2015.08.13-16 荒川三山縦走/南アルプス
- 2015/08/14(Fri) -
お盆休みを利用して南アルプスの赤石岳と荒川三山を縦走してきました。参加者6名
荒川岳は別名、悪沢岳と呼ばれ南アルプス南部に位置する3141mの高峰、国内で第6位の高さを誇るピークです。
登山ルートは、静岡県側の椹島がベース登山基地になりますが大阪からだと静岡まで高速で5~6時間、さらに高速を降りてから狭い山道を2時間半も走らなくていけません。そしてさらに夏期の臨時駐車場より東海フォレスト専用のバスに乗り換え1時間と、そこまでとても長い道のりでアクセスの悪さは日本一かも?知れません。また、東海フォレスバスに乗るには必ず最低一回は山小屋に泊まらなければならないと言う制限付き、また山頂までのアプローチがやたら長い、標高差が 大き過ぎると言うとても計画が困難な山でもあります。その山々に私達は3泊4日の計画をしました。


赤石岳をバックに
s-2015.08.13-16 荒川三山 321
行程概要:8/13~16

山行詳細:
8/12 21:30大阪発→2:00掛川SA→5:06畑薙駐車場(車で就寝) 途中渋滞あり
8/13 6:20起床→7:50バス乗車→8:50椹島ロッジ→9:15出発→14:47赤石小屋
8/14   3:00起床→4:30赤石小屋出発→8:40赤石岳→11:40荒川小屋→14:45中岳避難小屋
8/15 3:30起床→6:22悪沢岳6:54→9:20千枚小屋→16:05椹島ロッジ着
8/16 4:30起床→バス整理券並び→6:30椹島ロッジ バス乗車→7:30畑薙駐車場→11:05浜松SA→14:40森ノ宮駅解散


8/13 6時すぎに起きたが外は大雨、状況を見ながら準備していたら椹島行のバスが準備をしているので急ぐ。ギリギリ間に合うも、2名の定員オーバー。次のバスは1時間半後と言う事なので無理に頼み込み乗車完了でラッキー。
s-ar111.jpg


満員のバスは1時間かけ椹島へ。
s-2015.08.13-16 荒川三山 006


s-2015.08.13-16 荒川三山 010

ミズナラの樹木が迎える森林山行開始。白霧の中、樹海に迷い込んだ様な雰囲気の森林の登りが続く。睡眠不足、長い登りも荒皆で励まし、冗談などで気分を盛り上げてくれる。
s-2015.08.13-16 荒川三山 019


s-2015.08.13-16 荒川三山 026


歩荷返しの急坂もなんのその・・・
s-ar1744.jpg


ボッカ返しも終わり、小屋まであと30分で終了
s-2015.08.13-16 荒川三山 041

幸い雨だったお陰で空気は冷たくバテずに赤石小屋着。
s-ar2255.jpg


天気回復し晴れるもテン場が狭く6人用設営が不可能。小屋の人に何度か交渉をしてヘリポートに張らせて頂き6人だけの最高のテン場となり楽しく外で夕食。明日の天気回復の為タルチョを掲げる。夕食のメインは「お好み焼き」
s-2015.08.13-16 荒川三山 053

8/14 4:30赤石小屋出発。富士見平では朝日を拝める。本来は尾根沿いで見晴らし良い山行になるはずも、終始白霧状態で時折チラッと景色を見せてくれる。
s-2015.08.13-16 荒川三山 075

梯子多数、トラバースもありました。
s-2015.08.13-16 荒川三山 082


s-2015.08.13-16 荒川三山 095


ミネウスユキソウがひっそりと佇む エーデルワイスの仲間です。
s-2015.08.13-16 荒川三山 083

天気はよくありませんでしたが、稜線の分岐で荷物を置き、標高3120mの赤石岳に向かいます。
赤石岳は百名山。次いつ来られる分からないのでピークを踏んでいきます。
s-2015.08.13-16 荒川三山 110


