2015.09.13 鈴鹿/元越谷~仏谷 沢登り
日時  : 2015年9月13日(前夜発日帰り)
メンバー: 4名
行程  : 12日21:00発 近鉄久宝寺口 = 西名阪=名阪国道=上柘植IC=R50,51,129,1=
         道の駅"あいの土山”=青土ダム23:00 あいの森駐車場にてテン泊

      13日 テン場6:30=R9=R477=大河原橋=林道車止め7:00/7:25~元越谷入渓7:55
      ~ 3本目堰堤8:20~15m大滝9:10~二俣9:40~仏谷10:50~林道12:30~ 駐車地点13:40

年1回の恒例、元越谷に行ってきました。週末になると雨という、このところの天候にやっと区切りがついたようで、晴れたり曇ったりで雨を見ない空模様に気持ちよく遡行できました。

12日21:00 西名阪から名阪国道のルートで鈴鹿方面に向かう途中の道の駅”あいの土山”でO車と合流。途中の青土(おおづち)ダム湖畔の”あいの森”駐車場でテント泊。Tさんは今日の五助谷~堡塁岩と明日の元越谷との連チャンで小宴途中よりシュラフの中へ。13:30就寝

13日6:00起床 テント撤収して大河原方面へ向かい大河原橋を渡り荒れた林道を車止めまで入る。蛭を警戒して道中央部の乾いた場所で装備装着するが、2mm程の奴に食われてしまった。

7:25車止めを出発。猪足谷との合流部に架かる橋の手前左林道を元越谷沿に進む。いつもなら右下に4基続く堰堤が切れた沢床の近いところで入渓するが、O氏のリードで林道が大きくカーブするポイントからトラバース気味の踏み跡をたどり元越谷にそそぐ支流仙ノ谷に入渓。ここより早速岡村先生の地図読み講義。入渓点から少し下降し合流する元越谷本谷を遡行する。堰堤2基が続き、一気に左岸より巻く。しばらくしてまたも堰堤。以前の遡行では堰堤の右岸に取り付いたが、いまは手前20m 左岸に明瞭な踏み跡があり、巻き道下りにはフィックスロープまである。楽々沢身に下り立つ。すこし進むと両岸が迫る深淵に出会う。記録では左岸をへつる、もしくは右岸を腰まで浸かって突破するとある。2名は後者を選択するが、先日の台風の影響か水量多く、M氏胸まで、O氏首まで浸かり泳ぎ抜ける。浸かりたくない女性2名は右岸をへつり途中から小さく巻き上がり、沢床へ帰る。

更に進むとまたもや両岸高く立ち上がるゴルジュ、その先には左から落差15mの大滝が立ちはだかる。落ち口から豪快に水しぶきをあげ流れ落ちる。今日はやはり水量が多い。中央突破は無理と判断。左岸から階段状の岩場を上がり、最後の3mを8mmロープを出してトップ確保であがり、後続はプルージック。これも岡村氏の講義でした。大滝を越えると、この谷の圧巻、美しい廊下が続く。元越谷を鈴鹿の赤木沢と呼ぶ所以。白い岩にエメラルドグリーンの淵、滑、容易に突破できる小滝、狭い廊下のへつりとあっという間に過ぎてしまう。

廊下の最終深い釜を持つ4m滝を越えると左から支流が入る。ここで1本9:40、地図読み講義。此処は1/2の二俣、右俣を進む。穏やかな流れの中にぽつぽつと小滝、滑滝が現れる。沢床に砂、小石がなければこの流れもより美しい。やがて前方に左岸より流れ落ちる滝が見える。この5m滝は仏谷合流部。本谷は左へまわりこむように続き狭いゴルジュにかかる滝が見える。右俣を行けば仏谷。小休憩後5m滝を直登、続くミニゴルジュの3m滝を丸山氏直登。後続をスリングで確保。 
ここを越すと水量も少なくなる。11:30早いがまだ水がある場所で昼食にする。

昼食を終えて、源流部を右へ右へと詰める。ルンゼ沿いに詰めて12:30舗装林道に出る。猪足谷沿いの林道へと続くこの林道を下り13:40 出発地へ戻る。

s-IMGP2049.jpg





s-IMGP2037.jpg


s-IMGP2039.jpg


s-IMGP2051.jpg


s-IMGP2056.jpg


s-IMGP2062.jpg


s-IMGP2063.jpg


s-IMGP2065.jpg


s-IMGP2071.jpg


s-IMGP2073.jpg


s-IMGP2075.jpg


s-IMGP2076.jpg


s-IMGP2078.jpg
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.09.20-22 北方稜線を辿り剱岳へ | メイン | 2015.09.12 五助谷と堡塁岩>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/409-234fd03c
| メイン |