2015.09.20-21 根洞谷から金ヶ丸谷/沢登り
山 域: 揖斐川支流西谷川 根洞谷から金ヶ丸谷
参加者: 4名
日 程: 2015年09月20-21日
 
報 告
19日、奥美濃山行では、定宿となった幕営泊。大阪を22時過ぎに出て名神を京都南で降りて下道で湖西道路からR8、R303のルートで、現地着は00時45分。仮眠とする。

20日(晴)、仮眠場所から夜叉ケ池登山口Pまで車で移動し駐車。8時20分、登山道を進み、池ノ又谷左岸2本目の支流を詰めて1110mの鞍部へ10時着。先頭を行くSさんがかなりの人数が行った踏み跡があると言った矢先に金麦を1本拾った。谷は踏み跡が明
瞭で、赤布があり、まるで登山道のごとしと皆で顔をしかめる。
根洞谷への下りは特に難所はなく10時30分に本流と合流。本流を下りはじめてすぐに、単独遡行中の1名、そしてすぐに釣行中の3名と犬1匹と出会う。聞くと、先行組が2組いて、しかも我々と同じ大ヤブレから美濃俣丸へのルートを取っているらしい。
思いがけず4名もの遡行者と遭遇し、しかも先行者の尻を追いかける事になりそうで、なんかやる気が失せたなとCL。
根洞谷は単調な平流を下るのみであるが、ブナなどの自然林で構成されていて相変わらずやはり美しい谷である。15時10分に金ケ丸谷の出会いに到着し幕営。
今シーズンは雨にたたられ、まともなテント泊が出来ていなかったが今回は雨の心配もなく、久々に気分良く山の話で盛り上がる。

21日(晴)、7時出発。金ケ丸谷を遡行。すぐに滝が2本あって、これを越えるとしばらくは金ヶ丸の美しい平流が続く。励谷で沢の幅は二分されるが両岸のブナ、ミズナラ、栃などの自然林がかえって沢に近付くので森の密度が増す。感じで心地よし。
小ヤブレを過ぎたあたりからゴルジュ帯の入り口付近まで2~3Mの滝が結構な数あり、ほとんどが深い釜を持ち、面白く、楽しめる。14時40分に三周ケ岳西の登山道に突き上げ。登山道で夜叉ケ池から駐車場に17時30分
下山。
追記
20日夜、就寝時にTさんのコンタクト(ソフトレンズ)が外れなかった。左目は目薬を繰り返し点してやっと外れたが、右目がなかなか外れずに触っているうちに割れてしまい半分は回収できたが残りの位置がわからなくなっていた。レンズは角膜を外れた位置なので21日は眼鏡をかけて遡行も、大事を取り本日中に下山し病院に向かうことに。大ヤブレの出合いを見送り、源流まで遡行し登山道で駐車場へ向かった。
長浜市内の消防署を訪ねたが長浜には緊急外来の眼科医が詰めておらず、守山市に眼科医がいる病院を探してもらった。
診察のところ、レンズはすでに無く違和感があったのは、目の表面の膜が少しはがれしまっていたようでした。目には特に大きな損傷はなく目薬を処方されたのみであったので一安心。

s-1133.jpg


s-1122.jpg
この記事のURL | ハイキング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2015.09.27 例会岩トレ/蓬莱峡 | メイン | 2015.09.20-21 白山>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://safuran123.blog16.fc2.com/tb.php/413-79340dc7
| メイン |