赤石非難小屋に立ち寄りました。
s-ar7366.jpg


3000mの稜線の空中散歩のはずが・・・少し残念です。
s-2015.08.13-16 荒川三山 124


イワオトギリ
s-2015.08.13-16 荒川三山 127


チングルマ咲く登山道を通り
s-2015.08.13-16 荒川三山 136

大聖寺平では雷鳥の親子達にも会えました。
s-2015.08.13-16 荒川三山 141

大聖寺平から荒川小屋までは、晴れ間も時折出ては、南アルプスの山々の雄大さに圧倒されます。かわいい荒川小屋が見えてきました。
s-ar9277.jpg


人がまばらな荒川小屋ではテーブルでティータイムを取ります。今日宿泊地の中岳非難小屋には水場がないので全員、水を担げるだけ担ぎます。
s-ar9388.jpg


途中に鹿保護柵がある花畑があり、色とりどりの高山植物で溢れ、小屋への山行を応援してくれます。
イワチンネン
s-2015.08.13-16 荒川三山 178


コバノコゴメグサ
s-2015.08.13-16 荒川三山 181

ハクサンフウロ
s-2015.08.13-16 荒川三山 193


テガタチドリ
s-2015.08.13-16 荒川三山 206


3083m 中岳に着きました。
s-2015.08.13-16 荒川三山 216


今日、宿泊する中岳非難小屋 3000mの稜線に立つ大絶景の小屋です。
s-2015.08.13-16 荒川三山 223


s-2015.08.13-16 荒川三山 226

2Fが寝室です。本日の宿泊者は私達以外に8名ほど、広々と寝れました。
s-ar12399.jpg


小屋の横には3060mのトレイ岳があります(笑)
s-2015.08.13-16 荒川三山 232


中岳非難小屋と悪沢岳、遠くに富士山。
s-2015.08.13-16 荒川三山 242


夕日
s-2015.08.13-16 荒川三山 252


赤富士
s-2015.08.13-16 荒川三山 250

8/15 天気は良好で視界バッチリも、ハードな1日と覚悟の日。悪沢と別名がつく荒川東岳。小屋から見えるその姿もキツサを匂わす悪ぶり。
s-2015.08.13-16 荒川三山 267


s-ar14899.jpg


快晴の中、3141m悪沢岳登頂。 南部の最高峰。360度の大パノラマがありました。
s-2015.08.13-16 荒川三山 279


悪沢岳より富士山を望む
s-2015.08.13-16 荒川三山 296


さて、そこから下っていきます。
s-2015.08.13-16 荒川三山 300


富士山を見ながら岩峰を下ります。
s-2015.08.13-16 荒川三山 311


丸山にて
s-2015.08.13-16 荒川三山 315

お花畑
s-2015.08.13-16 荒川三山 330


シロバナタカネビランジ 南アルプスの中部から南部の高山帯の砂礫地、岩礫地に見られる希少種
s-2015.08.13-16 荒川三山 338


ピンク色の入ったタカネビランジ
s-2015.08.13-16 荒川三山 342


岩場のヤセ尾根急登
s-ar1651212.jpg


s-2015.08.13-16 荒川三山 353

千枚岳までは赤石小屋~荒川小屋~中岳避難小屋と全てが見渡せ、こんなに歩いたんだ~と皆で感動と、景色の素晴らしさに感謝。最後の高峰 2879m千枚岳
s-ar1691313.jpg


千枚小屋が見えてきました。
s-ar1821414.jpg


s-ar1831515.jpg


ここでも余裕でコーヒータイム。本来の計画ではここで1泊の予定でしたが時間も早いので椹島まで下ります。
s-2015.08.13-16 荒川三山 364

この後の景色なしの下りへのエネルギーを補充。ゆる~い下りを長々と経て清水平へ。この後、キツイ下りでフィニッシュを迎えるかと思わせつつ、まさかの岩場&登りが出現!暑さもあり、疲れが出たその後は急な下り。
アサキマダラ
s-2015.08.13-16 荒川三山 377


清見橋を経て、クタクタになりつつ椹島ロッジ着。皆で達成に涙でうるっ。
なんと椹島はテント代1000円を支払うとシャンプーもある入浴施設が入浴可能、おまけにゴミを捨てられしサッパリした体で、広くてきれいなテン場で宴会。幸せに感謝!生ビールもソフトもあります。椹島最高です!
s-2015.08.13-16 荒川三山 390


8/16 朝は軽く食べて・・・と前日の話しも、やっぱり焼きそば食べよう♪と朝焼きそばを追加(笑)。前日の入浴の幸運を得て一番早いバスに乗車。大井川鉄道沿いに山道を帰ります。トーマスのSLも・・・
s-2015.08.13-16 荒川三山 397
 
最後は渋滞にも巻き込まれず14:40には森ノ宮駅到着。

楽しく幸せな南アルプス縦走でした。これもリーダー、サブリーダーの多大なるフォローのお陰です。新人講習、この縦走のためのトレーニング山行、全て貴重なお時間を頂いて成し得たことと深く感謝します。
この記事のURL | 縦走登山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.09.06 武奈ヶ岳/例会ハイキング | メイン | 2015.08.12-15 北アルプス/北ノ俣川〜黒部源流 沢登>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/401-ffee72f9
| メイン |