上に出た。ここは懸垂下降で下り、やっと沢に戻る。(10:35)
大分上がっていたので、1時間半もかかってしまった。
(11:40)2段の滝
ここは巻かずに直登。確保してもらい1段目は右側から登り何とかいけた。登ったところが草付泥壁であり、少し力を加えると大きな石と木が下に落ちていきヒヤリ。滝下に2人待っていたがよけて難なし。2段目も確保にて左側から登る。引っ掛かりがなくてこずるが、アドバイスを受けながら登れた、感謝。
(13:00)二股
「月面を思わせるような火口風景」宇宙のような岩壁を左側に見ながら、最後のガレ場を落
石を起こさないように慎重に登っていく。「石を崩さない、落とさないように」とアドバイスを受けるが、踏んでみないと分からないので歩くのがとても怖い。
そんな緊張の中、振り返ると景色がよく気持ち良かった。草原や所々の花々に癒され・・・赤岳、西天狗岳、根石岳山荘も見えてきて、ゴールが近いと実感する。最後の大岩の間を登ると稜線に出た!(14:00)
地図で場所を確認すると第一展望台の少し手前であった。
記念撮影をして、日帰り組と分かれる。日帰り組は枯尾の峰から下降、私達は最終目的地オーレン小屋に向けて天狗方面に歩き出す。思いがけず河原木場沢で体力を使った為、休憩後ゆっくりゆっくり歩く。
西天狗岳~東天狗岳~根石岳を経て、オーレン小屋に着いたのは17時20分であった。
時間が遅い為かすれ違う人は少なく、風が心地よく雲がない為眺望もよく、夕方の稜線歩きを気持ちよく楽しめた。
小屋に着くと、もう夕食が始まっており、先にお風呂に入りたかったが、ご飯を食べて下さい、と言われ、荷物を置いて早速ご飯会場へ。夕食はメインのさくら肉のすきやきとてんぷらであった。長野はさくら肉が有名らしい。さくら肉はたんぱくでヘルシーだったが、濃い味付けですぐに満腹になった。
夕食後お風呂に入る。もう他に客はおらず貸切状態でゆっくり入れた。結構大きな檜の浴槽であり、ほんのり檜の香りがして癒された。入浴後、談話室の暖炉で女子トーク。暖炉に薪がくべられていたが、標高2330Mでも真夏は暑かった。半袖短パンでちょうどいいくらい。
21時就寝。翌日は5時半朝食。硫黄岳登頂の予定であったが、無理をせず下山する事とする。
7時20分出発、急ぐ事もないので、ゆっくり下山する。夏沢鉱泉からは北アルプスがきれいに見えた。
桜平のゲートを通過。駐車場9時半着。八ヶ岳へは2週間前に縦走をした場所です今回は沢登りと縦走という初めてのコースでしたが、バリエーションに富み、とても充実した山行となりました。
沢は崩壊部分が多く、一筋縄?ではいかない所?もありましたが、ひたひたとナメ滝を歩く楽しみを味わえました。
今回で天狗は3回目ですが、1回目は冬、2回目は夏の縦走。毎回違う登り方に同じ場所でも、季節、登り方によって全く違い、色んな楽しみ方があると、改めて思っております。
ご一緒していただいた皆様のお蔭で安全で楽しい山行となり、この場をお借りしてお礼を申
仕上げます。

s-jldklsd1.jpg




s-wlijeps2.jpg


s-djlsdks3.jpg


s-wcxknc4.jpg
Category: 沢登り
Published on: Fri,  07 2015 08:14
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment